危機管理広報/マニュアル/報道対策支援サービス

PR会社/MBCの危機管理報道対策支援サービス。緊急時の危機管理マニュアル作成・緊急記者会見・緊急報道対策等=


新聞が火を熾しテレビが山火事にする =報道に漏れてからでは遅い危機管理対策=


全業種で急激に高まっている危機管理の必要性


雪印乳業・・・三菱自動車・・・東横イン・・・APAホテル・・・シンドラーエレベーター・・・舟場吉兆・・・ミートホープ・・・カネボウ・・・ライブドア・・・グッドウィルグループ…近年の企業不祥事報道の数の多さ、そして、報道姿勢の厳しさは過去に例を見ないものがあります。企業トップが頭を下げるだけで、全ての事態が簡単に収拾していた時代はとっくに過ぎ去り、今はどれほど企業規模が大きい会社であろうとも、簡単に倒産へと畳み込まれてしまう時代になりました。こういった企業不祥事の多くは、その端緒を内部告発等のルートで紙媒体(特に新聞)が嗅ぎつけたあと、最も影響力の大きいマスメディア媒体であるテレビ局が大々的に放送することで、一気に国内外に情報が駆けめぐります。


厄介なことに、企業不祥事とは問題を起こした企業が大きく有名であればあるほど苛烈に報道をされ、痛烈に批判報道が飛び交います。補償や賠償金のようなその瞬間瞬間の損失だけではなく、企業が創業時より長い間築いてきた企業ブランド・企業レピュテーションを瞬時に失い、株価暴落や上場廃止、そして倒産をいとも簡単に招いています。更には株主から経営者が企業経営管理体制整備義務の怠慢で、告訴されることも当たり前になってきてしまいました。その対象は業種業態を超えて、今や全ての法人が危機管理報道対策の必要性を迫られていると言って良いでしょう。


これら最近の一流企業の不祥事の例を待つまでもなく、いま、急務の課題は「いかに、全社に危機管理意識を高め、その対策手段を浸透させるか」にあります。とりわけ、コンプライアンス意識の社内啓発は最も重要な課題であり、コンプライアンス違反は企業はブランド評価や株価などの企業価値を著しく低下させるだけではなく、業務停止処分や取引停止、会社そのものの存続すらも厳しい状況を招きます。その予防策としての危機管理体制の確立と危機管理意識の浸透策を弊社ではご提供しております。


危機管理報道対策に関する経営課題



危機管理報道対策を考える際の3つの局面(ステージ)


危機管理には以下の通り3つの局面(ステージ)が存在します。状況に合わせて、その場のステージを把握しながら、よりスムース且つ早急な危機管理体制作りと効果的な危機管理広報を実施していきます。特に、事態が火急変を告げるような『緊急時』の場合には、弊社危機管理対応コンサルタントによる24時間体制でのサポートをご提供することになります。


危機管理報道対策を考える際の3つの局面(ステージ)と対応策表



危機管理報道対策局面が「平常時」の場合


危機管理報道対策は平常時から万全な準備を行っておくことが最も好ましい状態です。近年の企業不祥事報道のほとんどが、平常時からの危機管理対応を全く行っていなかったことに、事態の山火事化を招いてしまった原因があることは明らかです。その反面、一部のリスクマネジメント意識の高い企業は、問題が起きる前の平常時から、適切な危機管理マニュアル作成や企業トップによるメディアトレーニング等を用意周到に繰り返し準備することで、いざというときに企業をオンザエッジに立たせることがないように準備に余念がありません。


MBCでは平常時の危機管理報道対策として、危機管理に関してそれぞれのクライアント企業様にカスタマイズされた「危機管理対策マニュアル」の作成を行っております。緊急事態は企業の不祥事だけではなく、あらゆる局面で起こりうる可能性があるので、事前に完全なリスクヘッジを行うのが当然の事。その際には、クライアント属する業界に特有なリスクに関しては、特に時間をかけて重点的にケアを行っていくことになります。


平常時の危機管理対応促進ステップ


危機管理マニュアル策定の目的…不測の事態は、しばしばトップ不在のときや管理職不在のときに発生します。よって、万一のリスク発生時には誰でも、迅速・ 的確な初期対応ができるよう、対応行動のマニュアルを作成することが大切となってきます。また、マニュアルの作成により社内の危機意識(コンプライアンス意識の啓発)の向上を図る事が可能になります。


危機管理マニュアル作成の目的


危機管理マニュアル策定の編成内容は下記のようになります。


危機管理マニュアル編成内容


危機管理セミナーの社内実施…企業危機の発端は「現場の社員の危機意識の欠落」と「コンプライアンス意識の希薄」から発生します。危機に対してトップはもちろん、役員、管理職がすべて危機管理に対する共通認識をもつことが大切です。豊富な具体例をあげながら、分かりやすく実践的な危機管理の基本的知識とノウハウを習得する上で効果があります。


危機管理セミナーの社内実施


危機シミュレーショントレーニングの実施…さまざまなリスク発生時における、状況把握力、的確な判断力、幅広い即時対応力を習得し、初期対応ミスの防止力を高める知識とノウハウを習得します。


危機シミュレーショントレーニングの実施


模擬緊急記者会見(メディアトレーニング)の実施…不測の事態発生時の緊急記者会見でのトップの発言の適否が、社会からの信頼感を大きく左右するケースは前例に枚挙がありません。緊急記者会見のノウハウは平常時に習得しておく必要があります。このシュミレーショントレーニングは様々な局面でのマスコミ対応策(メディアトレーニング)としての取組となります。


危機緊急記者会見の実施


コンプライアンステスト(評価)の実施…全ての危機管理広報体制確立プログラム終了後は、活動内容を『評価』『確認』『次戦略』と確認作業を行い、問題点を抽出し、次回の取組の参考資料として活用する。また、社内でコンプライアンスアワード等を開催し、更にコンプライアンス意識や危機意識を高めていくことが重要です。


コンプライアンステスト(評価)の実施


コンプライアンス意識持続啓蒙…コンプライアンス意識を継続させるために、身の回りで意識を維持するためのアイテムを構築します。常日頃からコンプライアンスや危機の重要性・必要性に対する意識を高めることで未然に緊急事態を回避することが可能になります。ここまでやって初めて危機管理対策説いてます。


