共感とブランディング

ブランディングは消費者に対して企業が持っているブランド価値を向上する事を目指す為に長期的に渡って宣伝や広告等を行う活動をする目的を持っています。しかし、ブランド価値を持ってもらうだけではなく、消費者に「共感」してもらう部分が無いと消費者はブランドに入り組む事が出来ません。そこで企業は色んなコンテンツを盛り込んでブランド自体を盛り上げます。それが企業の利益を繋がる為でもあるし、ブランド競争の抜け道とも言えるからです...


大手ブランドや高級ブランドは消費者がどうこう、企業競争がどうこう、というような修羅場や争いはありません。それは消費者から絶対的な支持や高い評価があるからです。それはブランドという孤立した言葉の一人歩きが目立ち、ブランド認識水準を狂わすような企業側からのメッセージが誤解を招いたりします。そのような点からブランディングはブランドを一人歩きをさせない、消費者の傍にいるといったシグナルを発する活動です。


そうする事によって、消費者からの共感を多く得る事が出来ます。得る事によって利益は上昇しますし、何よりも消費者は身近な存在が好きですから、ブランディングの戦略としては成功の部類に入ります。このように「共感」から消費者とのコミュニケーションを始めるというのは良い事なのです。それに、ブランド向上を目指すのですから、「情緒価値」を植え付ける事も消費者に働きかける一つの手法でもあります。


そうする事によって、消費者からの共感を多く得る事が可能になります。得た共感は今後の企業利益やブランドの向上に貢献する事でしょうし、何より消費者である我々と密接な関係を築く事も可能になると思います。ブランディングの戦略としては成功という祝いのしを貼られる事でしょう。それにブランドの向上や企業競争での差別化を図る為には心理的戦略も必要になってきます。消費者がいかに欲しがっている部分を敏感に察知する企業能力が問われます。


ブランディングはその心理的戦略で数多くの修羅場をくぐってきました。それがいかにして消費者の心を掴むかという課題にもリンクされています。企業と消費者の間に繋がる何かが無ければいけないですし、心が通じるようなサプライズも無ければお互いに飽きてしまいます。そこで「共感」という事を含めた「ブランド」を提供する事によって、そのタイミングが合えば、多くの消費者の賛同が得られます。このような心理的戦略があります。



このエントリーをはてなブックマークに追加
share on Tumblr Clip to Evernote Yahoo!ブックマークに登録 この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

PR by Google

◆【マスコミリスト付き!】ご自身でテレビPR技術を学ぶ方法があります


まずはお試しとして…御社のメディアPR戦略ノウハウを自身で学習してみませんか?



◆大手マスメディアサイトのディレクトリに直接登録が可能になりました


大手マスメディアサイトのディレクトリに直接登録が可能になりました



◆お電話又はFAXでのお問い合わせ


お電話・FAXによるPR会社MBCへのお問合せ/ご質問はこちら

早期対応が必要な緊急のご連絡は、出来るだけお電話をご利用していただけますようお願いいたします。



◆メールフォームでのお問い合わせ


PR会社MBCへのお問合せ/ご質問メールフォームはこちら

メールフォーム利用時は、こちら記載のプライバシーポリシー内容にご了承の上で送信お願いいたします。