フィリピン共和国

海外(アジア地区)広報プロモートサービス =ASEAN諸国へのPR戦略に強いPR会社/MBC=


フィリピン共和国 (Republic of the Philippines)


PR会社/MBCの海外(アジア地区)広報プロモートサービス =フィリピン共和国=

【経済概況(外務省ウェブサイトより)】


 アジア通貨危機以降は緩やかな回復基調。2006年のGDP成長率は5.4%で、年初の政府目標(5.5-6.1%)を下回った。今後、持続的な成長を維持していくには、経済構造改革、財政赤字解消、不良債権処理、治安回復によるフィリピン経済への信頼回復が課題である。一方、2006年の実質GNP成長率は、海外労働者送金の堅調な増加により6.2%を記録した。


(1)日本の対比貿易

(イ)貿易品目

輸入 電気機器、一般機械、食料品

輸出 電気機器、一般機械、原料別製品

(ロ)貿易額(財務省貿易統計、億円)

輸入 7,762(2000年)、 7,790(2001年)、8,140(2002年)、8,155(2003年)、8,922(2004年)、8,500(2005年)、9,257(2006年)

輸出 11,057(2000年)、 9,951(2001年)、10,578(2002年)、10,419(2003年)、10,382(2004年)、9,996(2005年)、10,479(2006年)

収支 +3,295(2000年)、 +2,161(2001年)、+2,438(2002年)、+2,264(2003年)、+1,460(2004年)、+1,496(2005年)、-1,222(2006年)

(2)日本からの対比投資(比側統計、億ペソ)

(イ)直接投資

18.1(2000年)、16.7(2001年)、3.9(2002年)、7.4(2003年)、9.5(2004年)、116.6(2005年)

(ロ)輸出加工区への投資(比側統計、億ペソ)

146.4(2000年)、196.8(2001年)、162.3(2002年)、77.2(2003年)、244.7(2004年)、156.9(2005年)


【マスメディア媒体例(一部のみ掲載】


The Business Daily, The Manila Bulletin, The Philippine Daily, Inquirer, The Philippine Star, The Phil Post, Business World, Kabayan, United Daily News, World News, Boom Magazine, Portfolio, Trade Opportunities in The Philippines, integrated Business Magazine, Pholippines Business, The Asian Manager, Bangko Sentral Review, World Executive's Digest Phil BIG, The Business Daily, Business World, Chinesse Commercial News, All-Star Weekly, Arista Magazine, Bannawag Magazine, Bisaya Magazine, Celebrity World Magazine, Fame Magazine, Hiligaynon Magazine, Jingle Chordbook, Music Magazine, Jingle TV Guide, Liwayway Magazine, Mirror Weekly, Mod Magazine, Movie Idol Magazine, Movie Flash, Movie Star Magazine, New Fame Magazine, Blitz Magazine, Giltter Magazine, Guide Magazine, Savvy Magazine, Channels, Look Magazine, Mega Magazine, Max Magazine, Metro, Metro The City Life...等。




このエントリーをはてなブックマークに追加
share on Tumblr Clip to Evernote Yahoo!ブックマークに登録 この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

PR by Google

◆【マスコミリスト付き!】ご自身でテレビPR技術を学ぶ方法があります


まずはお試しとして…御社のメディアPR戦略ノウハウを自身で学習してみませんか?



◆大手マスメディアサイトのディレクトリに直接登録が可能になりました


大手マスメディアサイトのディレクトリに直接登録が可能になりました



◆お電話又はFAXでのお問い合わせ


お電話・FAXによるPR会社MBCへのお問合せ/ご質問はこちら

早期対応が必要な緊急のご連絡は、出来るだけお電話をご利用していただけますようお願いいたします。



◆メールフォームでのお問い合わせ


PR会社MBCへのお問合せ/ご質問メールフォームはこちら

メールフォーム利用時は、こちら記載のプライバシーポリシー内容にご了承の上で送信お願いいたします。