コンプライアンス意識持続啓蒙


模擬記者会見(メディアトレーニング)…実際に取材テーマをクライアント様企業の業種業態に特化したウィークポイントに設定し、インタビュー取材の内容、コンセプトに従って実際に模擬インタビューを実施します。この模擬インタビューの模様はビデオ、DVDに収録し、レビューにおいて 「キーメッセージ」をより明確で解かりやすいものへと表現を変えていきます。受講者は自ら発するメッセージのインパクトがどんどん強くなっていく様を実感していただきます。会見内容は攻めのPR(プロモーション要素高)でも守りのPR(リスクマネジメント要素高)でも設定可能です。


メディアトレーニング

メディアトレーニング



危機管理報道対策局面が「緊急時」の場合

緊急時の危機管理報道対策局面とは、「今まさに企業内で事件が起こってしまった」「一部マスメディアが自社に関するネガティブな報道を始めた」「警察が動く事件を巻き起こしてしまった」といったように、オンゴーイングでの報道対応が必要になるケースの事です。本来ならば平常時から危機管理対策を万全に進めておくべきですが、この段階で何もしていない、何をして良いかわからないというケースも少なくありません。その場合は、速やかにMBC担当者までご連絡を頂いた上、24時間体制での危機管理報道対策チームを発足させて対応に当たる必要が御座います。




危機管理報道対策局面が「収束時」の場合

緊急対応の処置が終わりに近づいたと判断できたら、早急に局面は事態収束に向かいます。それに合わせて、企業としては失ったレピュテーションとブランドを回復する施策に打って出なければなりません。特に報道によって甚大なダメージを被ってしまった場合などは、その回復施策に対しては中長期的で確実なイメージアップPR施策を導入していきたいところです。このステージにはいるとこれまでの「守りのPR」から一転して、弊社サービスである「トータルPR」のような攻めのPRに施策内容を切り替え、戦略的に世論を味方につける施術を行っていくことになります。


MBC危機管理報道対策の特徴…特に危険な「テレビ報道」への対策に強み

MBCはテレビ報道制作に携わっていたスタッフが多い、業界では有名な「テレビの酸いも甘いも知り尽くしたPR会社」です。これまでは逆に企業の不祥事報道の際に「痛いところ」を付く質疑テクニックを番組制作に役立ててきたことが多いスタッフも数多く在籍しております。それを逆に見れば、MBCは他のどのようなPR会社と比較しても「危機管理時のテレビ報道番組対策には大変に強いPR会社」であるといえます。こういったMBCの強みを120%生かす形で、綿密且つ確実にクライアント企業様を報道被害から守るプログラムをご提供させていただいております。尚、スタッフには当然、週刊誌や新聞等紙メディア対応に長けた者もチームとして組み込みますので、こちらの点もご安心下さい。



ミスチルらの楽曲の演奏・合唱、ユーチューブに使用許可

◆◆PR News 本日のPick Up◆◆


ミスター・チルドレンやスピッツら人気バンドの楽曲の著作権を管理するジャパン・ライツ・クリアランス社(JRC)は27日、動画投稿サイト「YouTube(ユーチューブ)」を傘下に持つグーグル社と、同サイトでの楽曲使用を認める包括許諾契約を結んだ。同サイトでの楽曲使用をめぐる大型の許諾契約は国内では初めて。同サイトでは著作権者の許諾を得ていない違法な映像・音楽の利用が問題になってきたが、映像に付く音楽については合法利用への道が開ける可能性が出てきた。


ミスチルらの楽曲の演奏・合唱、ユーチューブに使用許可の続きを読む

新銀行東京:400億円の追加出資案可決 都・予算特別委

◆◆PR News 本日のPick Up◆◆


東京都議会の予算特別委員会は26日、経営危機に陥った「新銀行東京」(千代田区)に400億円を追加出資することなどを盛り込んだ都の08年度一般会計補正予算案を自民、公明両党による賛成多数で可決した。28日の本会議で可決・成立する。発案者の石原慎太郎知事をはじめ都の責任や再建計画についての説明が不十分なまま追加出資が容認された格好で、来年夏の都議選や今後の石原都政に大きな影響を与えそうだ。


新銀行東京:400億円の追加出資案可決 都・予算特別委の続きを読む

リサーチ

[テレビ用語]

リサーチの続きを読む

ランスルー

[テレビ用語]

ランスルーの続きを読む

寄り、引き

[テレビ用語]

寄り、引きの続きを読む

やらせ

[テレビ用語]

やらせの続きを読む

個人スペシャリスト向PR支援サービス

個人スペシャリスト向PR支援サービス


MBCは各方面で活躍中の個人スペシャリストのPR業務を支援いたします


MBCでは企業・団体編へのPRサポートに留まらず、各方面にて活躍中の個人スペシャリストの方々に向けたPRサービスを行っております。テレビに強いPR会社としてこれまで培ってきたメディアリレーションズ構築力を生かしたプロモーションサポート支援、マネジメント支援、出版講演プロデュース、等からはじまり、「業界のトップランナー」としての地位獲得のために、中長期的な個人ブランド構築支援を行っております。


MBCのPR支援にて活動をしている個人スペシャリストのメンバーは下記になります。報道関係者の方で下記リスト掲載の個人スペシャリストに取材等をお考えの方は、弊社までご連絡頂けますよう、よろしくお願い申し上げます。



【取材等お申し込み先窓口】

TEL: 03-3572-0481 MAIL: info@mbc-pr.com


企業経営者・ビジネスマン・文化人


 ◇プロフィール
 ◇オフィシャルブログ
 ◇NEWS TOPIC

 ◇プロフィール
 ◇NEWS TOPIC (Main Siteへ)


プロスポーツ選手・各種アスリート


ボクシング = BOXING =

 ◇プロフィール
 ◇オフィシャルブログ
 ◇NEWS TOPIC

 ◇プロフィール
 ◇オフィシャルブログ
 ◇NEWS TOPIC

 ◇プロフィール
 ◇NEWS TOPIC

 ◇プロフィール
 ◇オフィシャルブログ
 ◇NEWS TOPIC

 ◇プロフィール
 ◇オフィシャルブログ
 ◇NEWS TOPIC


スキー = SKI =

 ◇プロフィール
 ◇NEWS TOPIC

 ◇プロフィール
 ◇オフィシャルブログ
 ◇NEWS TOPIC

 ◇プロフィール
 ◇オフィシャルブログ
 ◇NEWS TOPIC

 ◇プロフィール
 ◇NEWS TOPIC


医療・健康


 ◇プロフィール
 ◇NEWS TOPIC (Main Siteへ)



