ブランド分析

ブランド分析は企業のブランドの位置付けに対して意思決定が必要の際に行われる行為です。自身のブランドの処遇を調べるとも言われます。その企業のブランドを主観的に見るのではなく、もっと客観的に見て判断を下したい時にはこの「ブランド分析」が役に立ちます。企業がブランドに対して抱えているような行き詰まりさや、課題、改善点、そして展開性を明らかにする為に利用されるのが多くなのです。ですから決定に必要な素材として取り入れます...


ブランド分析はまずは「測定」から始まります。例えば、ブランドである従来のマークと新しいマークの比較をして、消費者や顧客の「満足度・気に入り度」を調査します。そして「ポジション」の確認をします。次に「強み・弱み」を握ります。最後に「修正点」を担います。このような流れがあります。要するに理論的にブランドを解析するといった作業になります。ですから、客観的に捉えられたブランドの今後の行方が見えてくるとも思えます。


しかしながら、一番、大切な事は「周囲に聞く」という事になります。ブランド分析は他人からの意見を聞かなければ意味がありません。ブランド分析をするのであれば、まずはアンケートや顧客のイメージ調査が必要になってきます。企業のブランドはどのようなイメージで通っているのかを直に聞く事が出来ますので、とても企業の成長に効果的な要素を盛り込めます。それを整理してブランドの今の現状と改善点を明確化していきます。


企業はブランド分析によって得た情報を課題として戦略を考えていく事になります。それはブランド自体を変えるかもしれませんし、現状維持のままでも良いかもしれませんし、それは企業にとってはシビアな現実として受け止めなくてはいけません。しかしながら、ブランド分析は曖昧な部分でもある消費者や顧客が感じるそれぞれのイメージによって変化を伴って企業成長をしていかなくてはいけませんので、大体の企業は重んじて次のステップに向かいます。


特に難解なのが洋服を扱う企業です。洋服はブランドによって買う・買わないが決まってきます。ですから、同業界の競争は激しくなっています。どのブランド企業もブランド分析は行っています。デザイン性やイメージの構築を確立させる為には必要な活動と言えるのです。ブランド分析は消費者や顧客の細かな部分までマーケティングをしますので、洋服を扱う企業にとっては様々な視点に立って物事を進められるという利点を持ちますので、重宝されています。



このエントリーをはてなブックマークに追加
share on Tumblr Clip to Evernote Yahoo!ブックマークに登録 この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

PR by Google

◆【マスコミリスト付き!】ご自身でテレビPR技術を学ぶ方法があります


まずはお試しとして…御社のメディアPR戦略ノウハウを自身で学習してみませんか?



◆大手マスメディアサイトのディレクトリに直接登録が可能になりました


大手マスメディアサイトのディレクトリに直接登録が可能になりました



◆お電話又はFAXでのお問い合わせ


お電話・FAXによるPR会社MBCへのお問合せ/ご質問はこちら

早期対応が必要な緊急のご連絡は、出来るだけお電話をご利用していただけますようお願いいたします。



◆メールフォームでのお問い合わせ


PR会社MBCへのお問合せ/ご質問メールフォームはこちら

メールフォーム利用時は、こちら記載のプライバシーポリシー内容にご了承の上で送信お願いいたします。