ブランドマネジメント

ブランドが確立する為にはまずはブランドがどの位置付けとして君臨しているのかを企業は把握する必要があります。その時に役立つのがブランドマーケティングです。ブランドマーケティングは例えば、ブランド市場がスーパーならば、企業のブランドはその陳列されている商品になります。売れる売れないは別にして、そこから得るものは見た目、価格の設定の基準、ターゲットである消費者・顧客の興味、魅力・カリスマ性、リスク面等、様々な事ばかりです...


そしてその企業ブランドの総合的な結果に基づいて、欠点と改善点や他に補修した方が良いと思われる事象を提案して直していく事がブランドマネジメントの仕事になります。それに、製品・サービス、価格改変、コンセプト、提供するタイミング等をそれぞれに異なる視点を設けて、世にアプローチしていくという特徴も持ちます。ですから、ブランドマネジメントと行う事で今後の明確な設計が出来るようになるというわけなのです。


企業によってはブランドを売り出していく部署や所属担当者・働く人数というのはバラバラでしょう。しかし、このブランドマネジメントは実に視点が異なってしまいますので、どの部署にも注意が必要な要素を持ち合わせています。それは企業によって違いますので、はっきりとは分かりませんが、「リスク管理」というものがあります。現状として、これはブランド全体から見られる為に企業全体の問題として意識をしなくてはなりません。


ブランドマネジメントの最大の目的は「ブランドの向上」になります。ブランドに向上が見られなければ、企業ブランドとしての持続性はありませんし、ブランドマネジメントの失敗とも捉えられ、顧客であるビジネスパートナーからは良い印象を受けません。ですから、ここでは「ブランド戦略」も大切な役割を持ちます。ブランド戦略をする事により確実なポジションを確保する事が向上する一つの手段とも呼べると思います。


このような事からブランドマネジメントは実際は「ブランドマーケティング」と「ブランド戦略」を合わせて、総合的な結果を出すという活動とも捉えられます。これらはブランドマネジメントを行う事で企業経営の成長と将来性の発展への道標と考える事が出来るでしょう。これはつまり、ブランドの価値評価を高め、「高品質」と周囲から見られる事が一番の目標でもあります。ブランドマネジメントをする意義という事を忘れないようにしましょう。



このエントリーをはてなブックマークに追加
share on Tumblr Clip to Evernote Yahoo!ブックマークに登録 この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

PR by Google

◆【マスコミリスト付き!】ご自身でテレビPR技術を学ぶ方法があります


まずはお試しとして…御社のメディアPR戦略ノウハウを自身で学習してみませんか?



◆大手マスメディアサイトのディレクトリに直接登録が可能になりました


大手マスメディアサイトのディレクトリに直接登録が可能になりました



◆お電話又はFAXでのお問い合わせ


お電話・FAXによるPR会社MBCへのお問合せ/ご質問はこちら

早期対応が必要な緊急のご連絡は、出来るだけお電話をご利用していただけますようお願いいたします。



◆メールフォームでのお問い合わせ


PR会社MBCへのお問合せ/ご質問メールフォームはこちら

メールフォーム利用時は、こちら記載のプライバシーポリシー内容にご了承の上で送信お願いいたします。