楽天、ADSLサービス参入…回線はイー・アクセス

◆◆PR News 本日のPick Up◆◆


楽天は24日、ADSL(非対称デジタル加入者線)を使ったインターネット接続サービス「楽天ブロードバンド」を同日から始めたと発表した。自前の通信網を持たず、ADSL大手イー・アクセスから回線を借りてサービスを提供する。利用者には、運営する仮想商店街「楽天市場」でお金として使える毎月一定額分のポイントを支給する。


楽天、ADSLサービス参入…回線はイー・アクセスの続きを読む

マルチ・ブランド

[マーケティング戦略用語]

マルチ・ブランドの続きを読む

マネジリアル・マーケティグ

[マーケティング戦略用語]

マネジリアル・マーケティグの続きを読む

二重価格制

[マーケティング戦略用語]

二重価格制の続きを読む

ニコシアモデル

[マーケティング戦略用語]

ニコシアモデルの続きを読む

やおや

[テレビ用語]

やおやの続きを読む

ニッチ戦略

[マーケティング戦略用語]

ニッチ戦略の続きを読む

ノーブランド商品

[マーケティング戦略用語]

ノーブランド商品の続きを読む

ノーブランド戦略

[マーケティング戦略用語]

ノーブランド戦略の続きを読む

ノベルティ

[マーケティング戦略用語]

ノベルティの続きを読む

レジ袋有料化前線 北へ 南へ 行政含め三者協定 マイバッグに抵抗感なし

◆◆PR News 本日のPick Up◆◆


地球温暖化防止やごみ減量のため、レジ袋の無料配布を取りやめる店が増えている。最近は、事業者と自治体、地元住民らが協定を結んで有料化するのが主流で、経済産業省が把握した分だけでも23日までに、11自治体の329店が有料化した=(地図参照)。富山、山梨、沖縄の各県のスーパーも4月以降、続々と有料化していく予定。東京都町田市では、協定に基づいてレジ袋を全廃するスーパーも現れた。


レジ袋有料化前線 北へ 南へ 行政含め三者協定 マイバッグに抵抗感なしの続きを読む

社団法人日本パブリックリレーションズ協会刊・PR見積ガイドブック配布中

PR会社への見積・コンペ・企画提案要請時に必須の資料


社団法人日本パブリックリレーションズ協会刊 「見積ガイドドック」

パブリックリレーションズ活動見積ガイドブック
~活動項目とその活動に対する料金設定の考え方~


※当書籍は廃版となりました



MBCではクライアント企業及び見込み企業の皆様に、社団法人日本パブリックリレーションズ協会刊行の書籍「パブリックリレーションズ活動見積ガイドブック」のご入手をお勧めしております。当ガイドブックは、PRの重要性と必要性の認識が我が国でも高まっている中、企業・団体等がPR会社に業務を発注するに際してその活動内容と対価についての判断材料がない現状を突破すべく、PR活動の「業務内容」と「対価」に関する考え方のガイドラインが必要であるとの判断の下、社団法人日本パブリックリレーションズ協会が作成・発行しているものです。


MBCを含めた各PR会社の商品は「PR会社・担当者」が所有しているPR及びマーケティング理論、PR活動経験に裏打ちされたノウハウと行動力であり、目に見えない形が多くなっております。そのため、PR活動発注の費用対効果と具体的な活動内容や活動報酬の目安等を業務発注以前に綿密調査したい場合は、是非、各方面の皆様には活用をお勧めする書籍となっております。


そこでMBCでは、社団法人日本パブリックリレーションズ協会の許可を得まして、弊社クライアント企業様及びお問い合わせを頂きました見込企業様に対して、公平なご契約内容締結を目的として当書籍を配布させていただいております。これをお読みの広報・マーケティング等ご担当者様におきましては、当ページより「パブリックリレーションズ活動見積ガイドブック」をオンラインで入手することが出来ますので、是非ご活用下さい。


※当書籍は弊社が社団法人日本パブリックリレーションズ協会から購入させていただいたものを、同協会の許可を得て、そのまま同じ価格にて外部の企業様にご提供させていただく形を取っております。


尚、当「パブリックリレーションズ活動見積ガイドブック」は、弊社からではなく、社団法人日本パブリックリレーションズ協会から直接ご購入することも可能です。その場合は下記のサイトより直接ご発注いただけますよう、宜しくお願い申し上げます。

◆社団法人日本パブリックリレーションズ協会サイトへ

コンペ、お見積り要請、企画提案要請を含めた形、各PR会社のサービス活用をお考えの企業・団体様におかれましては、中立の立場で執筆されて、公正でわかりやすい調査内容に基づいたPR会社の各サービス、見積の詳細、課金額の目安等データを本書席で調査した上で、各PR会社の比較検討材料としての活用にお役立て下さい。



配布料金と送料について


■ 1冊 200円 + 送料 200円 = 合計400円
※(例) 1冊の場合・・・・・・・400円 (1冊200円+送料200円)
※(例) 5冊の場合・・・・・・・1200円 (5冊×200円+送料200円)
----------------------------------------------------------
■「申込冊数・会社名・ご氏名・納品先・電話番号」等を下記フォームよりお申込みください。
-----------------------------------------------------------
■お支払いは切手による後払いとさせていただきます。
※具体的なお支払い方法はフォーム送信後の返信メールをご覧下さい。



【パブリックリレーションズ活動見積ガイドブック 配布お申込フォーム】


下記の専用フォームからお申し込み下さい。専用フォームが動かない場合などありましたら、Eメール(info@mbc-pr.com)もしくはお電話(03-3572-0481)によるお申し込みも可能です。


※当書籍は廃版となりました



目線

[テレビ用語]

目線の続きを読む

見た目

[テレビ用語]

見た目の続きを読む

見切れる

[テレビ用語]

見切れるの続きを読む

マスモニ

[テレビ用語]

マスモニの続きを読む

前説

[テレビ用語]

