坂田健史選手4度目の防衛成功

弊社でもPR支援を行っている、ボクシングWBA世界フライ級チャンピオンの坂田健史選手が4度目の防衛戦勝利を果たしました。これまで代名詞となりつつあった「スロースターター」ぶりを払拭するような、序盤からの猛攻・突進・手数の多さによって、挑戦者の久高選手は何も出来ずに試合終了のゴングを迎えてしまったという印象でした。


もともと世界のスポーツメディアでは「拳銃を使用しないと倒すことが出来ない」といった表現を用いられるほどのタフネスぶりを評価されている坂田選手ですが、今回の試合も中盤にさしかかると、まるで機関車のごとく回転があがり続け、体力不足を露呈してしまった久高選手とはその格の違いが誰の目にも明らかとなっておりました。


途中数度のKOチャンスがあったのですが、残念ながら判定による勝利。それでもジャッジの掲げたポイントは3者共にチャンピオン坂田選手が大きくリードした結果となっており、誰の目にも文句ない勝利でしたね。本当によかったです。


僕自身は坂田選手の試合に関しては、王座取得試合を含めて連続で観戦していたのですが、今回は仕事の都合で試合会場に足を運ぶことが出来ませんでした。普段からお世話になっている金平会長にも、直接祝辞を述べたかったのですが、その点が大変に残念です(後ほどお電話で祝辞を述べようと思いますが、近々会長とはお会いしてお話する件があるのでそのときにでも。。。)。


当日はWBC同級チャンピオンの内藤選手も現場では亀田選手が何故かリングイン。内藤選手との次回決戦を約束(?)するという珍パフォーマンスが。まるでプロレスの一幕をみているかのようで、非常に違和感を覚えてしまいましたが、彼なりの「坂田対策」だったのかもしれません。国内復帰戦は坂田とやるのではないか?と噂されていましたから。金平会長はこのパフォーマンスに激怒していましたが、内藤選手の言葉を借りることなくも「上手いところを持って行ったなあ」という感想です。


いずれにせよ両選手とも、おめでとう御座います。






PR会社MBCがご提供するテレビPRに強いクロスメディア型総合PR支援メニュー!「トータルPRサービス」

注目のサービス → 総合PR支援『トータルPRサービス』の詳細を見てみる

活動費が要らない!成果報酬ベースの単発テレビPR!「スポット型テレビPRサービス」

注目のサービス → 『スポット型テレビPRサービス』の詳細を見てみる


-------------------------------------------------------------------------
-------------------------------------------------------------------------

このエントリーをはてなブックマークに追加
share on Tumblr Clip to Evernote Yahoo!ブックマークに登録 この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

PR by Google

◆【マスコミリスト付き!】ご自身でテレビPR技術を学ぶ方法があります


まずはお試しとして…御社のメディアPR戦略ノウハウを自身で学習してみませんか?



◆大手マスメディアサイトのディレクトリに直接登録が可能になりました


大手マスメディアサイトのディレクトリに直接登録が可能になりました



◆お電話又はFAXでのお問い合わせ


お電話・FAXによるPR会社MBCへのお問合せ/ご質問はこちら

早期対応が必要な緊急のご連絡は、出来るだけお電話をご利用していただけますようお願いいたします。



◆メールフォームでのお問い合わせ


PR会社MBCへのお問合せ/ご質問メールフォームはこちら

メールフォーム利用時は、こちら記載のプライバシーポリシー内容にご了承の上で送信お願いいたします。