BAとイベリア航空が合併交渉 欧州トップ3入り狙う

◆◆PR News 本日のPick Up◆◆


英航空最大手ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)とスペイン最大手のイベリア航空は29日、合併交渉入りしたと発表した。合併後は欧州のトップ3位に入る大手グループとなる。欧米間の路線開設の自由化による競争激化に加えて、燃料費高に直撃され、航空各社の収益環境は厳しさを増している。BAはイベリアの筆頭株主だが、完全に経営を一体化して競争力を高める。


BAとイベリア航空が合併交渉 欧州トップ3入り狙うの続きを読む

坂田健史選手4度目の防衛成功

弊社でもPR支援を行っている、ボクシングWBA世界フライ級チャンピオンの坂田健史選手が4度目の防衛戦勝利を果たしました。これまで代名詞となりつつあった「スロースターター」ぶりを払拭するような、序盤からの猛攻・突進・手数の多さによって、挑戦者の久高選手は何も出来ずに試合終了のゴングを迎えてしまったという印象でした。


もともと世界のスポーツメディアでは「拳銃を使用しないと倒すことが出来ない」といった表現を用いられるほどのタフネスぶりを評価されている坂田選手ですが、今回の試合も中盤にさしかかると、まるで機関車のごとく回転があがり続け、体力不足を露呈してしまった久高選手とはその格の違いが誰の目にも明らかとなっておりました。


途中数度のKOチャンスがあったのですが、残念ながら判定による勝利。それでもジャッジの掲げたポイントは3者共にチャンピオン坂田選手が大きくリードした結果となっており、誰の目にも文句ない勝利でしたね。本当によかったです。


僕自身は坂田選手の試合に関しては、王座取得試合を含めて連続で観戦していたのですが、今回は仕事の都合で試合会場に足を運ぶことが出来ませんでした。普段からお世話になっている金平会長にも、直接祝辞を述べたかったのですが、その点が大変に残念です(後ほどお電話で祝辞を述べようと思いますが、近々会長とはお会いしてお話する件があるのでそのときにでも。。。)。


当日はWBC同級チャンピオンの内藤選手も現場では亀田選手が何故かリングイン。内藤選手との次回決戦を約束(?)するという珍パフォーマンスが。まるでプロレスの一幕をみているかのようで、非常に違和感を覚えてしまいましたが、彼なりの「坂田対策」だったのかもしれません。国内復帰戦は坂田とやるのではないか?と噂されていましたから。金平会長はこのパフォーマンスに激怒していましたが、内藤選手の言葉を借りることなくも「上手いところを持って行ったなあ」という感想です。


いずれにせよ両選手とも、おめでとう御座います。






PR会社MBCがご提供するテレビPRに強いクロスメディア型総合PR支援メニュー!「トータルPRサービス」

注目のサービス → 総合PR支援『トータルPRサービス』の詳細を見てみる

活動費が要らない!成果報酬ベースの単発テレビPR!「スポット型テレビPRサービス」

注目のサービス → 『スポット型テレビPRサービス』の詳細を見てみる


-------------------------------------------------------------------------
-------------------------------------------------------------------------

iPhone2

購入したiPoneが壊れました。突然電源が入らなくなり、その後ウンともスンとも言いません。使用期間たった5日目でオシャカになるってどういうことでしょうかね。


まあ壊れてしまった者は仕方がないので修理に出すとして、問題はコレをビジネス専用の携帯電話に使用なんて考えていた僕の浅はかさの方ですね。。。いくらなんでもこんなに短命な携帯電話に、大切なビジネスデータを格納しておくのは勘弁です。


というわけで、とりあえず以前からの携帯(プライベートと混合)に使用メイン機を戻してしまいました。


そういえば2ちゃんねるで著名なひろゆき氏は、iPhoneに対して結構辛辣なご意見をもっていましたね。たしかにしばらくしたら飽きちゃって、普通の携帯に戻ってしまう人もたくさんいるかもしれません。米国のAT&Tでは、随分iPhoneの在庫の山を抱えて頭を抱えている(のでは?と言う推測)も飛び交っています。


僕はこの手のITガジェットが大好きで、何か発売したらとりあえず勝ってしまうことが多いです。しかし、過去に死屍累々の山を築いてきた「使えないアイテム・儚いアイテム」の中でも、群を抜いて虚弱なアイテムでした。。。うーん、残念です。次はせめて1年は持つようなアイテムにして欲しいですねえ。。。appleさん。


さ、今日は帰宅途中でビックカメラに立ち寄らねば。。。修理を依頼しに(涙)。






PR会社MBCがご提供するテレビPRに強いクロスメディア型総合PR支援メニュー!「トータルPRサービス」

注目のサービス → 総合PR支援『トータルPRサービス』の詳細を見てみる

活動費が要らない!成果報酬ベースの単発テレビPR!「スポット型テレビPRサービス」

注目のサービス → 『スポット型テレビPRサービス』の詳細を見てみる


-------------------------------------------------------------------------
-------------------------------------------------------------------------

ベネチア映画祭、宮崎・押井・北野監督の最新作出品へ

◆◆PR News 本日のPick Up◆◆


イタリア・ベネチアで8月27日に開幕する第65回ベネチア国際映画祭のコンペティション部門に、世界的に評価の高い宮崎駿(67)、押井守(56)、北野武(61)3監督の最新作が出品されることが29日、明らかになった。


ベネチア映画祭、宮崎・押井・北野監督の最新作出品への続きを読む

中華民国 =台湾=

海外(アジア地区)広報プロモートサービス =ASEAN諸国へのPR戦略に強いPR会社/MBC=


中華民国 =台湾= (Republic of China =Taiwan=)


PR会社/MBCの海外(アジア地区)広報プロモートサービス =台湾=

【経済概況(外務省ウェブサイトより)】


中華民国は、実効統治する台湾地区が旧日本領であったなど日本と歴史的に関係が深く、地理的にも日本に近いことから、貿易をはじめとした経済的交流が非常に強い。その象徴として、台北の台北国際金融センタービルは日本の熊谷組を中心としたJV(共同事業体)が施工している他、日本の新幹線の信号・車両技術を導入した台湾高速鉄道(台湾新幹線)も台北~高雄間に運行中である。また、多くの日本企業が進出しているだけでなく、中華民国の企業も日本に進出している。


【マスメディア媒体例(一部のみ掲載】


Bridge Financial News, China Times Weekly, Chinese Times, Consumer Reports, Free China Review, Global Views Monthly, Mei-Hwa Report, Sinorama Magazine, Taiwan Weekly, The Journalist, Today's China, Central Daily News, Chien Kuo Daily News, China Daily, China Daily News, China Evening News, China Times, China Times Express, Commercial Times, Da-min News, Gwoyeu Ryhbaw, Hsin Sheng Pao, Keng Sheng Daily News, Les Echos De La, Republique de Chine, Lianhe Zaobao, Liberty Times, Min Chung Daily News, Matsu Daily, Min Sheng Pao, Pacific Daily News, Tapei Times, Taiwan Daily News, Taiwan Justice Daily News, Taiwan Lih Pao, Taiwan Shin Wen Daily News, Taiwan Times, The China News, The China Post, The Children Daily News, The Free China Journal, The Great News, The Independence Evening News, The Independence Morning News, Tycoon Information Inc, Traders Express, United Daily News, United Evening News, Wealth News, World Tribune, China Television Company, Chinese Television System, Formosa TV, Overseas Radio&TV Inc, Public TV, Star TV Ltd, Taiwan Television Enterprise, The Broadcasting Corporation of China...等。




中華人民共和国

海外(アジア地区)広報プロモートサービス =ASEAN諸国へのPR戦略に強いPR会社/MBC=


中華人民共和国 (People's Republic of China)


PR会社/MBCの海外(アジア地区)広報プロモートサービス =中華人民共和国=

【経済概況(外務省ウェブサイトより)】


(1)2007年の中国の国内総生産額(名目額)は、約3兆4,000億ドル、実質成長率11.9%で5年連続で2ケタ成長。中国政府による引き締め政策の実施にもかかわらず、成長率は目標(8%前後)を大幅に超過。(2)一方、都市と農村の経済格差の拡大、金融、エネルギー、環境、社会保障等、多くの課題も抱えている。


(1)日中貿易(財務省統計に基づく日本貿易振興機構(JETRO)換算)

(イ)貿易額 (2007年)

対中輸出 1,091億ドル

対中輸入 1,276億ドル 計2,367億ドル

(ロ)主要品目

対中輸出 電気機器、一般機械、化学製品

対中輸入 機械機器、繊維製品、食料品

(2)日本からの直接投資

1979年から2007年末までの累計615.5億ドル(実行ベース、中国側統計)