前説の続きを読む

東芝、原子力分野でロシア国営と協力検討

◆◆PR News 本日のPick Up◆◆


東芝は20日、ロシア国営のアトムエネルゴプロム社と、原子力エネルギー分野で相互協力関係の確立に向けた検討を開始することで基本合意したと発表した。日ロ政府間で交渉が進む原子力協定が締結されることを前提に、両社の具体的な協力策を探る。


東芝、原子力分野でロシア国営と協力検討の続きを読む

ブランド・エクイテイ

[マーケティング戦略用語]

ブランド・エクイテイの続きを読む

ブランド

[マーケティング戦略用語]

ブランドの続きを読む

プライスリーダーシップ

[マーケティング戦略用語]

プライスリーダーシップの続きを読む

運慶仏像は三越が落札 仏教美術で最高額

◆◆PR News 本日のPick Up◆◆


競売大手クリスティーズは18日、同日ニューヨークで行われた競売で鎌倉時代の仏師、運慶作とみられる「木造大日如来坐像」を落札したのは、日本の百貨店大手の三越であることを明らかにした。


運慶仏像は三越が落札 仏教美術で最高額の続きを読む

ホン

[テレビ用語]

ホンの続きを読む

ポスプロ

[テレビ用語]

ポスプロの続きを読む

フロアディレクター

[テレビ用語]

フロアディレクターの続きを読む

プレゼン

[テレビ用語]

プレゼンの続きを読む

フリップ

[テレビ用語]

フリップの続きを読む

伊アリタリア航空、エールフランスKLMの買収提案受け入れ

◆◆PR News 本日のPick Up◆◆


経営再建中のイタリア・アリタリア航空の取締役会は16日、欧州の航空大手エールフランス-KLMが提示していた買収案を受け入れることを決めた。これを受け、アリタリア株式の49.9%を保有する伊政府は、今回の買収提案の検討に入る見通し。


伊アリタリア航空、エールフランスKLMの買収提案受け入れの続きを読む

リレーション

[マーケティング戦略用語]

リレーションの続きを読む

リーダー

[マーケティング戦略用語]

リーダーの続きを読む

リードタイム

[マネジメント戦略用語]

リードタイムの続きを読む

各種サービス業向けPR




各種サービス業マーケティングにおけるPR

サービス業を展開されている方は常々お考えのことと思いますが、ご同業者の中にやたらとマスメディアに取り上げられて強烈な集客を行っている「マスメディア記事の常連」という店舗が存在いたします。マスメディアに出れば出るほど集客の具合がよくなるので、非常に早いスピードで多店舗展開を成功させたりするケースが多々みられます。いったいどうしてマスメディアは同じお店に集中して取材を行おうとするのでしょうか?また、そのような企業はいったいどうやってメディアに取り上げられるきっかけを作ったのでしょうか?もちろん「たまたまマスメディア側から声をかけてきた」というケースもありますが、多くの場合は「企業(店舗)自らがマスメディアに声をかけたことから取材が始まり、1度露出した記事を他のメディアが発見して、どんどん取材が雪だるま式に増えていった」というケースです。


「マスメディアに自らが声をかける」とは多くの場合、プレスリリースの配信や記者クラブへの投げ込み、直接的な媒体記者へのリーチ(メディアコンタクト、メディアキャラバン)をきっかけにして発生します。所謂、パブリシティアクションです。リリースの切り口がユニークだったり、サービスそのものが新奇性溢れるものであったりする場合は、プレスリリース1通の配信でマスメディアの注目を大きく集めることも可能です。しかし反面、様々な諸事情により、プレスリリース等のメディアコンタクトが一切効果を出さないパターンが存在いたします。もしも、あなたのサービス、店舗や企業がこれらのパターンに陥ってしまっている場合は、どんなに秀逸なプレスリリースを配信しても、決してマスメディアから取材をされることはありません。ここではそのパターンについて少しご説明をいたします。


[マスメディアに無視される理由1] 媒体メインスポンサーの縛り


マスメディアと接触を図ろうとする企業が見落としがちなこととして、媒体内容と正規スポンサー企業との関係性見極めです。マスメディアの多くにとって読者や視聴者は「真の顧客」になり得ません。マスメディアにとっての「真の顧客」は高額の広告料金を支払ってくれるスポンサー企業に他なりません。一部の雑誌媒体は書店で一冊もうれなくても、広告収入があれば全く収益的には問題ないといわれます。また、テレビ媒体に関しては、(NHK、衛星放送、ケーブルテレビ等の有料放送を除いて)視聴そのものが無料で行われているので、メディア媒体は常に広告主の意向のみに沿う形でコンテンツを制作するのは当たり前のことです。


つまり、スポンサーに大手サービス業企業が入っている媒体に対して、競合に位置づけられるサービス企業が意気揚々プレスリリースを送ったとしても記事・番組として採用されないのは当たり前と言えます。スポンサーの縛りによっては、どんなに優れたプレスリリースも採用されることが無いというケースが存在するというわけです。


[マスメディアに無視される理由2] 東京都心に店舗がない


少々厳しい結論から申し上げますが、一部業界誌を除き、地方のサービス業が大きな取材を受ける可能性は非常に少ないと言えます。理由は非常にシンプルで、東京のみに集中している報道関係者が地方までロケに出かけるのは、コストが非常に高くつきすぎるからです(テレビクルーの場合は、3人のロケで1日20万円弱はコストがかかります)。その点東京都心(特に渋谷区、港区、中央区、世田谷区等のマスコミが集中している地域)にある店舗等には取材が多く訪れやすい環境にあります。同じ条件の店舗ならば、絶対に東京都心に居を構える店舗のほうが、地方に展開する店舗よりもPR戦略的には非常に有利な立場にいるわけです。


[マスメディアに無視される理由3] マスメディアサイドの企画リサーチ内容・タイミングを入手できない


最も決定的な理由は、マスメディア側の探しているリサーチ素材の内容を知ることが出来ないこと(ちなみに広告出稿主や大手広告代理店には、きちんと媒体の企画情報が定期的に届きます)、仮に媒体の記事・番組傾向を研究したとしても、どういったタイミングで御社店舗にマッチした企画を探しているかの調査がほぼ不可能ということです。どんなに良質なプレスリリースの切り口と店舗そのもののニュース性を提供してみても、企画タイミングとずれている場合は絶対に取材はされません。ですから、某大手ポータルサイトなどは億単位の費用をPR会社にかけて、民放キー局人気番組の放送予定内容をリサーチしたりしているのです。


