CMとPRの相乗効果

PRという視点から見て、たいへん気になるCMが何本かあります。

最近は朝や夕方の情報番組や週末の生活情報番組などで、
話題のCMや番組出演者が登場するCMが紹介されることが
多くありますね。

取り上げる機会が多いのは、「めざましテレビ」のエンタ見たもん勝ち
のコーナーです。シリーズモノの話題性の高いCM・富士通FMVの
木村拓哉さんCMや、オロナミンCの上戸彩さんのCMは放映初日に
CM撮影の裏側も含めて大きく紹介されます。

また、アッコにおまかせでは和田アキ子さんが出演したCMは裏側から
CM発表会見も含めて、かなりの長尺で紹介されます。

そうした中でCMをPRの材料として最もうまく活用しているのは、ソフトバンク
ではないでしょうか。
上戸彩さんや外国人タレントの「お兄ちゃん」として有名になったダンテさん、
そしてカイくんという犬を「お父さん」として北大路欣也さんを吹き替えに起用して
一躍ソフトバンクのブランディングに貢献したCMです。

CM発表時にはホテルの大広間で約200人の報道陣を招いての記者会見を
行って、朝・夕の情報番組のエンタメコーナーで露出を獲得しました。
また、CMに谷原章介さんや優香さんを登場させて、「王様のブランチ」で
しばしば取り上げられています。
これらはCMのクリエイター陣にも、単におもしろいものを創るだけではなく、
しっかりとしたPRの視点が備わっているからこそ、ここまで成功したのでは
ないでしょうか。

このようにCMにもPRの視点を持たせることによって、CMで得られる以上の
効果が得られることがあるのです。







PR会社MBCがご提供するテレビPRに強いクロスメディア型総合PR支援メニュー!「トータルPRサービス」


注目のサービス → 総合PR支援『トータルPRサービス』の詳細を見てみる




活動費が要らない!成果報酬ベースの単発テレビPR!「スポット型テレビPRサービス」


注目のサービス → 『スポット型テレビPRサービス』の詳細を見てみる





-------------------------------------------------------------------------



-------------------------------------------------------------------------




このエントリーをはてなブックマークに追加
share on Tumblr Clip to Evernote Yahoo!ブックマークに登録 この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

PR by Google

◆【マスコミリスト付き!】ご自身でテレビPR技術を学ぶ方法があります


まずはお試しとして…御社のメディアPR戦略ノウハウを自身で学習してみませんか?



◆大手マスメディアサイトのディレクトリに直接登録が可能になりました


大手マスメディアサイトのディレクトリに直接登録が可能になりました



◆お電話又はFAXでのお問い合わせ


お電話・FAXによるPR会社MBCへのお問合せ/ご質問はこちら

早期対応が必要な緊急のご連絡は、出来るだけお電話をご利用していただけますようお願いいたします。



◆メールフォームでのお問い合わせ


PR会社MBCへのお問合せ/ご質問メールフォームはこちら

メールフォーム利用時は、こちら記載のプライバシーポリシー内容にご了承の上で送信お願いいたします。