PR事例#264:英国王室御用達のソーダ

=ロンドンオリンピック関係のテーマでPR=

エリザベス女王の即位60周年やロンドンオリンピックの話題を中心に、イギリスのニュースやユニオンジャック(イギリス国旗)を目にする機会が増えている。特に3月に報道された、マンチェスター訪問中に女王陛下が一般人の結婚式に参加されたニュースは、大きなサプライズとして世界中の人を楽しませた。

日本では1958年に制度上廃止された「宮内庁御用達」があったが、イギリスには現在も「英国王室御用達」が存在する。ウェッジウッドなどの高級食器をはじめ、さまざまな「英国王室御用達」があるが、「宮内庁御用達」と異なるのは菓子や日用品といった庶民的なアイテムにも「王室御用達」があるところ。

私たち庶民でも気軽に楽しめるもののひとつで、1837年ヴィクトリア女王に「英国王室御用達のソーダメーカー」の認定を受けた『シュウェップス』。ヨーロッパを中心にさまざまなフレーバーを展開しており、世界で親しまれているブランドだ。日本ではカクテルなどで使われるトニック・ウォーターなどの販売に留まっていたが、大人に向けた「ブリティッシュ レモントニック」が今年6月に発売された。

続きはニュースソースで。

◆記事ソースリンク:NEWSポストセブン

※画像はNEWSポストセブン

2012-07-13_174047.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加
share on Tumblr Clip to Evernote Yahoo!ブックマークに登録 この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

PR by Google

◆【マスコミリスト付き!】ご自身でテレビPR技術を学ぶ方法があります


まずはお試しとして…御社のメディアPR戦略ノウハウを自身で学習してみませんか?



◆大手マスメディアサイトのディレクトリに直接登録が可能になりました


大手マスメディアサイトのディレクトリに直接登録が可能になりました



◆お電話又はFAXでのお問い合わせ


お電話・FAXによるPR会社MBCへのお問合せ/ご質問はこちら

早期対応が必要な緊急のご連絡は、出来るだけお電話をご利用していただけますようお願いいたします。



◆メールフォームでのお問い合わせ


PR会社MBCへのお問合せ/ご質問メールフォームはこちら

メールフォーム利用時は、こちら記載のプライバシーポリシー内容にご了承の上で送信お願いいたします。