上記のようなデメリットでも緻密に練られたPR戦略の実行で媒体露出が可能になる。


上記3つのような「マスコミに取材されない(されにくい)理由」を御社が有していたとしても、プロフェッショナルによるPR戦略を上手にしかけることで、マスメディア媒体への露出可能性が出てきます。


例えば、企画主導型のPRを行い、マスメディアの方々が取材をせざるを得なくなる状況を作り出すという手法です。やはり通常の記事・番組取材をされた際と同じように、マスメディア媒体記事・番組に出演する事をゴールとして狙っていきます。正しいロジックでこのPR手法を使えば、活動過程の中で制作サイドから「現在リサーチ中の企画情報」を常に受け取ることも可能になってきます。また、地方でのロケに関しても、場合によってはアゴ・アシ・マクラ等のコスト協力をすることで、きちんと取材対象として選出してもらう可能性も高くなります。媒体の主力スポンサーの意向だけはどうにもなりませんが、当PR手法を上手く活用することで、事前に「取材を受けることが出来る媒体」と「決して取材を受けることが出来ない媒体」を業界関係者からダイレクトに教えていただくことが可能です。/p>


ですから、マスメディア媒体へ露出する第一歩のきっかけ作りや、戦略的にプロモーション、イベント、新店舗展開等のタイミングに合わせて企画型PR施策の実施行うことも十分可能になってくるというわけです。上手なPR手法を戦略的に仕掛けると、一般の記事・番組も後追いで取材を開始するケースも数多く、ウェブ上のブログメディアでもプレゼンスが向上し始めます。マスメディアに取材を行ってもらうことに不利な条件を持っている企業ほど、このPR手法を端緒としたパブリックリレーションズ全体施策を試してみる価値があると言えるでしょう。


広告予算全体の中から、適切な割合をペイドパブリシティやPRに振り分ける事が重要


これらの理由でメディアPRによるプロモーション施策を選択するサービス業が増えつつありますが、1つ注意しておかなければならないことに「広告全体予算のPRへの割り振り方」があります。つまり、PR戦略は非常に大きな強みを多数抱えているのは事実ですが、逆にいくつかの弱点(媒体側都合等により、必ずしもPR露出が出来るかどうか確約ができない等)もあるからです。ですから、広告予算全体を全てPRだけに投げ込んでしまうことはあまりお勧めいたしません。純広告は純広告で、やはり存在価値と効力はあるのですから、如何にプロモーションツールのポートフォリオを作り、広告予算全体を適切に割り振りしていくのかが重要になってきます。そのためには、マーケティング戦略のパートナーとなるべく良質な広告代理店様とお付き合いをしながら、同時に、優秀なPR系代理店を補完的に利用していくという手段も、時によっては大変重要な選択になってくると思います。


メディアブリッジコンサルティングはテレビ媒体に強いPR会社として、各種PR企画をはじめ、プレスパーティー、記者会見、啓蒙イベント等の経験も豊富です。テレビ、新聞、雑誌、ラジオ、インターネット媒体への積極的露出を図って収益を上げたいとお考えの企業様は、是非1度お問い合わせを頂ければ幸いです。



「きれいごとばかり」、職員が知事批判

◆◆PR News 本日のPick Up◆◆


大阪府の橋下徹知事は13日、30歳以下の若手職員330人を集めた初の朝礼を行った。「府民のために大阪を変えよう」などと熱弁を振るったが、女性職員が「知事は、職員と府民をバラバラにするようなことばかり言っている」とその改革手法を批判する一幕もあった。


「きれいごとばかり」、職員が知事批判の続きを読む

ビットマップ・ディスプレイ

[デジタル用語]

ビットマップ・ディスプレイの続きを読む

ビット

[デジタル用語]

ビットの続きを読む

ビジュアル・マーチャンダイニング

[マーケティング戦略用語]

ビジュアル・マーチャンダイニングの続きを読む

ビジュアル・プレゼンテーション

[マーケティング戦略用語]

ビジュアル・プレゼンテーションの続きを読む

ビジネスモデル特許

[マーケティング戦略用語]

ビジネスモデル特許の続きを読む

映画「ノーカントリー」PRで初来日 アカデミー賞助演男優賞・バルデム

◆◆PR News 本日のPick Up◆◆


米犯罪サスペンス映画「ノーカントリー」(ジョエル&イーサン・コーエン監督、15日公開)で非情な殺し屋を演じ、本年度のアカデミー賞助演男優賞に輝いたスペイン俳優、ハビエル・バルデム(39)が11日、東京・有楽町のザ・ペニンシュラ東京で来日記者会見を開いた。


映画「ノーカントリー」PRで初来日 アカデミー賞助演男優賞・バルデムの続きを読む

ビジネスモデル

[マーケティング戦略用語]

ビジネスモデルの続きを読む

ビジネス・プロセス・リエンジニアリング

[マーケティング戦略用語]

ビジネス・プロセス・リエンジニアリングの続きを読む

日清食品・山崎製パン、再値上げ検討・業務用小麦粉値上げ発表

◆◆PR News 本日のPick Up◆◆


製粉最大手の日清製粉は10日、業務用小麦粉を4月25日から値上げすると正式発表した。上げ幅は20%前後で、他の製粉大手の追随は必至。これを受け、日清食品、山崎製パン、江崎グリコなど小麦粉を使うめん・パン・菓子の大手メーカーは原料高に伴う2回目の値上げの検討に入った。食品価格の一段の上昇は盛り上がりを欠く国内消費の足を引っ張る可能性がある。食品各社の収益にも不透明感が出てきた。


日清食品・山崎製パン、再値上げ検討・業務用小麦粉値上げ発表の続きを読む

ビジネスモデル

[マーケティング戦略用語]

ビジネスモデルの続きを読む

非価格競争力

[マーケティング戦略用語]

非価格競争力の続きを読む

各種製造業向けPR




各種製造業におけるPR

各種製造業においてのメディアプロモーションは、外へ向けて自社の新製品・新技術を広くPRするだけではなく、社内においても開発技術者・エンジニアがメディアに採用された事によって製品開発へのモチベーションが上がる結果につながることが多いようです。社員は誰しも自社がメディアに登場するのはうれしいものですが、特に開発・技術系の社員は努力が実った結果として、よろこびもひとしおとのことです。


