PR#001

「株式会社天賞堂」

=歌舞伎とタイアップした明治時代のPR=

明治時代、高級時計の販売を行っていた銀座の天賞堂が、歌舞伎の観客を時計販売の新たなターゲットにしようと、舞台セットに時計を据えた演目を上演させた。舞台の中央に「天賞堂」という名入りの大時計を据え、演目のクライマックスでは場面に連動して時計が動く仕掛けになっていた。福地桜痴が脚本し尾上団菊が演じた。


◆参考リンク: 株式会社天賞堂

このエントリーをはてなブックマークに追加
share on Tumblr Clip to Evernote Yahoo!ブックマークに登録 この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

PR by Google

◆【マスコミリスト付き!】ご自身でテレビPR技術を学ぶ方法があります


まずはお試しとして…御社のメディアPR戦略ノウハウを自身で学習してみませんか?



◆大手マスメディアサイトのディレクトリに直接登録が可能になりました


大手マスメディアサイトのディレクトリに直接登録が可能になりました



◆お電話又はFAXでのお問い合わせ


お電話・FAXによるPR会社MBCへのお問合せ/ご質問はこちら

早期対応が必要な緊急のご連絡は、出来るだけお電話をご利用していただけますようお願いいたします。



◆メールフォームでのお問い合わせ


PR会社MBCへのお問合せ/ご質問メールフォームはこちら

メールフォーム利用時は、こちら記載のプライバシーポリシー内容にご了承の上で送信お願いいたします。