【マスメディア媒体例(一部のみ掲載】


21st Century, Anhui Economic Newspaper, Anhui Ribao, Business Beijing, Business News, Business Weekly, Cankao Xiaoxi, China Business, China Business Daily, China Commercial News, China Consumers News, China Enterprises News, China Financial and Economic News, China Golden News, China Securities, China Statistics, China Tax News, China Township Enterprises Daily, China Trada News, Chongqing evening News, Consumer Times, Dalian International News, Dazhong Ribao, Directors&Managers Daily, Economic Geography, Economic Reference, Entrepreneurs' Market, Fast Information Daily, Financial Times, Foreign Investment in China, Frends of Prospertiy, Fujian Business News, Fujian Economic Newspaper, Fujian Ribao, Fuzhou Evening News, Guangzhou Ribao, Guanxi Daily, Hainan Ribao, Hainan Special, Economic Zone Newspaper, Hebei Economic Daily, Hebei Population Daily Information Service Newspaper, International Business Daily, International Commercial News, International Economy&TradeInformation,Jingji Ribao, Jinrong Shibao, Jinrong Zaobao, Liaoning Economic daily, Market Daily, Privately-Owned Economy News, Qinghai Economic News, Shanghai Economic Newspaper, Shanghai Trada, Shantou Special, Economic Zone Newspaper, Anhui TV Station, Baoding TV Station, Beijing Cable Television, Beijing TV Station, Changsha TV Station, Changzhou TV Station, Chaozhou TV Station...等。




香港/マカオ

海外(アジア地区)広報プロモートサービス =ASEAN諸国へのPR戦略に強いPR会社/MBC=


香港/マカオ (Hong Kong/Macau)


PR会社/MBCの海外(アジア地区)広報プロモートサービス =香港=

PR会社/MBCの海外(アジア地区)広報プロモートサービス =マカオ=

【経済概況 香港(外務省ウェブサイトより)】

【経済概況 マカオ(外務省ウェブサイトより)】


「香港」・・・(1)香港経済はアジア経済危機に伴う景気後退から脱却し、2005年にはデフレを克服し失業率も低下傾向にある。2003年にはSARSの発生により、運輸、観光、飲食業など香港経済全体が影響を受けたが、同年6月以降顕著な改善を見せ、2004年の実質経済成長率は7.5%に達した。2005年は、2004年に続く輸出と内需の好調で、7.3%(速報値)の成長率を記録した。2005年のコンテナ取扱量は、シンガポールにトップの座を明け渡し、6年連続世界一とはならなかった。一方、香港政府は、香港の国際金融センターの地位確保に力を入れており、マネーロンダリングへの監視を強化している。また、2005年11月2日の立法会決議により、2006年2月11日から相続税が廃止された。財政収入減少と引き替えに、金融市場・不動産市場への投資が増加することが見込まれている。


(2)大陸との経済関係では、CEPA(経済緊密化協定)の締結により、香港と中国本土(特に珠江デルタを中心とする華南地域)との経済一体化の更なる促進が期待されていた(CEPAは、モノの貿易、サービス貿易及び貿易・投資の円滑化の3分野からなる)。しかし、協定締結から2年たち、CEPA認定企業が大陸で優遇されず、大陸でWTOの取り決めが順次履行されることなどから、CEPAの意義低下が懸念されている。また、2003年より北京、上海、広東省一部地域住民等の香港への自由旅行が解禁され、大陸からの入境者が増加している。2005年の大陸から香港への入境者はのべ約1,254万人で、2005年9月の香港ディズニーランド開園効果もあってか、前年より約30万人増加した。同年、香港から大陸への出境者はのべ約6,267万人に上った(入出いずれも香港特別行政区政府統計)。大陸に長期滞在する香港人は、約29万人と推計され、居住地域は広東省に一極集中している。


「マカオ」・・・(イ)主要経済指標

2004年のGDP総額は103億米ドル、1人当たりのGDPは22,557米ドル(マカオ経済局調べ)。 主要貿易相手国・地域(2003年:マカオ経済局資料)

輸出:(1)米国(48.4%)、(2)中国(15.6%)(3)独(7.5%)...日本(0.6%)

輸入:(1)中国(41.7%)、(2)香港(14.5%)(3)日本(6.7%)

(ロ)観光・カジノ産業

従来より、観光及びカジノ産業が大きな地位を占める(GDPの約4割、政府歳入の約7割)。香港資本等により、1970年代より繊維産業が、1980年代に入り玩具、電気・電子産業が発展したが、その後、華南地域のより低廉な労働力との競争により、第2次産業の占めるシェアは低下。カジノは返還後も営業・存続しているが、2002年2月、マカオSAR政府はカジノ経営権の国際入札結果を発表し、従来より独占経営権を有していたマカオ旅游娯楽有限公司の他、新規企業2社が同経営権を獲得し、その内の1社が2004年5月よりカジノ営業を開始。

(ハ)マカオ空港

1995年11月、マカオ空港が開港。マカオ航空の他、中国、台湾、シンガポール、北朝鮮等の航空会社が乗り入れており、中国大陸各地や台湾を中心に定期航空路線がある。


【マスメディア媒体例(一部のみ掲載/香港マカオ共通】


Apple Daily, Asian Wall Street, Journal, China daily, Financial Times, Hong Kong, Commercial Daily, Hong Kong Daily News, Hong Kong Economic Journal, Hong Kong Economic Times, Hongkong Standard, International Herald Tribune, Ming Pao Daily News, Nikkei, Oriental Daily News, Sing Pao Daily News, Sing Tao Jih Pao, South China Morning Post, Sunday Morning Post, Ta Kung Pao, Tin Tin Daily News, Wen Wei Po, Metro Broadcast Corp Hong Kong, Commercial Broadcasting, Tadio Television Hong Kong, Star Radio, Chinese Television Network, TVB Super Channel, Hong Kong Cable TV Ltd, Asia Television Ltd, Television Broadcasts Ltd, Satellite TV Asia, Region Phoenix Satellite TV, Asian Wall Street Journal, Amcham Magazine, Asia inc, Asiamoney, Asian Business, Asiaweek, AP-Dow Jones News Service, Banking World Hong Kong, Business PRC, Benchmark, Business Week International, Bloomberg Business News, Butterworths-Hong Kong Lawyer, Capital China Daily, Economic Reporter, Economy and Law Financial Times Far Eastern Economic Review, Fobes Magazine, Fortune, Global Trader China, Hong Kong Economic Journal, Hong Kong Economic Times, Hon Kong Industrialist, Hong Kong Business, Hong Kong Week, Hong Kong General Chamber of Commerce Bulletin, International Market News, Institutional Investor, Yazhou Zhoukan, Target Intelligence Report...等。




インドネシア共和国

海外(アジア地区)広報プロモートサービス =ASEAN諸国へのPR戦略に強いPR会社/MBC=


インドネシア共和国 (Indonesia)


PR会社/MBCの海外(アジア地区)広報プロモートサービス =インドネシア=

【経済概況(外務省ウェブサイトより)】


1997年7月のアジア通貨危機後、政府はIMFとの合意に基づき、経済構造改革を断行。2004年末から2005年初めにかけて個人消費や輸出に支えられ経済は好調であったが、その後、石油燃料価格の値上げに端を発するインフレと高金利により成長率は鈍化。2006年は、インフレ率・金利の低下に伴い、消費が回復し、また過去最高額を記録するなど輸出が好調だったこともあり、経済は回復基調となった。2007年も引き続き好調を維持。民間消費、輸出に加え内外投資が活発であった。


【マスメディア媒体例(一部のみ掲載】


Vijay TV, Doordarshan Kendra DD Metro, Raj TV, Sun TV, Zee TV, TV-18, ANI, NEPC Television, Rediffusion, Bisnis Indonesia, Kompas, Indonesian Observer, Merdeka, Neraca, Republika, Suara Pembaruan, Berita Buana, Harian Indonesia, Pelita, Pikiran Rakyat, Suara Merdeka, Jawa Pos, Mimbar Umum, Sinar Indonesia Baru, Waspada, Jakarta Post, Indonesian Observer, Republika, Berita Buana, Suara Karya, Suara Pembaruan, Media Indonesia, Kompas, Merdeka, Harian Indonesia, Terbit, Pelita, Neraca, Sinar Pagi, Pos Kota, Suara Bangsa, Bisnis Indonesia, Pikiran Rakyat, Bandung Pos, Mandala, Gala, Suara Merdeka, Wawasan, Jawa Pos, Surabaya Pos, Suara Indonesia, Surya, Memorandum, Bhirawa, Karya Dhrma, Berita Nasional, Yogya Pos, Analisa, Waspada, Medan Pos, Garuda, Mimbar Umum, Sinar Indonesia Baru, Bukit Barisan, Sriwijaya Post, Serambi Indonesia, Singgalang, Haluan, Semangat, Riau Post, Semarak, Lampung Pos, Akcaya, jDinamika, Pembangunan, Banjarmasin Post, Dinamika Berita, Samarinda Suara Kaltim, Bali Post, Manado Post, Pedoman Rakyat, Fajar...等。




マレーシア

海外(アジア地区)広報プロモートサービス =ASEAN諸国へのPR戦略に強いPR会社/MBC=


マレーシア (Malaysia)


PR会社/MBCの海外(アジア地区)広報プロモートサービス =マレーシア=

【経済概況(外務省ウェブサイトより)】


1986年以降、外貨の積極的な導入による輸出指向型工業化政策を推進し、高度成長を達成。1997年に通貨・金融危機による経済困難に直面。IMFの支援を仰がずに独自の経済政策を推進。1998年9月に為替管理措置を導入したが、2005年7月に廃止。1998年にマイナス成長を記録したが、製造業を中心に回復。1999年以降、プラス成長を維持。


(1)対日貿易

(イ)品目

輸出:機械機器、LNG等鉱物性燃料、木材等,

輸入:半導体等電子部品、一般機械、鉄鋼等

(ロ)貿易額(財務省統計、単位:億円)

輸出(マレーシア→日本):15,627(2000年)、15,613(2001年)、14,014(2002年)、14,580(2003年)、15,263(2004年)、16,184(2005年)、18,012(2006年)、20,469(2007年)