製造業における、メディアプロモーションの目的を大きく分けると、1.イメージアップ 2.直接販売促進目的 の二つに分類されると思います。イメージアップのプロモーションは、主にメーカーなど商流における川上に属する企業が行うプロモーションで、直接販売目的のプロモーションは、川下に属してエンドユーザーと直接接する機会の多い小売店などが中心となって行います。


ここで言う「メーカーが行うイメージアップのプロモーション」とは、直接にそのメーカーが商品を販売するわけではないため、現金をその場で生み出すことはありません。が、現在メーカーには高い技術を有しているのはもちろんのこと、環境への配慮や社会的な貢献などが求められているなか、イメージアップ戦略は不可欠となってきております。結果的には、小売店をはるかにしのぐ巨額な利益をメーカーにもたらすイメージアップ目的プロモーションの仕組みはこうなっています。


イメージアップのプロモーションは、ユーザーへメーカーに対する技術力や最近では社会的貢献環境的配慮など企業そのものへの絶大な信頼感を形成し、結果賞品への付加価値及びイメージを大幅に高めることを可能にします。小売店が商品を販売する際に競合商品と比較して、価格戦略上有利(値引きなしもしくは値引き少での販売を可能にする)になったり、販売数量を大幅に増やすことができるということになります。故に、多数の小売店舗それぞれの売上が上がることで、それら小売店全てに商品を流している川上のメーカーが、一番の利益を集めることになるわけです。


つまり、メーカーにとって商品のブランディングに成功しさえすれば、商品1個当たりの販売価格も高いままで流通チャネルに流すことが出来、しかも、ノーブランド商品のように、小売店自身が直接販売促進目的のプロモーションをそれほど行わずとも、商品販売数が増えるわけです。ですから、同じプロモーションといっても、オリジナル商品を持っている(製造している)企業はブランディング戦略が成功のための非常に大きな鍵になってくるのに対し、仕入れ商品を販売している小売店は、ブランディングプロモーションよりも直接販売プロモーションを重視すべきといえます。製造業界においても、商流の中の自社ポジショニングを明確化させて、必要なのがイメージアップ目的プロモーションなのか、それとも、販売促進目的のプロモーションなのかを明確化しておく必要があるでしょう。


冠スポンサーになれるジャイアントカンパニー以外にはストレートPRは困難?


マスメディアを使ったPR戦略は常に「記事・番組」の形をとりながら、媒体そのもののコンテンツの中にクライアント企業を登場させるところにポイントがあります。厳密にはその中にペイドパブリシティと呼ばれる「記事風広告」というものも含まれているのですが、弊社のようなPR会社が扱うものは「記事風広告」を基本的には除きます。


もちろん、全くコストのかからないフリーパブリシティを積極的恒常的に獲得していくこともPR戦術の基本施策なのは言うまでもありません。一般的にメディアリレーションを築く方法はプレスリリースなどにより、マスメディア媒体の制作現場へリーチをする方法があります。直接プレスリリースなどを利用してマスメディアに取材をしてもらうことは、ブランディングにも販売促進にも役立つPR手法といえるでしょう。MBCでもプレスリリース等を利用した通常のPR手法(フリーパブリシティ)に関してはコンサルティングを含めて多数のサポートを用意しておりますが、どうしてもマスコミに取材をしてもらうことが難しい業種も存在します。その理由として、 1.超大手スポンサーによるメディアへの縛りや考査問題 2.非常に数多い競合他社 3.マスメディアが探しているトレンドをつかむことの難しさ(情報収集)といったようなものがあげられます。


1.超大手スポンサーによるメディアへの縛り


製造業界においても、年間広告宣伝費数十億を支払っている、ほんの数社のジャイアント企業がマスメディアコンテンツを間接的にコントロールするため、中堅以下の同分野企業に対する取材などは行われにくいという現実があります。所謂、「スポンサーの縛り」です。マスメディアの表現が常に主力スポンサーの意向に左右されることは、それぞれのマスメディア媒体を提供する母体が株式会社等の一般企業である以上、極々当たり前のことと言えるでしょう。


また、しばしば同時に指摘されるのが「考査」の問題です。最も考査が厳しい媒体はテレビなどの電波媒体ですが、つまり考査とは、マスメディア媒体自身による取材対象・広告出稿企業(商品)への審査業務であって、社会的の問題のある商品や企業を媒体に露出さえることが無いようにするための、自浄作用機関といえます(考査は専門のスタッフをおいているところが多いので「機関」と言えると思います)。社会的に問題が無い場合でも、先の大手スポンサーとの関係上の縛りから「考査によると御社の広告は出来ません」という回答が突きつけられることもあるわけです。考査の内容自体は外部からは一切伺いすることが出来ません。


2.非常に数多い競合他社


製造業関連の市場占有率を分解してみると、よほどユニークでニッチな製品を製造していない限り、一部の事業だけが大幅な大規模に寡占しているというようなことは非常に稀です。どれほど大手のメーカーであっても、市場のほぼ全てを握っているということはなく、多数の企業が市場に存在して、市場を細かく分け合っているという構造になっています。こういった事業者数が多い業界では、当然、マスメディア媒体1つに対してアプローチをかけてくる企業も大変多くなります。当然、マスメディアサイドとしては、毎日受け取るプレスリリースの数からして違います。1日100-200通のプレスリリースは当たり前、人気のある媒体だと400通ということもあるでしょう(私が以前お世話になっていたTV番組のスタッフルームには、1日リリース400通は別に普通でした)。多数の競合の中から自社の報道用資料だけを目立たせるには、それなりの(PR会社が得意とするような)ノウハウが必要になります。普通の企業においそれと出来るものではありません。


3.マスメディアが探しているトレンドをつかむことの難しさ(情報収集)


これは製造業界だけに限ったことではありませんが、マスメディアがオンゴーイングで追い求めている情報をタイミングよく入手することはかなり難しいタスクになります。マスメディアが探している企画情報を常に収集するには、Paid-PR.comのようなPR会社などが、メディアプロモーション専属の人間を雇い、常にマスメディア媒体に営業回りをしないと情報が入ってきません。ただでさえ人手が少ない一般企業の広報部で、こういった活動を100%行うことは無理に近い話だと思います。


