PR事例#161:AKAB48+恋愛ゲーム

=賞味期限とコンテンツ複製でPR=

秋元康氏率いる人気アイドルグループ、AKB48のメンバーと仮想恋愛ができるゲームソフトが発売されるが、発売前の予約が25万本に達した。構造不況と言われるゲーム業界からは驚きの声が上がっている。価値を複製して何度も何度も販売できるのがコンテンツビジネスの強みである。アイドルという商品は歴史ある日本のコンテンツ商材だが、「今こそが賞味期限」と見込める時期に、歌、映像、タイアップ商材、タレント自身のユニット編成の複数組合せ、ソロ販売等、コンテンツを出来るだけ複製して販売するのが定説でもある。

◆参考リンク:AKB48

このエントリーをはてなブックマークに追加
share on Tumblr Clip to Evernote Yahoo!ブックマークに登録 この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

PR by Google

◆【マスコミリスト付き!】ご自身でテレビPR技術を学ぶ方法があります


まずはお試しとして…御社のメディアPR戦略ノウハウを自身で学習してみませんか?



◆大手マスメディアサイトのディレクトリに直接登録が可能になりました


大手マスメディアサイトのディレクトリに直接登録が可能になりました



◆お電話又はFAXでのお問い合わせ


お電話・FAXによるPR会社MBCへのお問合せ/ご質問はこちら

早期対応が必要な緊急のご連絡は、出来るだけお電話をご利用していただけますようお願いいたします。



◆メールフォームでのお問い合わせ


PR会社MBCへのお問合せ/ご質問メールフォームはこちら

メールフォーム利用時は、こちら記載のプライバシーポリシー内容にご了承の上で送信お願いいたします。