輸入(日本→マレーシア):14,966(2000年)、13,372(2001年)、13,776(2002年)、13,017(2003年)、13,593(2004年)、13,829(2005年)、15,370(2006年)、17,690(2007年)

(2)日本からの直接投資(財務省統計、単位:億円)

658(1998年度)、586(1999年度)、256(2000年度)、320(2001年度)、98(2002年度)、523(2003年度)、135(2004年度)、581(2005年度)


【マスメディア媒体例(一部のみ掲載】


Gold Standard, Sojourn, The Park, Akauntan Nasional, Business & Industry, Business Management, Business Guide, Business World, Certified Management, Digest, Dewan Ekonomi, Executive Today, Investors Digest, Malaysia Business, Malaysian Enterprise, Malaysia Export, New Reality, Smart Investor, WWIMB, Asia Times, Berita Harian, Berita Minggu, Berita Petang Sarawak, Borneo Mail, Borneo Post, Business Times, China Press, Chinese Daily News, Daily Express, Dewan Ekonomi, Dewan Kosmik, Dewan Masyarakat, Guang Ming Daily, Harian Metro, Hwa Chiaw Jit Pao, International Times, Kwong Wah Yit Poh, Makkal Osai, Malay Mail, Malaysia Daily News, Malaysian Nanban, Metro, Mingguan Malaysia, Miri Daily News, Morning Post, Mun Sang Poh, Nanyang Siang Pau, New Life Post, New Straits Times, New Straits Times Annnual, New Sunday Times, Sarawak Tribune, See Hua Daily News, Sunday Mail, Sunday Star, Tamil Nesan, The Edge, The Malay Mail, The Miri Daily, The People's Mirror, The Star, The Sun, The Sun Magazine, Thinamurasu, Utusan Malaysia, Utusan Melayu, Utusan Sarawak, Utusan Zaman, Metrovision, Radio Television Malaysia, Sistem Television, Malaysia Berhad...等。




フィリピン共和国

海外(アジア地区)広報プロモートサービス =ASEAN諸国へのPR戦略に強いPR会社/MBC=


フィリピン共和国 (Republic of the Philippines)


PR会社/MBCの海外(アジア地区)広報プロモートサービス =フィリピン共和国=

【経済概況(外務省ウェブサイトより)】


 アジア通貨危機以降は緩やかな回復基調。2006年のGDP成長率は5.4%で、年初の政府目標(5.5-6.1%)を下回った。今後、持続的な成長を維持していくには、経済構造改革、財政赤字解消、不良債権処理、治安回復によるフィリピン経済への信頼回復が課題である。一方、2006年の実質GNP成長率は、海外労働者送金の堅調な増加により6.2%を記録した。


(1)日本の対比貿易

(イ)貿易品目

輸入 電気機器、一般機械、食料品

輸出 電気機器、一般機械、原料別製品

(ロ)貿易額(財務省貿易統計、億円)

輸入 7,762(2000年)、 7,790(2001年)、8,140(2002年)、8,155(2003年)、8,922(2004年)、8,500(2005年)、9,257(2006年)

輸出 11,057(2000年)、 9,951(2001年)、10,578(2002年)、10,419(2003年)、10,382(2004年)、9,996(2005年)、10,479(2006年)

収支 +3,295(2000年)、 +2,161(2001年)、+2,438(2002年)、+2,264(2003年)、+1,460(2004年)、+1,496(2005年)、-1,222(2006年)

(2)日本からの対比投資(比側統計、億ペソ)

(イ)直接投資

18.1(2000年)、16.7(2001年)、3.9(2002年)、7.4(2003年)、9.5(2004年)、116.6(2005年)

(ロ)輸出加工区への投資(比側統計、億ペソ)

146.4(2000年)、196.8(2001年)、162.3(2002年)、77.2(2003年)、244.7(2004年)、156.9(2005年)


【マスメディア媒体例(一部のみ掲載】


The Business Daily, The Manila Bulletin, The Philippine Daily, Inquirer, The Philippine Star, The Phil Post, Business World, Kabayan, United Daily News, World News, Boom Magazine, Portfolio, Trade Opportunities in The Philippines, integrated Business Magazine, Pholippines Business, The Asian Manager, Bangko Sentral Review, World Executive's Digest Phil BIG, The Business Daily, Business World, Chinesse Commercial News, All-Star Weekly, Arista Magazine, Bannawag Magazine, Bisaya Magazine, Celebrity World Magazine, Fame Magazine, Hiligaynon Magazine, Jingle Chordbook, Music Magazine, Jingle TV Guide, Liwayway Magazine, Mirror Weekly, Mod Magazine, Movie Idol Magazine, Movie Flash, Movie Star Magazine, New Fame Magazine, Blitz Magazine, Giltter Magazine, Guide Magazine, Savvy Magazine, Channels, Look Magazine, Mega Magazine, Max Magazine, Metro, Metro The City Life...等。




シンガポール共和国

海外(アジア地区)広報プロモートサービス =ASEAN諸国へのPR戦略に強いPR会社/MBC=


シンガポール共和国 (Republic of Singapore)


PR会社/MBCの海外(アジア地区)広報プロモートサービス =シンガポール共和国=

【経済概況(外務省ウェブサイトより)】


2001年 建国以来最悪の成長率(マイナス1.9%)

(米国経済の減速、世界的な電子関連需要の減退の影響)

2002年 2.2%のプラス成長(2Q以降、プラス成長に)

2003年 前半はSARSの影響により低迷したが、後半はやや持ち直し1.1%のプラス成長を達成。

2004年 8.4%のプラス成長。経済の回復を示唆している。

2005年 製造業、サービス業等の内需拡大により、6.4%のプラス成長。

2006年 製造業、建設業、サービス業等の内需拡大により、7.9%のプラス成長。


(1)対日貿易

(イ)主要対日貿易品目

輸出:機械機器、揮発油等石油製品

輸入:半導体等電子部品、事務用機械

(ロ)貿易額(単位:10億円)

輸出:627(2002)、629(2003)、680(2004)、739(2005)、870(2006)

輸入:1,775(2002)、1,716(2003)、1,945(2004)、2,035(2005)、2,250(2006)

(我が国はシンガポールにとって第6位の貿易相手国)

(2)直接投資(百万ドル)

(イ)対内直接投資

115(2002)、329(2003)、389(2004)、598(2005)、1,062(2006)

(ロ)対外直接投資

1,884(2002)、-452(2003)、138(2004)、557(2005)、375(2006)

(我が国はシンガポールにとって第3位の投資国)


【マスメディア媒体例(一部のみ掲載】


Asia Insurance Review, BBA News, Berita Harian, Berita Minggu, Business Opportunities, Business Times, Economic Bulletin, Financial Planner, Fortune, Hua Shang, International Herald Tribune, Lianhe Wanbao, Lianhe Zaobao, Productivity Digest, Retailer's Source Book, Shares Investment Facts & Figures, Shin Min Daily News, Singapore Accountant, Journal Singapore BIG, Shingapore Business, Singapre Management Reaview, Shingapore Trade News, Smart Invester, Te Xu Jung Ying, The Asian Pages The Nihon Keizai Shinbun, The Straits Times, The Sunday Times, Times Business, Today's Manager, Trade Directories, World Trade, Opportunities, Broadcast Asia, Soundworks, Television Asia, 8 Days, BIGO, Cable Vision Guide, Characters Magazine, Chinese RTV Times, City Beat, City Weekly, Glamour Backstage, Home Infotainment, I-S Magazine, C-Weekly, Info-View, Leisure Delights, Lime, Mickey Mouse, Movies & TV Weekly, Music Movie Monthly, NTUC Lifestyle, RTV Times, SCV Cable Guide, Singapore FHM...等。




タイ王国

海外(アジア地区)広報プロモートサービス =ASEAN諸国へのPR戦略に強いPR会社/MBC=


タイ王国 (Kingdom of Thailand)


PR会社/MBCの海外(アジア地区)広報プロモートサービス =タイ王国=

【経済概況(外務省ウェブサイトより)】


タイは、1980年代後半から日本を始め外国投資を梃子に急速な経済発展を遂げたが、その一方で経常収支赤字が膨張し、不動産セクターを中心にバブル経済が現出した。その後、バブル破壊に伴い不良債権が増大し、経済の悪化を背景にバーツ切り下げの圧力が高まり、1997年7月、為替を変動相場制に移行するとバーツが大幅に下落し、経済危機が発生した。タイ政府は、IMF及び日本を始めとする国際社会の支援を受け、不良債権処理など構造改革を含む経済再建に努力し、タイ政府の財政政策を含む景気対策、好調な輸出などにより低迷を続けていた経済は、その後回復基調に転じた。2001年2月に発足したタクシン政権は、従来の輸出主導に加えて国内需要も経済の牽引力とすることを訴え、農村や中小企業の振興策を打ち出した。これらの内需拡大政策の奏功と見られる個人消費の活性化等により、経済は回復し、2003年は6.9%、2004年は6.1%の成長を達成した。2005年はスマトラ沖大地震及びインド洋津波被害等により若干減速し、4.5%の成長となった。2006年は、政変の影響が危惧されたが、5.0%の成長率を達成した。