こういった諸所の問題をクリアするために、弊社のようなPR会社サービスの存在を上手く活用することが、これからの企業におけるメディアプロモーションには重要なファクターになってくることは間違いないでしょう。


上記のようなデメリットでも緻密に練られたPR戦略の実行で媒体露出が可能になる。


上記3つのような「マスコミに取材されない(されにくい)理由」を御社が有していたとしても、プロフェッショナルによるPR戦略を上手にしかけることで、マスメディア媒体への露出可能性が出てきます。


例えば、企画主導型のPR案件を立ち上げ、マスメディア側が取材をせざるを得ない状況を作り出すと云ったような方法です。正しいロジックでこのPR手法を使えば、PR施策の実行過程において、制作サイドから「現在リサーチ中の企画情報」を常に受け取ることも可能になってきます。また、地方でのロケに関しても、時にはアゴ・アシ・マクラ等のコスト協力をすることで、きちんと取材対象として選出してもらう可能性が高まります。媒体の主力スポンサーの意向だけはどうにもなりませんが、当PR手法を上手く活用することで、事前に「取材を受けることが出来る媒体」と「決して取材を受けることが出来ない媒体」を業界関係者からダイレクトに教えていただくことが可能です。


ですから、マスメディア媒体へ露出する第一歩のきっかけ作りや、戦略的にプロモーション、イベント、新店舗展開等のタイミングに合わせて企画主導型PR手法を実施することも十分可能になってくるというわけです。上手なPR手法を戦略的に仕掛けると、一般の記事・番組も後追いで取材を開始するケースも数多く、ウェブ上のブログメディアでもプレゼンスが向上し始めます。マスメディアに取材を行ってもらうことに不利な条件を持っている企業ほど、このPR手法を端緒としたパブリックリレーションズ全体施策を試してみる価値があると言えるでしょう。


広告予算全体の中から、適切な割合をペイドパブリシティやPRに振り分ける事が重要


これらの理由でメディアPRによるプロモーション施策を選択する製造関連企業が増えつつありますが、1つ注意しておかなければならないことに「広告全体予算のPRへの割り振り方」があります。つまり、PR戦略は非常に大きな強みを多数抱えているのは事実ですが、逆にいくつかの弱点(媒体側都合等により、必ずしもPR露出が出来るかどうか確約ができない等)もあるからです。ですから、広告予算全体を全てPRだけに投げ込んでしまうことはあまりお勧めいたしません。純広告は純広告で、やはり存在価値と効力はあるのですから、如何にプロモーションツールのポートフォリオを作り、広告予算全体を適切に割り振りしていくのかが重要になってきます。そのためには、マーケティング戦略のパートナーとなるべく良質な広告代理店様とお付き合いをしながら、同時に、優秀なPR系代理店を補完的に利用していくという手段も、時によっては大変重要な選択になってくると思います。


メディアブリッジコンサルティングはテレビ媒体に強いPR会社として、各種PR企画をはじめ、プレスパーティー、記者会見、啓蒙イベント等の経験も豊富です。テレビ、新聞、雑誌、ラジオ、インターネット媒体への積極的露出を図って収益を上げたいとお考えの企業様は、是非1度お問い合わせを頂ければ幸いです。



宇宙ステーションに物資送る 欧州が無人補給機

◆◆PR News 本日のPick Up◆◆


欧州宇宙機関(ESA)は9日、国際宇宙ステーションに物資を送る無人補給機「ジュール・ベルヌ」の1号機を南米フランス領ギアナのクールー宇宙基地から打ち上げたと発表した。


宇宙ステーションに物資送る 欧州が無人補給機の続きを読む

ブリッジ

[テレビ用語]

ブリッジの続きを読む

フェードイン、フェードアウト

[テレビ用語]

フェードイン、フェードアウトの続きを読む

ピン

[テレビ用語]

ピンの続きを読む

各種小売業向けPR




各種小売事業におけるPR

景気に明るい見通しがでてきて、イザナギ景気以来の成長振りとも最近言われています。が、デフレの煽りをうけた小売業は、大幅な統廃合や再編がなされ、いよいよ消費者の選別の目は厳しく、競争も激しいものになっているのが現状です。小売業におけるプロモーションは、カスタマーにまず店に来店したくなるようなone to oneの来店刺激のプロモーションと店内で製品を購入してもらうための店内ブランドプロモーションが必要になります。カスタマーの選択眼が厳しい現在、店頭に足を運んでもらった末製品を購入してもらうには、カスタマーに印象深いプロモーションを行う必要があります。また外資系小売業の進出により、店内外に向けてブランディングプロモーションを行う時代に突入しつつあります。


冠スポンサーになれるジャイアントカンパニー以外にはストレートPRは困難


一般的にメディアリレーションを築く方法はプレスリリースなどにより、マスメディア媒体の制作現場へリーチをする方法があります。直接プレスリリースなどを利用してマスメディアに取材をしてもらうことは、ブランディングにも販売促進にも役立つPR手法といえるでしょう。MBCでもプレスリリース等を利用した通常のPR手法(パブリシティ活動)に関してはコンサルティングを含めて多数のサポートを用意しておりますが、どうしてもマスコミに取材をしてもらうことが難しい業種も存在します。 1.超大手スポンサーによるメディアへの縛りや考査問題 2.非常に数多い競合他社 3.マスメディアが探しているトレンドをつかむことの難しさ(情報収集)といったようなものがあげられます。


[マスメディアに無視される理由2] 東京都心に店舗がない


少々厳しい結論から申し上げますが、一部業界誌を除き、地方の小売業が大きな取材を受ける可能性は非常に少ないと言えます。理由は非常にシンプルで、東京のみに集中している報道関係者が地方までロケに出かけるのは、コストが非常に高くつきすぎるからです(テレビクルーの場合は、3人のロケで1日20万円弱はコストがかかります)。その点東京都心(特に渋谷区、港区、中央区、世田谷区等のマスコミが集中している地域)にある店舗等には取材が多く訪れやすい環境にあります。同じ条件の店舗ならば、絶対に東京都心に居を構える店舗のほうが、地方に展開する店舗よりもPR戦略的には非常に有利な立場にいるわけです。


