スプリットテスト

[マーケティング戦略用語]

異なる二種類の広告を作ってレスポンスの差を比較すること。正確にはA/Bスプリット・テストという。マーケティングにおける"現行の基準要因(コントロール)"対"新戦略要因(テスト仮説)"、または"新要因A"対"新要因B"といった対比すべき2種類の要因の相対的評価を求める場合、"A対Bのテスト"という見なし方をしてこう呼ぶ。新聞広告によって行うことが可能で、A/Bそれぞれの要因に基づく2種類の広告を製版時に交互に面付けしておくことにより、その後のプロセスに何の作為も施さなければ最終的にそれぞれの広告の掲載紙がランダム(無作為)に刷り出され、全対象市場にランダムに配布され、結果的に市場を無作為に2分割したのと同じことになり、したがって、別々のキーコードを付けた(受注電話番号を別にしても良い)それぞれの広告のレスポンスを集計・対比すれば効果が確認できる。





PR会社MBCがご提供するテレビPRに強いクロスメディア型総合PR支援メニュー!「トータルPRサービス」

注目のサービス → 総合PR支援『トータルPRサービス』の詳細を見てみる

活動費が要らない!成果報酬ベースの単発テレビPR!「スポット型テレビPRサービス」

注目のサービス → 『スポット型テレビPRサービス』の詳細を見てみる


-------------------------------------------------------------------------
-------------------------------------------------------------------------

このエントリーをはてなブックマークに追加
share on Tumblr Clip to Evernote Yahoo!ブックマークに登録 この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

PR by Google

◆【マスコミリスト付き!】ご自身でテレビPR技術を学ぶ方法があります


まずはお試しとして…御社のメディアPR戦略ノウハウを自身で学習してみませんか?



◆大手マスメディアサイトのディレクトリに直接登録が可能になりました


大手マスメディアサイトのディレクトリに直接登録が可能になりました



◆お電話又はFAXでのお問い合わせ


お電話・FAXによるPR会社MBCへのお問合せ/ご質問はこちら

早期対応が必要な緊急のご連絡は、出来るだけお電話をご利用していただけますようお願いいたします。



◆メールフォームでのお問い合わせ


PR会社MBCへのお問合せ/ご質問メールフォームはこちら

メールフォーム利用時は、こちら記載のプライバシーポリシー内容にご了承の上で送信お願いいたします。