1980年代後半以降、日本企業は円高を背景に積極的にタイに進出し、タイの経済成長に貢献。現在、在バンコク日本人商工会議所への加盟企業は1,250社を数える。1997年7月に顕在化した通貨経済危機に関し、日本は大規模な資金的・人的協力を実施。日タイ経済連携協定の発効により、両国の経済関係の更なる緊密化が期待される。


【マスメディア媒体例(一部のみ掲載】


Economic Outlook, Khao Panit/Kao Panichi, Khoo Khaeng Daily, Khoo Khaeng Thurakij, Kruthep Turakij Daily, Phu Chad Karn, Prachachat Turakit, SET Daily, Sim Turakit, Thai Financial Day, Than Settakij, 100Watts, Advanced Business Corporate Thailand, Business Executive, Business in Thailand, Business Note, Business Leader, Business Review, Business World Weekend, Central Consumer News, Consumer Review, Dokbia Mag, Econ News, Fortune Thailand, GM, Golden Product, Heritage Magazine, Khoo Kaeng Mag, Klung Samong, Krungthep Turakij Weekly, Manager Magazine, Marketing Leader, Money & Banking, Nak Turakij, Nation Mag, Poojadkarn Monthly, Porfolio, Scand-Asiia, Senthang Setthi, Thailand Executive Profile, Thailand Monitor, The Executive, The Interest Business, The Interest News, The Investor, The Mirror, Today People, Trakij Kauna, Who's Who in Business & Finance in Thailand, Young Executive Magazine...等。




ベトナム社会主義共和国

海外(アジア地区)広報プロモートサービス =ASEAN諸国へのPR戦略に強いPR会社/MBC=


ベトナム社会主義共和国 (Socialist Republic of Viet Nam)


PR会社/MBCの海外(アジア地区)広報プロモートサービス =ベトナム社会主義共和国=

【経済概況(外務省ウェブサイトより)】


(1)1989年頃よりドイモイの成果が上がり始め、1995~1996年には9%台の高い経済成長を続けた。しかし、1997年に入り、成長率の鈍化等の傾向が表面化したのに加え、アジア経済危機の影響を受け、外国直接投資が急減し、また、輸出面でも周辺諸国との競争激化に晒され、1999年の成長率は4.8%に低下した。(2)2000年の成長率は6.7%、2003年は7.2%、2005年は8.4%、2007年は8.5%の成長率を達成。しかし、慢性的貿易赤字、未成熟な投資環境等、懸念材料も依然残っている。2007年より顕在化したインフレは、2008年に入り一層深刻化してきており、ベトナム政府は2008年の経済成長目標を8.5%~9%から7%に下方修正し(2008年5月)、金利引上げ、財政支出抑制等の引き締め政策に方向転換しつつある。(3)近年ベトナムは一層の市場経済化と国際経済への統合を押し進め、2007年1月11日、WTO正式加盟を果たした。


(1)対日貿易(2007年速報)(イ)貿易額 輸出 61.4億ドル(対前年比+17.4%) 輸入 61.2億ドル(対前年比+30.2%) (ロ)品目 輸出 原油、水産物、縫製品 輸入 機械類、鉄鋼、電気機器

(2)日本からの直接投資(1988年から2007年末までの累計投資額) 928件、総額90.4億ドル(認可額)

(3)JETRO事務所開設(1993年9月)、OECF(現JBIC)事務所開設(1995年1月)、JICA事務所開設(1995年5月)、経団連代表団訪越(1993年2月/1994年4月/1995年2月/1996年9月/2000年10月/2002年4月/2006年2月/2006年11月)


【マスメディア媒体例(一部のみ掲載】


Tin Tai Chinh&Thi, Truong, Thoi Bao Tai Chinh Viet Nam, Banking Review, Thoi Bao Ngan Hang, Dau Tu, Vietnam Investment Review, Thuong Mai, Dien Dan Doanh Nghiep, Doanh Nghiep, Ban Tin Thi Truong, Kinh Doanh & Phap Laut, Tho Bao Kinh Te Viet Nam, Vietnam Economic Times, Thoi Bao Kinh Te Saigon, Saigon Times, Thong tin Ngan hang, Cong thuong Viet Nam, Tuoi Tre Cuoi, Man Anh San Khau Hanoi, Dien Anh Kich Truong, Dien Anh Thanh Pho Ho Chi Minh, Nghe Thaut Thu Bay, Am Nhac, Nhiep Anh, Dien Anh Viet Nam, Nghe Thuat Dien Anh, San Khau, Van Hoa Nghe Thuat, Van Hoa, Van Nghe, Tap Chi Van Hoc, Van Nghe Quen Doi, Bao Phu Nu Viet Nam, Phu San Bao Phu Nu, Viet Nam, Phu Nu Thu Do, Bao,Phu Nu Thanh Pho, Ho Chi Minh, Tap Chi Thoi Trang Tre, Mot Va Cuoc Song...等。




海外(アジア地区)広報プロモートサービス

海外(アジア地区)広報プロモートサービス =ASEAN諸国へのPR戦略に強いPR会社/MBC=


海外(アジア地区)広報プロモートサービスのコンセプト


アジア圏に進出する企業様向けに、ローカルメディアからの取材獲得をいたします。


ASEAN加盟諸国をはじめとするアジア圏各国への投資・企業進出が熱を帯びています。PR会社/メディアブリッジコンサルティング株式会社では、アジア各国にPRスタッフを配置すると共に、現地報道関係者、PR会社と提携を結び、効果的なアジアエリアローカルのPR活動を支援いたします。


PR会社/MBCの海外(アジア地区)広報プロモートサービスモデル図


海外(アジア地区)広報プロモートサービスの対象となる国


ベトナム社会主義共和国 (Socialist Republic of Viet Nam)

PR会社/MBCの海外(アジア地区)広報プロモートサービス =ベトナム社会主義共和国=

【経済概況(外務省ウェブサイトより)】


(1)1989年頃よりドイモイの成果が上がり始め、1995~1996年には9%台の高い経済成長を続けた。しかし、1997年に入り、成長率の鈍化等の傾向が表面化したのに加え、アジア経済危機の影響を受け、外国直接投資が急減し、また、輸出面でも周辺諸国との競争激化に晒され、1999年の成長率は4.8%に低下した。(2)2000年の成長率は6.7%、2003年は7.2%、2005年は8.4%、2007年は8.5%の成長率を達成。しかし、慢性的貿易赤字、未成熟な投資環境等、懸念材料も依然残っている。2007年より顕在化したインフレは、2008年に入り一層深刻化してきており、ベトナム政府は2008年の経済成長目標を8.5%~9%から7%に下方修正し(2008年5月)、金利引上げ、財政支出抑制等の引き締め政策に方向転換しつつある。(3)近年ベトナムは一層の市場経済化と国際経済への統合を押し進め、2007年1月11日、WTO正式加盟を果たした。


(1)対日貿易(2007年速報)(イ)貿易額 輸出 61.4億ドル(対前年比+17.4%) 輸入 61.2億ドル(対前年比+30.2%) (ロ)品目 輸出 原油、水産物、縫製品 輸入 機械類、鉄鋼、電気機器

(2)日本からの直接投資(1988年から2007年末までの累計投資額) 928件、総額90.4億ドル(認可額)

(3)JETRO事務所開設(1993年9月)、OECF(現JBIC)事務所開設(1995年1月)、JICA事務所開設(1995年5月)、経団連代表団訪越(1993年2月/1994年4月/1995年2月/1996年9月/2000年10月/2002年4月/2006年2月/2006年11月)


【マスメディア媒体例(一部のみ掲載】


Tin Tai Chinh&Thi, Truong, Thoi Bao Tai Chinh Viet Nam, Banking Review, Thoi Bao Ngan Hang, Dau Tu, Vietnam Investment Review, Thuong Mai, Dien Dan Doanh Nghiep, Doanh Nghiep, Ban Tin Thi Truong, Kinh Doanh & Phap Laut, Tho Bao Kinh Te Viet Nam, Vietnam Economic Times, Thoi Bao Kinh Te Saigon, Saigon Times, Thong tin Ngan hang, Cong thuong Viet Nam, Tuoi Tre Cuoi, Man Anh San Khau Hanoi, Dien Anh Kich Truong, Dien Anh Thanh Pho Ho Chi Minh, Nghe Thaut Thu Bay, Am Nhac, Nhiep Anh, Dien Anh Viet Nam, Nghe Thuat Dien Anh, San Khau, Van Hoa Nghe Thuat, Van Hoa, Van Nghe, Tap Chi Van Hoc, Van Nghe Quen Doi, Bao Phu Nu Viet Nam, Phu San Bao Phu Nu, Viet Nam, Phu Nu Thu Do, Bao,Phu Nu Thanh Pho, Ho Chi Minh, Tap Chi Thoi Trang Tre, Mot Va Cuoc Song...等。


タイ王国 (Kingdom of Thailand)

