医療PR事例#7: 歯科インプラント治療の国内唯一の保証機関が啓蒙書籍を刊行

歯科治療.jpg


歯の治療をインプラントで治療する人が近年、増加するにつれて治療トラブルが多発するようになってきている。加えて、インプラント治療には保険が適用されない自費診療でその治療費は高額なためトラブルの程度も大きくなるという現実がある。



そこで、インプラント治療の国内唯一の保証機関の株式会社ガイドデントは、治療後の予後不良や破損を保証する『インプラント10年保証サービス』を実施している。しかし、インプラント治療を受ける患者がこの保証を受けることができる歯科医院の割合は、インプラント治療を行っている歯科医院のわずか3.5%の約400歯科医院に留まっている(厚生労働省の「平成23年度医療施設調査・病院報告の概況」によると、平成23年の歯科診療所は全国で68,156施設、内インプラント手術を実施しているのは、宮城県石巻・気仙沼医療機関、福島全域を除いた67,183施設のうち、11,311施設)。


株式会社ガイドデントとしては、インプラント歯科治療保証サービスの利用者を増加させるには、インプラント歯科治療を正しく、広く啓蒙し、保証サービスが受けやすくなる環境を作りあげていく必要性がある。そのため、インプラント歯科治療希望者数の増加と保証サービスの利用促進を目的として、書籍『専門家が教える歯科インプラントのすべて』を5月31日に発売する。



■書籍概要


・書籍名:専門家が教える歯科インプラントのすべて
・発売元:海苑社
・発行日:2013年5月31日
・価格:1,000円(消費税別)
・主な内容:
-体の健康と口腔ケア
-歯科インプラント治療のこれから
-治療を始める前に知っておくこと
-インプラント治療後のメンテナンス
-もっと知りたいインプラント治療
-医院選びのポイント
-定期メンテナンスの重要性
-患者さんとのQ&A など



■患者、歯科医院、保証サービス会社の3者が得する販促


インプラント歯科治療に関しては、各歯科医院が積極的に広告・宣伝をインターネット上などで大きく行っています。しかし、それらは歯科医院側に都合の良いメッセージのみであり、患者側から見ると技術が優れ、治療価格がリーズナブルな歯科医院を選ぶ情報とはなり得ていない。


株式会社ガイドデントは、治療費保証を行うにあたっては、技術の優れた歯科医院でないと健全でかつ低価格で保証サービスを継続できないため、90以上の審査項目で歯科医院をスコアリングして一定水準以上のインプラント治療ができる歯科医院を第三者機関として公平に評価している。


そこで、株式会社ガイドデントはこのことを訴求するため書籍を発売し、1)保証サービスが受けられる歯科医院とそうではない歯科医院の差別化を図る。2)保証サービスの内容啓蒙することで保証希望者増を図る。3)インプラント治療希望患者に優れた歯科医院を告知し、併せて治療後の不安を除去し、インプラント歯科治療希望増を図る戦略である。このスパイラルが相互にプラスに作用して、3者両得が可能となるであろう。



(文・神戸のりこ 構成・吉池理 MBC医療経営ニュース編集部)


このエントリーをはてなブックマークに追加
share on Tumblr Clip to Evernote Yahoo!ブックマークに登録 この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

PR by Google

◆【マスコミリスト付き!】ご自身でテレビPR技術を学ぶ方法があります


まずはお試しとして…御社のメディアPR戦略ノウハウを自身で学習してみませんか?



◆大手マスメディアサイトのディレクトリに直接登録が可能になりました


大手マスメディアサイトのディレクトリに直接登録が可能になりました



◆お電話又はFAXでのお問い合わせ


お電話・FAXによるPR会社MBCへのお問合せ/ご質問はこちら

早期対応が必要な緊急のご連絡は、出来るだけお電話をご利用していただけますようお願いいたします。



◆メールフォームでのお問い合わせ


PR会社MBCへのお問合せ/ご質問メールフォームはこちら

メールフォーム利用時は、こちら記載のプライバシーポリシー内容にご了承の上で送信お願いいたします。