医師の転職市場

増える"医療系転職支援会社"にみる市場背景
nomura01.jpgのサムネール画像

医師転職サイトが増える訳

ここ近年で、医師転職サイトは随分と増えました。これまで一般の職種を取り扱っていた人材紹介会社が医療機関への転職に着目し始めてたことで、医師転職支援業界の市場は年々広がってきています。つまり、グループや企業内で医療機関を扱う部署を新たに作ったということになり、それは即ち、既存の職種に関する人材紹介業だけでは業界が成り立たなくなってきている証拠でもあります。


そこには医療系転職支援会社が医師や看護師などを紹介するマージンが他の人材派遣よりも高額であること、また、取り扱う医療機関の数が多いこと、さらには医療機関サイドも良い医師人材を常にを欲しがっているということが大きく関係しています。


また、医師側としても、現代日本の医師不足事情とは裏腹に、医療崩壊という言葉が一般的になってきてしまったように、医師の労働条件が過酷すぎるという理由から、従来の医局人事に頼ったキャリア形成以外、つまり、民間の転職支援企業の助けを借りたキャリアパスを描くことが、かなり当たり前になってきたということが大きく影響しています。


ところが、医師に限らず、すべての職業人にとって「転職」とは大変大きなハードル複数を抱える大問題です。自己流の下手糞な転職活動を展開してしまったために、すっかり医師キャリアパスから落ちぶれてしまう人間が後を絶ちません。


2012-06-09_184558.jpg

など、転職にまつわる心配事は、それこそ個別の医師によって千差万別です。医師専門の転職支援市場が発達したからといって、医師にとって転職はいまだ大きなハードルだらけなのは、今も昔も同じといえるでしょう。


言わずもがな、医師の皆様転職しやすいようにサポートをしていくのが、医療系の転職支援会社です。この際、どのような担当者(=医師転職コンサルタント)に巡りあう事ができるかどうかで、転職結果は随分と違ってきてしまうわけですから、この転職会社の選び方をしっかりと学んでおくこと、相性の良い転職支援会社、ひいては、担当者そのもの個人と邂逅する可能性を少しでも高める活動が、医師の皆様ご自身でも必要となってきます。



非公開求人情報にこそ宝が埋まっている

一般職種の世界で求人と言えばハローワークという方は多いでしょう。もちろんハローワークでも、医療関係の仕事の紹介をしてくれます。しかしハローワークで、自分にとって好条件な仕事はほぼ見つかりません。


国の機関であるハローワークは、書類の準備などに面倒なことが多く伴います。そのため、医療機関もハローワークには頼まないということがあるのです。ハローワークで求人を探した人ならわかりますが、「求められている条件は大きいのに、収入は少ない」という傾向も顕著に見られます。


それに加えて増加する転職支援会社に求人が殺到するために、良い人材がハローワークに来ないということも起こっています。良い人材が来ないのであれば、ハローワークにわざわざ求人を出すメリットはなくなってしまうのも必然でしょう。


実は同じような事が「ダメな転職支援会社」についても言えるのです。


つまり、実際に条件がよい求人案件というものは、非公開で実力がある転職支援会社にばかり一極集中してしまう現実があります。本当に良い求人情報とは、一般には公開されない「非公開求人情報」のなかに埋まっているといってよいでしょう(実はこれ、医師に関わらず、企業経営患部、コンサルタント、法務職や上級IT技術職など、一定のステータスや高給が確約される職種における転職事情においては全く同様に見られる事実です)。


同時に、上記ハローワークの例ではありませんが、実力不足のダメ転職支援会社には、誰でも取得できるような一般的に公開されてしまった求人情報しか集まりません。もちろん、こういった求人情報は、実際の求職者の個別条件を無視した大凡の情報しか載っていないことが多く、結果、転職も失敗に終わりやすくなってしまうので注意してください。まさに、負のスパイラルに陥る能性があるわけです。


如何に良い転職支援会社を選び、相性が抜群で貴方に対して理解力のある転職コンサルタントと出会うことができるかが、医師の転職にとっては最初の関門になってくるのです。



サポートの充実具合で転職支援会社を決めるべき

一般企業への転職支援会社と医療系転職支援会社の違いは、そのサービスの充実度における差でしょう。医療という特化領域で勝負するわけですし、まして最近では競合企業がドンドン増えています。そのため、医療機関や医師の獲得に、医療機関系の転職支援会社も必死であると言えます。


医師側の求めている条件があまりに高ければ、実力や経験を見た上で判断し、条件の一部を少し落とすようにたしなめることもあります。しかし、優秀な医師転職支援会社を雇えれば、時間はかかれど、ほとんどの条件は、どこかしらの医療機関と合致することでしょう。


もし1つでもあなたが提示する条件がそぐわない場合、良質な転職支援会社は貴方の代わりに徹底的な報酬交渉をしてくれます。医師不足という状況もあり、医療機関もできれば良い医師を確保したいので、条件交渉には比較的応じてもらえるケースが多いのも事実です。


さらに忙しい医師の為に、新居や引越し、子供の保育園や学校のリサーチなどもしてくれる会社も今では珍しく無くなって来ました。こういった良質な転職支援会社内では、キャリアコンサルタントの育成にも、余念がありません。例えば医療機関での勤務経験者のみに絞ってコンサルタントを集めている会社もあれば、教育研修を充実化させてコンサルタントのスキルアップに取り組む会社もあります。


医療系転職支援会社は、これからますます増えると言われています。このことは、医師側にとって転職市場が良い兆候であるという表われです。充実化されたサービスを活用して希望の転職先を探せる可能性があるのであれば、大きなチャンスといえるでしょう。


本寄稿文は医師転職支援.bizより同内容を著者の許諾を得て転載したものとなります(文責・野村龍一)
このエントリーをはてなブックマークに追加
share on Tumblr Clip to Evernote Yahoo!ブックマークに登録 この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

PR by Google

◆【マスコミリスト付き!】ご自身でテレビPR技術を学ぶ方法があります


まずはお試しとして…御社のメディアPR戦略ノウハウを自身で学習してみませんか?



◆大手マスメディアサイトのディレクトリに直接登録が可能になりました


大手マスメディアサイトのディレクトリに直接登録が可能になりました



◆お電話又はFAXでのお問い合わせ


お電話・FAXによるPR会社MBCへのお問合せ/ご質問はこちら

早期対応が必要な緊急のご連絡は、出来るだけお電話をご利用していただけますようお願いいたします。



◆メールフォームでのお問い合わせ


PR会社MBCへのお問合せ/ご質問メールフォームはこちら

メールフォーム利用時は、こちら記載のプライバシーポリシー内容にご了承の上で送信お願いいたします。