PR会社/MBCの海外(アジア地区)広報プロモートサービス =タイ王国=

【経済概況(外務省ウェブサイトより)】


タイは、1980年代後半から日本を始め外国投資を梃子に急速な経済発展を遂げたが、その一方で経常収支赤字が膨張し、不動産セクターを中心にバブル経済が現出した。その後、バブル破壊に伴い不良債権が増大し、経済の悪化を背景にバーツ切り下げの圧力が高まり、1997年7月、為替を変動相場制に移行するとバーツが大幅に下落し、経済危機が発生した。タイ政府は、IMF及び日本を始めとする国際社会の支援を受け、不良債権処理など構造改革を含む経済再建に努力し、タイ政府の財政政策を含む景気対策、好調な輸出などにより低迷を続けていた経済は、その後回復基調に転じた。2001年2月に発足したタクシン政権は、従来の輸出主導に加えて国内需要も経済の牽引力とすることを訴え、農村や中小企業の振興策を打ち出した。これらの内需拡大政策の奏功と見られる個人消費の活性化等により、経済は回復し、2003年は6.9%、2004年は6.1%の成長を達成した。2005年はスマトラ沖大地震及びインド洋津波被害等により若干減速し、4.5%の成長となった。2006年は、政変の影響が危惧されたが、5.0%の成長率を達成した。


1980年代後半以降、日本企業は円高を背景に積極的にタイに進出し、タイの経済成長に貢献。現在、在バンコク日本人商工会議所への加盟企業は1,250社を数える。1997年7月に顕在化した通貨経済危機に関し、日本は大規模な資金的・人的協力を実施。日タイ経済連携協定の発効により、両国の経済関係の更なる緊密化が期待される。


【マスメディア媒体例(一部のみ掲載】


Economic Outlook, Khao Panit/Kao Panichi, Khoo Khaeng Daily, Khoo Khaeng Thurakij, Kruthep Turakij Daily, Phu Chad Karn, Prachachat Turakit, SET Daily, Sim Turakit, Thai Financial Day, Than Settakij, 100Watts, Advanced Business Corporate Thailand, Business Executive, Business in Thailand, Business Note, Business Leader, Business Review, Business World Weekend, Central Consumer News, Consumer Review, Dokbia Mag, Econ News, Fortune Thailand, GM, Golden Product, Heritage Magazine, Khoo Kaeng Mag, Klung Samong, Krungthep Turakij Weekly, Manager Magazine, Marketing Leader, Money & Banking, Nak Turakij, Nation Mag, Poojadkarn Monthly, Porfolio, Scand-Asiia, Senthang Setthi, Thailand Executive Profile, Thailand Monitor, The Executive, The Interest Business, The Interest News, The Investor, The Mirror, Today People, Trakij Kauna, Who's Who in Business & Finance in Thailand, Young Executive Magazine...等。


シンガポール共和国 (Republic of Singapore)

PR会社/MBCの海外(アジア地区)広報プロモートサービス =シンガポール共和国=

【経済概況(外務省ウェブサイトより)】


2001年 建国以来最悪の成長率(マイナス1.9%)

(米国経済の減速、世界的な電子関連需要の減退の影響)

2002年 2.2%のプラス成長(2Q以降、プラス成長に)

2003年 前半はSARSの影響により低迷したが、後半はやや持ち直し1.1%のプラス成長を達成。

2004年 8.4%のプラス成長。経済の回復を示唆している。

2005年 製造業、サービス業等の内需拡大により、6.4%のプラス成長。

2006年 製造業、建設業、サービス業等の内需拡大により、7.9%のプラス成長。


(1)対日貿易

(イ)主要対日貿易品目

輸出:機械機器、揮発油等石油製品

輸入:半導体等電子部品、事務用機械

(ロ)貿易額(単位:10億円)

輸出:627(2002)、629(2003)、680(2004)、739(2005)、870(2006)

輸入:1,775(2002)、1,716(2003)、1,945(2004)、2,035(2005)、2,250(2006)

(我が国はシンガポールにとって第6位の貿易相手国)

(2)直接投資(百万ドル)

(イ)対内直接投資

115(2002)、329(2003)、389(2004)、598(2005)、1,062(2006)

(ロ)対外直接投資

1,884(2002)、-452(2003)、138(2004)、557(2005)、375(2006)

(我が国はシンガポールにとって第3位の投資国)


【マスメディア媒体例(一部のみ掲載】


Asia Insurance Review, BBA News, Berita Harian, Berita Minggu, Business Opportunities, Business Times, Economic Bulletin, Financial Planner, Fortune, Hua Shang, International Herald Tribune, Lianhe Wanbao, Lianhe Zaobao, Productivity Digest, Retailer's Source Book, Shares Investment Facts & Figures, Shin Min Daily News, Singapore Accountant, Journal Singapore BIG, Shingapore Business, Singapre Management Reaview, Shingapore Trade News, Smart Invester, Te Xu Jung Ying, The Asian Pages The Nihon Keizai Shinbun, The Straits Times, The Sunday Times, Times Business, Today's Manager, Trade Directories, World Trade, Opportunities, Broadcast Asia, Soundworks, Television Asia, 8 Days, BIGO, Cable Vision Guide, Characters Magazine, Chinese RTV Times, City Beat, City Weekly, Glamour Backstage, Home Infotainment, I-S Magazine, C-Weekly, Info-View, Leisure Delights, Lime, Mickey Mouse, Movies & TV Weekly, Music Movie Monthly, NTUC Lifestyle, RTV Times, SCV Cable Guide, Singapore FHM...等。


フィリピン共和国 (Republic of the Philippines)

PR会社/MBCの海外(アジア地区)広報プロモートサービス =フィリピン共和国=

【経済概況(外務省ウェブサイトより)】


 アジア通貨危機以降は緩やかな回復基調。2006年のGDP成長率は5.4%で、年初の政府目標(5.5-6.1%)を下回った。今後、持続的な成長を維持していくには、経済構造改革、財政赤字解消、不良債権処理、治安回復によるフィリピン経済への信頼回復が課題である。一方、2006年の実質GNP成長率は、海外労働者送金の堅調な増加により6.2%を記録した。


(1)日本の対比貿易

(イ)貿易品目

輸入 電気機器、一般機械、食料品

輸出 電気機器、一般機械、原料別製品

(ロ)貿易額(財務省貿易統計、億円)

輸入 7,762(2000年)、 7,790(2001年)、8,140(2002年)、8,155(2003年)、8,922(2004年)、8,500(2005年)、9,257(2006年)

輸出 11,057(2000年)、 9,951(2001年)、10,578(2002年)、10,419(2003年)、10,382(2004年)、9,996(2005年)、10,479(2006年)

収支 +3,295(2000年)、 +2,161(2001年)、+2,438(2002年)、+2,264(2003年)、+1,460(2004年)、+1,496(2005年)、-1,222(2006年)

(2)日本からの対比投資(比側統計、億ペソ)

(イ)直接投資

18.1(2000年)、16.7(2001年)、3.9(2002年)、7.4(2003年)、9.5(2004年)、116.6(2005年)

(ロ)輸出加工区への投資(比側統計、億ペソ)

146.4(2000年)、196.8(2001年)、162.3(2002年)、77.2(2003年)、244.7(2004年)、156.9(2005年)


【マスメディア媒体例(一部のみ掲載】


The Business Daily, The Manila Bulletin, The Philippine Daily, Inquirer, The Philippine Star, The Phil Post, Business World, Kabayan, United Daily News, World News, Boom Magazine, Portfolio, Trade Opportunities in The Philippines, integrated Business Magazine, Pholippines Business, The Asian Manager, Bangko Sentral Review, World Executive's Digest Phil BIG, The Business Daily, Business World, Chinesse Commercial News, All-Star Weekly, Arista Magazine, Bannawag Magazine, Bisaya Magazine, Celebrity World Magazine, Fame Magazine, Hiligaynon Magazine, Jingle Chordbook, Music Magazine, Jingle TV Guide, Liwayway Magazine, Mirror Weekly, Mod Magazine, Movie Idol Magazine, Movie Flash, Movie Star Magazine, New Fame Magazine, Blitz Magazine, Giltter Magazine, Guide Magazine, Savvy Magazine, Channels, Look Magazine, Mega Magazine, Max Magazine, Metro, Metro The City Life...等。


マレーシア (Malaysia)

PR会社/MBCの海外(アジア地区)広報プロモートサービス =マレーシア=

【経済概況(外務省ウェブサイトより)】


1986年以降、外貨の積極的な導入による輸出指向型工業化政策を推進し、高度成長を達成。1997年に通貨・金融危機による経済困難に直面。IMFの支援を仰がずに独自の経済政策を推進。1998年9月に為替管理措置を導入したが、2005年7月に廃止。1998年にマイナス成長を記録したが、製造業を中心に回復。1999年以降、プラス成長を維持。


(1)対日貿易

(イ)品目

輸出:機械機器、LNG等鉱物性燃料、木材等,

輸入:半導体等電子部品、一般機械、鉄鋼等

(ロ)貿易額(財務省統計、単位:億円)

輸出(マレーシア→日本):15,627(2000年)、15,613(2001年)、14,014(2002年)、14,580(2003年)、15,263(2004年)、16,184(2005年)、18,012(2006年)、20,469(2007年)

輸入(日本→マレーシア):14,966(2000年)、13,372(2001年)、13,776(2002年)、13,017(2003年)、13,593(2004年)、13,829(2005年)、15,370(2006年)、17,690(2007年)

(2)日本からの直接投資(財務省統計、単位:億円)

658(1998年度)、586(1999年度)、256(2000年度)、320(2001年度)、98(2002年度)、523(2003年度)、135(2004年度)、581(2005年度)


