PR事例#260:小学校の授業に吉本漫才

=異業種講師起用でPR=

北本市と吉本興業は二十八日、同社所属のお笑い芸人やダンサーらが小中学校の授業の一環で、漫才やダンスの指導などをする「きたもと×よしもとプロジェクト」を発表した。コミュニケーション能力や表現力を高めるのが目的で、継続的な指導は全国初という。

同社や市によると、漫才の指導は市内の小学校一校の高学年が対象。放送作家や芸人たちが二学期に各クラス三、四回ずつ、計十数回訪問。漫才のネタづくりから人前で披露するまでを指導する。若手芸人が中心だが、人気コンビ「COWCOW」も参加予定という。

続きはニュースソースで。

◆記事ソースリンク:東京新聞

※画像は東京新聞

2012-07-02_161357.jpg
このエントリーをはてなブックマークに追加
share on Tumblr Clip to Evernote Yahoo!ブックマークに登録 この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

PR by Google

◆【マスコミリスト付き!】ご自身でテレビPR技術を学ぶ方法があります


まずはお試しとして…御社のメディアPR戦略ノウハウを自身で学習してみませんか?



◆大手マスメディアサイトのディレクトリに直接登録が可能になりました


大手マスメディアサイトのディレクトリに直接登録が可能になりました



◆お電話又はFAXでのお問い合わせ


お電話・FAXによるPR会社MBCへのお問合せ/ご質問はこちら

早期対応が必要な緊急のご連絡は、出来るだけお電話をご利用していただけますようお願いいたします。



◆メールフォームでのお問い合わせ


PR会社MBCへのお問合せ/ご質問メールフォームはこちら

メールフォーム利用時は、こちら記載のプライバシーポリシー内容にご了承の上で送信お願いいたします。