タイ王国

海外(アジア地区)広報プロモートサービス =ASEAN諸国へのPR戦略に強いPR会社/MBC=


タイ王国 (Kingdom of Thailand)


PR会社/MBCの海外(アジア地区)広報プロモートサービス =タイ王国=

【経済概況(外務省ウェブサイトより)】


タイは、1980年代後半から日本を始め外国投資を梃子に急速な経済発展を遂げたが、その一方で経常収支赤字が膨張し、不動産セクターを中心にバブル経済が現出した。その後、バブル破壊に伴い不良債権が増大し、経済の悪化を背景にバーツ切り下げの圧力が高まり、1997年7月、為替を変動相場制に移行するとバーツが大幅に下落し、経済危機が発生した。タイ政府は、IMF及び日本を始めとする国際社会の支援を受け、不良債権処理など構造改革を含む経済再建に努力し、タイ政府の財政政策を含む景気対策、好調な輸出などにより低迷を続けていた経済は、その後回復基調に転じた。2001年2月に発足したタクシン政権は、従来の輸出主導に加えて国内需要も経済の牽引力とすることを訴え、農村や中小企業の振興策を打ち出した。これらの内需拡大政策の奏功と見られる個人消費の活性化等により、経済は回復し、2003年は6.9%、2004年は6.1%の成長を達成した。2005年はスマトラ沖大地震及びインド洋津波被害等により若干減速し、4.5%の成長となった。2006年は、政変の影響が危惧されたが、5.0%の成長率を達成した。


1980年代後半以降、日本企業は円高を背景に積極的にタイに進出し、タイの経済成長に貢献。現在、在バンコク日本人商工会議所への加盟企業は1,250社を数える。1997年7月に顕在化した通貨経済危機に関し、日本は大規模な資金的・人的協力を実施。日タイ経済連携協定の発効により、両国の経済関係の更なる緊密化が期待される。


【マスメディア媒体例(一部のみ掲載】


Economic Outlook, Khao Panit/Kao Panichi, Khoo Khaeng Daily, Khoo Khaeng Thurakij, Kruthep Turakij Daily, Phu Chad Karn, Prachachat Turakit, SET Daily, Sim Turakit, Thai Financial Day, Than Settakij, 100Watts, Advanced Business Corporate Thailand, Business Executive, Business in Thailand, Business Note, Business Leader, Business Review, Business World Weekend, Central Consumer News, Consumer Review, Dokbia Mag, Econ News, Fortune Thailand, GM, Golden Product, Heritage Magazine, Khoo Kaeng Mag, Klung Samong, Krungthep Turakij Weekly, Manager Magazine, Marketing Leader, Money & Banking, Nak Turakij, Nation Mag, Poojadkarn Monthly, Porfolio, Scand-Asiia, Senthang Setthi, Thailand Executive Profile, Thailand Monitor, The Executive, The Interest Business, The Interest News, The Investor, The Mirror, Today People, Trakij Kauna, Who's Who in Business & Finance in Thailand, Young Executive Magazine...等。




このエントリーをはてなブックマークに追加
share on Tumblr Clip to Evernote Yahoo!ブックマークに登録 この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

PR by Google

◆【マスコミリスト付き!】ご自身でテレビPR技術を学ぶ方法があります


まずはお試しとして…御社のメディアPR戦略ノウハウを自身で学習してみませんか?



◆大手マスメディアサイトのディレクトリに直接登録が可能になりました


大手マスメディアサイトのディレクトリに直接登録が可能になりました



◆お電話又はFAXでのお問い合わせ


お電話・FAXによるPR会社MBCへのお問合せ/ご質問はこちら

早期対応が必要な緊急のご連絡は、出来るだけお電話をご利用していただけますようお願いいたします。



◆メールフォームでのお問い合わせ


PR会社MBCへのお問合せ/ご質問メールフォームはこちら

メールフォーム利用時は、こちら記載のプライバシーポリシー内容にご了承の上で送信お願いいたします。