【マスメディア媒体例(一部のみ掲載】


Gold Standard, Sojourn, The Park, Akauntan Nasional, Business & Industry, Business Management, Business Guide, Business World, Certified Management, Digest, Dewan Ekonomi, Executive Today, Investors Digest, Malaysia Business, Malaysian Enterprise, Malaysia Export, New Reality, Smart Investor, WWIMB, Asia Times, Berita Harian, Berita Minggu, Berita Petang Sarawak, Borneo Mail, Borneo Post, Business Times, China Press, Chinese Daily News, Daily Express, Dewan Ekonomi, Dewan Kosmik, Dewan Masyarakat, Guang Ming Daily, Harian Metro, Hwa Chiaw Jit Pao, International Times, Kwong Wah Yit Poh, Makkal Osai, Malay Mail, Malaysia Daily News, Malaysian Nanban, Metro, Mingguan Malaysia, Miri Daily News, Morning Post, Mun Sang Poh, Nanyang Siang Pau, New Life Post, New Straits Times, New Straits Times Annnual, New Sunday Times, Sarawak Tribune, See Hua Daily News, Sunday Mail, Sunday Star, Tamil Nesan, The Edge, The Malay Mail, The Miri Daily, The People's Mirror, The Star, The Sun, The Sun Magazine, Thinamurasu, Utusan Malaysia, Utusan Melayu, Utusan Sarawak, Utusan Zaman, Metrovision, Radio Television Malaysia, Sistem Television, Malaysia Berhad...等。


インドネシア共和国 (Indonesia)

PR会社/MBCの海外(アジア地区)広報プロモートサービス =インドネシア=

【経済概況(外務省ウェブサイトより)】


1997年7月のアジア通貨危機後、政府はIMFとの合意に基づき、経済構造改革を断行。2004年末から2005年初めにかけて個人消費や輸出に支えられ経済は好調であったが、その後、石油燃料価格の値上げに端を発するインフレと高金利により成長率は鈍化。2006年は、インフレ率・金利の低下に伴い、消費が回復し、また過去最高額を記録するなど輸出が好調だったこともあり、経済は回復基調となった。2007年も引き続き好調を維持。民間消費、輸出に加え内外投資が活発であった。


【マスメディア媒体例(一部のみ掲載】


Vijay TV, Doordarshan Kendra DD Metro, Raj TV, Sun TV, Zee TV, TV-18, ANI, NEPC Television, Rediffusion, Bisnis Indonesia, Kompas, Indonesian Observer, Merdeka, Neraca, Republika, Suara Pembaruan, Berita Buana, Harian Indonesia, Pelita, Pikiran Rakyat, Suara Merdeka, Jawa Pos, Mimbar Umum, Sinar Indonesia Baru, Waspada, Jakarta Post, Indonesian Observer, Republika, Berita Buana, Suara Karya, Suara Pembaruan, Media Indonesia, Kompas, Merdeka, Harian Indonesia, Terbit, Pelita, Neraca, Sinar Pagi, Pos Kota, Suara Bangsa, Bisnis Indonesia, Pikiran Rakyat, Bandung Pos, Mandala, Gala, Suara Merdeka, Wawasan, Jawa Pos, Surabaya Pos, Suara Indonesia, Surya, Memorandum, Bhirawa, Karya Dhrma, Berita Nasional, Yogya Pos, Analisa, Waspada, Medan Pos, Garuda, Mimbar Umum, Sinar Indonesia Baru, Bukit Barisan, Sriwijaya Post, Serambi Indonesia, Singgalang, Haluan, Semangat, Riau Post, Semarak, Lampung Pos, Akcaya, jDinamika, Pembangunan, Banjarmasin Post, Dinamika Berita, Samarinda Suara Kaltim, Bali Post, Manado Post, Pedoman Rakyat, Fajar...等。


香港/マカオ (Hong Kong/Macau)

PR会社/MBCの海外(アジア地区)広報プロモートサービス =香港=

PR会社/MBCの海外(アジア地区)広報プロモートサービス =マカオ=

【経済概況 香港(外務省ウェブサイトより)】

【経済概況 マカオ(外務省ウェブサイトより)】


「香港」・・・(1)香港経済はアジア経済危機に伴う景気後退から脱却し、2005年にはデフレを克服し失業率も低下傾向にある。2003年にはSARSの発生により、運輸、観光、飲食業など香港経済全体が影響を受けたが、同年6月以降顕著な改善を見せ、2004年の実質経済成長率は7.5%に達した。2005年は、2004年に続く輸出と内需の好調で、7.3%(速報値)の成長率を記録した。2005年のコンテナ取扱量は、シンガポールにトップの座を明け渡し、6年連続世界一とはならなかった。一方、香港政府は、香港の国際金融センターの地位確保に力を入れており、マネーロンダリングへの監視を強化している。また、2005年11月2日の立法会決議により、2006年2月11日から相続税が廃止された。財政収入減少と引き替えに、金融市場・不動産市場への投資が増加することが見込まれている。


(2)大陸との経済関係では、CEPA(経済緊密化協定)の締結により、香港と中国本土(特に珠江デルタを中心とする華南地域)との経済一体化の更なる促進が期待されていた(CEPAは、モノの貿易、サービス貿易及び貿易・投資の円滑化の3分野からなる)。しかし、協定締結から2年たち、CEPA認定企業が大陸で優遇されず、大陸でWTOの取り決めが順次履行されることなどから、CEPAの意義低下が懸念されている。また、2003年より北京、上海、広東省一部地域住民等の香港への自由旅行が解禁され、大陸からの入境者が増加している。2005年の大陸から香港への入境者はのべ約1,254万人で、2005年9月の香港ディズニーランド開園効果もあってか、前年より約30万人増加した。同年、香港から大陸への出境者はのべ約6,267万人に上った(入出いずれも香港特別行政区政府統計)。大陸に長期滞在する香港人は、約29万人と推計され、居住地域は広東省に一極集中している。


「マカオ」・・・(イ)主要経済指標

2004年のGDP総額は103億米ドル、1人当たりのGDPは22,557米ドル(マカオ経済局調べ)。 主要貿易相手国・地域(2003年:マカオ経済局資料)

輸出:(1)米国(48.4%)、(2)中国(15.6%)(3)独(7.5%)...日本(0.6%)

輸入:(1)中国(41.7%)、(2)香港(14.5%)(3)日本(6.7%)

(ロ)観光・カジノ産業

従来より、観光及びカジノ産業が大きな地位を占める(GDPの約4割、政府歳入の約7割)。香港資本等により、1970年代より繊維産業が、1980年代に入り玩具、電気・電子産業が発展したが、その後、華南地域のより低廉な労働力との競争により、第2次産業の占めるシェアは低下。カジノは返還後も営業・存続しているが、2002年2月、マカオSAR政府はカジノ経営権の国際入札結果を発表し、従来より独占経営権を有していたマカオ旅游娯楽有限公司の他、新規企業2社が同経営権を獲得し、その内の1社が2004年5月よりカジノ営業を開始。

(ハ)マカオ空港

1995年11月、マカオ空港が開港。マカオ航空の他、中国、台湾、シンガポール、北朝鮮等の航空会社が乗り入れており、中国大陸各地や台湾を中心に定期航空路線がある。


【マスメディア媒体例(一部のみ掲載/香港マカオ共通】


Apple Daily, Asian Wall Street, Journal, China daily, Financial Times, Hong Kong, Commercial Daily, Hong Kong Daily News, Hong Kong Economic Journal, Hong Kong Economic Times, Hongkong Standard, International Herald Tribune, Ming Pao Daily News, Nikkei, Oriental Daily News, Sing Pao Daily News, Sing Tao Jih Pao, South China Morning Post, Sunday Morning Post, Ta Kung Pao, Tin Tin Daily News, Wen Wei Po, Metro Broadcast Corp Hong Kong, Commercial Broadcasting, Tadio Television Hong Kong, Star Radio, Chinese Television Network, TVB Super Channel, Hong Kong Cable TV Ltd, Asia Television Ltd, Television Broadcasts Ltd, Satellite TV Asia, Region Phoenix Satellite TV, Asian Wall Street Journal, Amcham Magazine, Asia inc, Asiamoney, Asian Business, Asiaweek, AP-Dow Jones News Service, Banking World Hong Kong, Business PRC, Benchmark, Business Week International, Bloomberg Business News, Butterworths-Hong Kong Lawyer, Capital China Daily, Economic Reporter, Economy and Law Financial Times Far Eastern Economic Review, Fobes Magazine, Fortune, Global Trader China, Hong Kong Economic Journal, Hong Kong Economic Times, Hon Kong Industrialist, Hong Kong Business, Hong Kong Week, Hong Kong General Chamber of Commerce Bulletin, International Market News, Institutional Investor, Yazhou Zhoukan, Target Intelligence Report...等。


中華人民共和国 (People's Republic of China)

PR会社/MBCの海外(アジア地区)広報プロモートサービス =中華人民共和国=

【経済概況(外務省ウェブサイトより)】


(1)2007年の中国の国内総生産額(名目額)は、約3兆4,000億ドル、実質成長率11.9%で5年連続で2ケタ成長。中国政府による引き締め政策の実施にもかかわらず、成長率は目標(8%前後)を大幅に超過。(2)一方、都市と農村の経済格差の拡大、金融、エネルギー、環境、社会保障等、多くの課題も抱えている。


(1)日中貿易(財務省統計に基づく日本貿易振興機構(JETRO)換算)

(イ)貿易額 (2007年)

対中輸出 1,091億ドル

対中輸入 1,276億ドル 計2,367億ドル

(ロ)主要品目

対中輸出 電気機器、一般機械、化学製品

対中輸入 機械機器、繊維製品、食料品

(2)日本からの直接投資

1979年から2007年末までの累計615.5億ドル(実行ベース、中国側統計)


