RFM分析

[マーケティング戦略用語]

R・F・Mとはそれぞれ、「Recency(最新購買日)」、「Frequency(購買頻度)」、「Monetary Value(累積購買金額)」のことで、データベースのセグメンテーション基準として特に重要な意味を持つと言われる、個別データの構成要因。Rがデータベース使用の時点に近ければ近いほど、Fが多ければ多いほど、Mが大きければ大きいほど、その要因を含んだデータを使用した場合の購買確率が高くなることが統計的に証明されている。したがって、これらの要因を基準として過去の受注タイミングや頻度や金額を段階的に細分化し、R・F・Mそれぞれの変化に対応する購買率(レスポンス率)の変化と収益性の変化、およびそのベースになる発信量の変化と投資額の変化をチェックしてゆくことは、"最適収益のために投資すべきセグメント"を発見するために極めて重要なことで、このように、段階的に分割したR・F・Mのそれぞれを相関させたセグメントを全体的に見て、レスポンス率や収益効果がより高くなるような組み合わせ方を発見してゆくのが、「RFM分析」と呼ばれるデータ選別の技法なのである。





PR会社MBCがご提供するテレビPRに強いクロスメディア型総合PR支援メニュー!「トータルPRサービス」

注目のサービス → 総合PR支援『トータルPRサービス』の詳細を見てみる

活動費が要らない!成果報酬ベースの単発テレビPR!「スポット型テレビPRサービス」

注目のサービス → 『スポット型テレビPRサービス』の詳細を見てみる


-------------------------------------------------------------------------
-------------------------------------------------------------------------

このエントリーをはてなブックマークに追加
share on Tumblr Clip to Evernote Yahoo!ブックマークに登録 この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

PR by Google

◆【マスコミリスト付き!】ご自身でテレビPR技術を学ぶ方法があります


まずはお試しとして…御社のメディアPR戦略ノウハウを自身で学習してみませんか?



◆大手マスメディアサイトのディレクトリに直接登録が可能になりました


大手マスメディアサイトのディレクトリに直接登録が可能になりました



◆お電話又はFAXでのお問い合わせ


お電話・FAXによるPR会社MBCへのお問合せ/ご質問はこちら

早期対応が必要な緊急のご連絡は、出来るだけお電話をご利用していただけますようお願いいたします。



◆メールフォームでのお問い合わせ


PR会社MBCへのお問合せ/ご質問メールフォームはこちら

メールフォーム利用時は、こちら記載のプライバシーポリシー内容にご了承の上で送信お願いいたします。