【マスメディア媒体例(一部のみ掲載】


21st Century, Anhui Economic Newspaper, Anhui Ribao, Business Beijing, Business News, Business Weekly, Cankao Xiaoxi, China Business, China Business Daily, China Commercial News, China Consumers News, China Enterprises News, China Financial and Economic News, China Golden News, China Securities, China Statistics, China Tax News, China Township Enterprises Daily, China Trada News, Chongqing evening News, Consumer Times, Dalian International News, Dazhong Ribao, Directors&Managers Daily, Economic Geography, Economic Reference, Entrepreneurs' Market, Fast Information Daily, Financial Times, Foreign Investment in China, Frends of Prospertiy, Fujian Business News, Fujian Economic Newspaper, Fujian Ribao, Fuzhou Evening News, Guangzhou Ribao, Guanxi Daily, Hainan Ribao, Hainan Special, Economic Zone Newspaper, Hebei Economic Daily, Hebei Population Daily Information Service Newspaper, International Business Daily, International Commercial News, International Economy&TradeInformation,Jingji Ribao, Jinrong Shibao, Jinrong Zaobao, Liaoning Economic daily, Market Daily, Privately-Owned Economy News, Qinghai Economic News, Shanghai Economic Newspaper, Shanghai Trada, Shantou Special, Economic Zone Newspaper, Anhui TV Station, Baoding TV Station, Beijing Cable Television, Beijing TV Station, Changsha TV Station, Changzhou TV Station, Chaozhou TV Station...等。


中華民国 =台湾= (Republic of China =Taiwan=)

PR会社/MBCの海外(アジア地区)広報プロモートサービス =台湾=

【経済概況(外務省ウェブサイトより)】


中華民国は、実効統治する台湾地区が旧日本領であったなど日本と歴史的に関係が深く、地理的にも日本に近いことから、貿易をはじめとした経済的交流が非常に強い。その象徴として、台北の台北国際金融センタービルは日本の熊谷組を中心としたJV(共同事業体)が施工している他、日本の新幹線の信号・車両技術を導入した台湾高速鉄道(台湾新幹線)も台北~高雄間に運行中である。また、多くの日本企業が進出しているだけでなく、中華民国の企業も日本に進出している。


【マスメディア媒体例(一部のみ掲載】


Bridge Financial News, China Times Weekly, Chinese Times, Consumer Reports, Free China Review, Global Views Monthly, Mei-Hwa Report, Sinorama Magazine, Taiwan Weekly, The Journalist, Today's China, Central Daily News, Chien Kuo Daily News, China Daily, China Daily News, China Evening News, China Times, China Times Express, Commercial Times, Da-min News, Gwoyeu Ryhbaw, Hsin Sheng Pao, Keng Sheng Daily News, Les Echos De La, Republique de Chine, Lianhe Zaobao, Liberty Times, Min Chung Daily News, Matsu Daily, Min Sheng Pao, Pacific Daily News, Tapei Times, Taiwan Daily News, Taiwan Justice Daily News, Taiwan Lih Pao, Taiwan Shin Wen Daily News, Taiwan Times, The China News, The China Post, The Children Daily News, The Free China Journal, The Great News, The Independence Evening News, The Independence Morning News, Tycoon Information Inc, Traders Express, United Daily News, United Evening News, Wealth News, World Tribune, China Television Company, Chinese Television System, Formosa TV, Overseas Radio&TV Inc, Public TV, Star TV Ltd, Taiwan Television Enterprise, The Broadcasting Corporation of China...等。




iPhone

iPoneを購入しました。単なる勢いで。


会社の携帯電話を6台ほど購入したのですが、ビックカメラに行ったら店員さんに「iPhone入荷しましたけどどうですか?」と言われて、1台だけ購入してしまいました。というか、1台しか購入出来ない状況でした。


実際の使い勝手は・・・


iPod Touchと一緒ですねやっぱ。 ここしばらくもらい物のiPod Touch使っていましたので、 すんなりと使用することはできました。


でも、WIFIなしで、いつでもどこでも現在地地図や経路地図、ウェブブラウジングが できるのは便利ですね。


ただ社員の皆には「社長がまた変なおもちゃをゲットした」と 半ばあきれられています。。。






PR会社MBCがご提供するテレビPRに強いクロスメディア型総合PR支援メニュー!「トータルPRサービス」

注目のサービス → 総合PR支援『トータルPRサービス』の詳細を見てみる

活動費が要らない!成果報酬ベースの単発テレビPR!「スポット型テレビPRサービス」

注目のサービス → 『スポット型テレビPRサービス』の詳細を見てみる


-------------------------------------------------------------------------
-------------------------------------------------------------------------

民放キー局:女性アナ5人が出演する北京五輪放送CMが完成 平井アナは「泣きました」

◆◆PR News 本日のPick Up◆◆


間近に迫った北京五輪の民放テレビ放送をPRするCMが制作され、23日に東京都内で発表された。鈴江奈々・日本テレビアナウンサーと平井理央・フジテレビアナウンサー、武内絵美・テレビ朝日アナウンサー、高畑百合子・TBSアナウンサー、大橋未歩・テレビ東京アナウンサーの5人の民放各局代表の女子アナウンサーは、それぞれ「叫」などの漢字1文字を顔を大写しにした表情で表現し、それが続けて流される内容のCMに仕上がっている。


民放キー局:女性アナ5人が出演する北京五輪放送CMが完成 平井アナは「泣きました」の続きを読む

書籍出版プロモートサービス =企業PR目的での書籍出版支援=

書籍出版プロモートサービス =企業PR目的での書籍出版支援=


書籍出版プロモートサービスのコンセプト


ブランディング、売上向上、知名度向上・・・書籍出版で御社の問題解決を致します。


【書籍出版プロモートサービス】とは、PR会社としてのMBCのマスメディアコネクションを利用して、クライアント企業(個人)を著者とする書籍出版を実現化させる支援サービスのことです。ご存じの通り、書籍を出版することは企業経営者や個人にとって大変なブランディングになるばかりか、創業記念日などの節目に企業理念や社史に基づいた書籍を出版することで、社員へのモチベーションアップやリクルーティング活動の成功への足がかりになります。そしてもちろん、商品やサービスを販売するための効果的なPR手法の1つとして、書籍の出版は大変な効果を見込むことが出来ます。


PR会社/MBCの書籍出版プロモートサービスモデル図


『書籍出版プロモートサービス』 3つの特徴


【特徴1】商業出版を常にプライオリティーとして活動します。

PR会社/MBCの書籍出版プロモートサービス【特徴1】商業出版を常にプライオリティーとして活動します。

出版プロモートサービスの多くは、商業出版ではなく自費出版によるサービスの展開を行っております。弊社の出版プロモートサービスは、あくまでも商業出版にこだわり、クライアントの書籍が実際に全国の書店に流通させることを目標としております。その分、出版企画内容が厳しく審査されることになるので、全ての企画が出版されるとは限りませんが、自費出版は出来るだけ避けるように活動を致します。



【特徴2】わかりやすい料金体系を提示しています。

PR会社/MBCの書籍出版プロモートサービス【特徴2】わかりやすい料金体系を提示しています

MBCの書籍出版プロモートサービスでは、出来るだけわかりやすい料金体系をセットアップすることで、クライアント企業(個人)様に負担がなるべくかからないように配慮させていただきました。出版までにクライアント様がお支払いする費用は着手金20万円のみで、その後は、実際に出版に成功した際の印税40%を課金させていただくことになります。印税からの課金は実際に出版に至らなかった場合は一切必要としないので、非常に安全且つ明確なお取引料金体系となっております。



【特徴3】企画書作成も全て弊社にお任せ。必要ならばライターもご用意します。

PR会社/MBCの書籍出版プロモートサービス【特徴3】企画書作成も全て弊社にお任せ。必要ならばライターもご用意します

出版支援サービスの多くのスタンスが「本を出したいあなた自身で企画書を書いてきなさい」というものです。しかし弊社の書籍出版支援サービスでは、出版プロデュースに関してベテランの企画作成担当者が、直接、クライアント様からのお話をインタビューで吸い上げさせていただいた後、弊社サイドで企画書そのものを全て制作させていただきます。よって、企画書を作るという基礎的段階で躓いてしまっていたクライアント企業(個人)様も、楽々出版準備に取りかかることができます。また「企画がせっかく通っても、自分自身で原稿を書く自信や時間がない」、という場合には、弊社がベテランのゴーストライターをご用意させていただく事が可能です(※別途料金が発生いたします)。




タイムズスクエアビルの最上部、東芝がLEDスクリーン

◆◆PR News 本日のPick Up◆◆


東芝は16日、年越しイベントなどで有名な米ニューヨーク州マンハッタンのブロードウエーにある「ワン・タイムズスクエア・ビル」の外壁最上部に、自社製の広告用巨大発光ダイオード(LED)スクリーンが設置されたと発表した。


タイムズスクエアビルの最上部、東芝がLEDスクリーンの続きを読む

月刊誌「論座」:休刊へ

◆◆PR News 本日のPick Up◆◆


朝日新聞社は15日、月刊誌「論座」を9月1日発売の10月号を最後に休刊すると発表した。


月刊誌「論座」:休刊への続きを読む

雑誌の楽しみを見直す

10日近く入院してしまいました。


長期の睡眠不足が重り過労が原因となって身体の抵抗力が下がっていたらしく、そこにウイルスがさくっと私の体を蝕んだようです。3日以上も熱が39度から下がらず、このままだと子孫が残せない体になってしまう(!)と思い、病院に立ち寄ったら「ここじゃ治せない。すぐ大学病院を紹介するから」と言われて、そのまま搬送→収監(入院)となりました。


入院の間10日間近くも屋内にひっこみっぱなしだったのですが、入院期間の中盤からは体調もかなり良くなり、院内探検などをしていました。すると院内にあるんですね、ローソンが。最近の病院は便利です。おかげで、病院食を食べさせられているのにもかかわらず、買い食いをしまくっていましたが・・・。


で、やはり入院生活というのは本当にやることがない。そこで、病院内にあるローソン(一応24時間営業)の雑誌新聞を片っ端から購入することに決めました。全読破してやろうということです。


そうと決めたら、すぐに1日10冊程度の雑誌を買い込み、しかも、できるだけこれまでふれたことのない雑誌をどんどん購入していきました。女性誌や料理雑誌、僕にはコンセプトがあまりよくわからないライフスタイル雑誌から、教育、子育て、時計、服、中年専門ライフスタイル誌、ギャンブル誌、アダルト誌なんでも御座れでした。


これらを乱読するわけです。すると、インターネットサーフィン(←今この言葉使うのでしょうか?)というか、ネットブラウジングやRSSリーダーに飛び込んでくる情報よりもずっと楽しいわけです。知的好奇心を振るわす・・・というかなんというか。要は「深いなあ」と思うわけです。


雑誌の素晴らしいところは、欲しい情報以外の雑多な情報も自然目に飛び込んでくるように作られていることでしょうか。それと、やはり情報の深度が素人発信のネットとは違う。やっぱりプロのお仕事なんですよね。プロの仕事だから深い訳です。「深イイ」のです。


世の中では「雑誌離れ」が随分進んでしまっており、もう役目が終わりつつあるメディアであるとも言われています。2007年の販売額は業界全体で十年連続の前年割れ。出荷した三冊のうち一冊は出版社に返本されているそうです。


それでも雑誌、今更ながらじっくり見直してみると凄くいいですよ。情報雑誌等では即時性に勝るインターネットに軍配が上がりますが、1つのテーマをプロがしっかり深掘りしてレポートしてくれる。これは雑誌ならではの楽しさですよね。その中には、雑誌を手に取る前には予想もしなかった知識がちりばめられており、我々のようなPRマンは、再度、雑誌の強みというものを考えなおして、勉強し直すべきではないのかな・・・と強く思ってしまった次第であります。








PR会社MBCがご提供するテレビPRに強いクロスメディア型総合PR支援メニュー!「トータルPRサービス」

注目のサービス → 総合PR支援『トータルPRサービス』の詳細を見てみる

活動費が要らない!成果報酬ベースの単発テレビPR!「スポット型テレビPRサービス」

注目のサービス → 『スポット型テレビPRサービス』の詳細を見てみる


-------------------------------------------------------------------------
-------------------------------------------------------------------------

バドワイザー、買収提案を受け入れ 世界シェア25%のトップ誕生へ

◆◆PR News 本日のPick Up◆◆


著名ブランド「バドワイザー」で知られる米ビール最大手のアンハイザー・ブッシュは13日、ビール世界2位でベルギーを本拠にするインベブからの買収に合意した。米紙ウォールストリート・ジャーナル(電子版)が報じた。買収総額は約500億ドル(約5兆300億円)。英SABミラーを追い抜き、世界シェアの4分の1を握る巨大ビールメーカーが誕生する。  新会社の社名は「アンハイザー・ブッシュ・インベブ」。両社を合わせた売上高は360億ドルに上る。


バドワイザー、買収提案を受け入れ 世界シェア25%のトップ誕生への続きを読む

ダイレクト・マーケティング

[マーケティング戦略用語]

ダイレクト・マーケティングの続きを読む

タイムシェアリング・システム

[経営戦略用語]

タイムシェアリング・システムの続きを読む

タイム・ラグ

[経済戦略用語]

タイム・ラグの続きを読む

タイムフェイズ

[マーケティング戦略用語]

タイムフェイズの続きを読む

ターンアラウンド・システム

[経営戦略用語]

ターンアラウンド・システムの続きを読む

ビール事業 黒字化圏内 3位サントリー 46年目、高級路線も好調

◆◆PR News 本日のPick Up◆◆


今年上半期のビール類出荷量シェアでサッポロビールを抜き、初めて三位となったサントリーにとって、ビール事業の黒字化という悲願も達成圏内に入ってきた。同社は三位浮上を追い風に「ザ・プレミアム・モルツ」など高級路線の強化で、早ければ参入から四十六年目の今年にも黒字を実現する見込みだ。


ビール事業 黒字化圏内 3位サントリー 46年目、高級路線も好調の続きを読む

セントラル・バイイング・システム

[経営戦略用語]

セントラル・バイイング・システムの続きを読む

シミュレーション

[マーケティング戦略用語]

シミュレーションの続きを読む

ジャスト・イン・タイム方式

[マーケティング戦略用語]

ジャスト・イン・タイム方式の続きを読む

社内ベンチャー

[マーケティング戦略用語]

社内ベンチャーの続きを読む

七夕ライトダウン、全国7万6000カ所で消灯

◆◆PR News 本日のPick Up◆◆


地球温暖化について考えようと政府が定めた「クールアース・デー」の7日、観光名所やオフィスビル、店舗など全国約7万6000カ所の施設で、午後8時から2時間消灯する「七夕ライトダウン」が実施された。


七夕ライトダウン、全国7万6000カ所で消灯の続きを読む

カナダ首相、子どもたちと交流 北海道・伊達市

◆◆PR News 本日のPick Up◆◆


北海道洞爺湖サミットに出席するカナダのハーパー首相(49)は7日午前、洞爺湖町に隣接する伊達市を訪れ、同市の子どもや、同市と姉妹都市のカナダ・レイクカウチン町の子どもたちと交流した。今回のサミットでG8首脳が市民とふれ合うのは初めて。


カナダ首相、子どもたちと交流 北海道・伊達市の続きを読む

関空国際線、邦人客減少続く 欧米線低迷や原油高響く

◆◆PR News 本日のPick Up◆◆


関西空港の国際線で運航便数が増えながら、日本人旅客数の減少が続く「反転現象」が止まらない。今夏のダイヤで便数は過去最多を記録したが、昨年度の日本人旅客数は開港以来ワースト3の水準に落ち込んだ。空前の原油高による運賃上昇に加え、大型機が就航する欧米など長距離路線の低迷が背景にあるとみられる。"逆風"を受ける形になった関空会社は、運休路線を復活させた航空会社を対象に、着陸料を大幅に割り引く制度を新設し、旅客を呼び込みたい考えだ。


関空国際線、邦人客減少続く 欧米線低迷や原油高響くの続きを読む

ファイナンス

[経済戦略用語]

ファイナンスの続きを読む

ビジネス・ロジスティックス

[IT戦略用語]

ビジネス・ロジスティックスの続きを読む

ピクセル

[IT戦略用語]

ピクセルの続きを読む

光ファイバー

[IT戦略用語]

光ファイバーの続きを読む

光ディスク

[IT戦略用語]

光ディスクの続きを読む

東京ディズニーリゾートに新ホテル 「滞在型」で来園者開拓へ

◆◆PR News 本日のPick Up◆◆


オリエンタルランドは2日、東京ディズニーリゾート(TDR、千葉県浦安市)に隣接して8日に開業する「東京ディズニーランドホテル」を公開した。客室数は705室と既存の直営2ホテルを上回る。TDRの集客力は他のテーマパークを圧倒するが、入園者数、客単価は横ばい。新ホテル開業で「滞在型リゾート」の色彩を強め、事業拡大につなげる。


東京ディズニーリゾートに新ホテル 「滞在型」で来園者開拓への続きを読む

ギネス級特大スクリーンで2万人が熱狂! 『スピード・レーサー』プレミア

◆◆PR News 本日のPick Up◆◆


7月5日に公開されるウォシャウスキー兄弟最新作『スピード・レーサー』のジャパンプレミアが東京ドームで行われた。この日集った観客は約2万人。上映前前に主演のエミール・ハーシュと、ミスター武者役の真田広之が舞台挨拶に登壇し、作品の見どころを語った。


ギネス級特大スクリーンで2万人が熱狂! 『スピード・レーサー』プレミアの続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
share on Tumblr Clip to Evernote Yahoo!ブックマークに登録 この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

PR by Google

◆【マスコミリスト付き!】ご自身でテレビPR技術を学ぶ方法があります


まずはお試しとして…御社のメディアPR戦略ノウハウを自身で学習してみませんか?



◆大手マスメディアサイトのディレクトリに直接登録が可能になりました


大手マスメディアサイトのディレクトリに直接登録が可能になりました



◆お電話又はFAXでのお問い合わせ


お電話・FAXによるPR会社MBCへのお問合せ/ご質問はこちら

早期対応が必要な緊急のご連絡は、出来るだけお電話をご利用していただけますようお願いいたします。



◆メールフォームでのお問い合わせ


PR会社MBCへのお問合せ/ご質問メールフォームはこちら

メールフォーム利用時は、こちら記載のプライバシーポリシー内容にご了承の上で送信お願いいたします。