[マスメディアに無視される理由3] マスメディアサイドの企画リサーチ内容・タイミングを入手できない


最も決定的な理由は、マスメディア側の探しているリサーチ素材の内容を知ることが出来ないこと(ちなみに広告出稿主や大手広告代理店には、きちんと媒体の企画情報が定期的に届きます)、仮に媒体の記事・番組傾向を研究したとしても、どういったタイミングで御社店舗にマッチした企画を探しているかの調査がほぼ不可能ということです。どんなに良質なプレスリリースの切り口と店舗そのもののニュース性を提供してみても、企画タイミングとずれている場合は絶対に取材はされません。ですから、某大手ポータルサイトなどは億単位の費用をPR会社にかけて、民放キー局人気番組の放送予定内容をリサーチしたりしているのです。


上記3つのデメリットが合っても企画重視型のPR手法なら媒体露出可能性が非常に高まる


上記3つのような「マスコミに取材されない(されにくい)理由」を御社が有していたとしても、プロフェッショナルによるPR戦略を上手にしかけることで、マスメディア媒体への露出可能性が出てきます。


PR戦略の1手法を紹介しますと、ストーリー企画主導型のPRという手法もあります。あくまでも企画の力でマスメディアが取材をせざるを得なくなるようにと導いていく方法です。こういったアプローチをしていると、その過程にて制作サイドから「現在リサーチ中の企画情報」を常に受け取ることが可能になってきます。また、地方でのロケに関しても、時にはアゴ・アシ・マクラ等のコスト協力をすることで、きちんと取材対象として選出してもらうこと可能になることも多くなってきます。媒体の主力スポンサーの意向だけはどうにもなりませんが、ストーリー企画主導型のPRを実施していくことで、事前に「取材を受けることが出来る媒体」と「決して取材を受けることが出来ない媒体」を業界関係者からダイレクトに教えていただくことが可能です。


ですから、マスメディア媒体へ露出する第一歩のきっかけ作りや、戦略的にプロモーション、イベント、新店舗展開等のタイミングに合わせてプレスリリース配信展開を行うことも十分可能になってくるというわけです。上手な企画型PR戦略を仕掛けると、一般の記事・番組も後追いで取材を開始するケースも数多く、ウェブ上のブログメディアでもプレゼンスが向上し始めます。マスメディアに取材を行ってもらうことに不利な条件を持っている店舗ほど、効果的な企画を端緒としたPR戦略を試してみる価値があると言えるでしょう。


広告予算全体の中から、適切な割合をPR戦略に振り分ける事が重要


このようにメディアPR企画によるプロモーション施策を選択する小売関連企業が増えつつありますが、1つ注意しておかなければならないことに「広告全体予算のPRへの割り振り方」があります。つまり、PR戦略は非常に大きな強みを多数抱えているのは事実ですが、逆にいくつかの弱点(媒体側都合等により、必ずしもPR露出が出来るかどうか確約ができない等)もあるからです。ですから、広告予算全体を全てPRだけに投げ込んでしまうことはあまりお勧めいたしません。純広告は純広告で、やはり存在価値と効力はあるのですから、如何にプロモーションツールのポートフォリオを作り、広告予算全体を適切に割り振りしていくのかが重要になってきます。そのためには、マーケティング戦略のパートナーとなるべく良質な広告代理店様とお付き合いをしながら、同時に、優秀なPR系代理店を補完的に利用していくという手段も、時によっては大変重要な選択になってくると思います。


メディアブリッジコンサルティングはテレビ媒体に強いPR会社として、各種PR企画をはじめ、プレスパーティー、記者会見、啓蒙イベント等の経験も豊富です。テレビ、新聞、雑誌、ラジオ、インターネット媒体への積極的露出を図って収益を上げたいとお考えの企業様は、是非1度お問い合わせを頂ければ幸いです。



自治体・地域・外国政府観光協会等向けPR




自治体・地域・外国政府観光協会等におけるPR

2008年初頭、PR活動の分野で活躍した人物を選ぶ「PRパーソン・オブ・ザ・イヤー」(日本PR協会主催)に宮崎県の東国原英夫知事(50)が選ばれ、12日、東京・千代田区の日本外国特派員協会で表彰式が行われました。東国原氏が宮崎県知事に就任してからというもの、彼の活動を追うマスメディアを通じて、宮崎県そのものおよび関連市場の知名度が爆発的向上したため、この受賞は当然のものと言えるでしょう。時を少々後にして、大阪府知事にはテレビで活躍するタレント弁護士の橋下徹氏が当選。こちらもメディアでのさまざまな活動を通じ、大阪府をPRしています。これを契機に、日本中の自治体が「わが県わが市町村ではいったい何をしているんだ?宮崎県にすべてを持っていかれていいのか?」といった、まるで焦りに似たような声が聞こえ始めてきました。実際、地方活性化は何年も前からの合言葉のようなキーワードでしたが、実際に上手な地方活性施策を遂行しきれているところは少ないのが現実のようです。


また、外国政府、なかでも観光局や観光協会などにおいても日本国内市場へのPRは大変重要な課題になっています。もともと海外旅行好きといわれる日本人ですが、裏をかえせば、日本人こそが莫大なお金を外国の観光関連市場に落としてくれる最上顧客であるわけで、各外国政府により日本人観光客市場を獲り合いになっているのが実際のところです。すると当然ながら、あちこちの国で日本人観光客を誘致するためのPR施策が練られ、日本国内で大きく展開がされていくわけです。もちろん、外国巣政府観光局のすべてが潤沢な広告予算を持っているわけではないので、小さい国家ほど観光客を呼び込むことに苦しむことになります。また、仮に大きな広告予算を取ることができたとしても、広告効果が年々下がっている現状、実際に、観光客誘致につながるような効果的な広告プランニングを行うことは難しくなっています。


そこで、有名知事を有しない日本国内自治体や、莫大な広告予算を取ることができない、もしくは、広告予算が実際の観光客誘致に結びついていない外国政府の観光局などが目をつけ始めているのが、日本国内の観光需要喚起および地域活性化につなげるPR戦略です。つまり、観光需要を大きく喚起するテレビ、新聞等のマスメディア番組・記事として大きく取り上げてもらうことを戦略的に遂行することに着目をしているわけです。しかしここで問題点が浮上します。日本のマスメディアがほとんど東京に集中していることはよく知られるところですが、ところが実際のところ、「どうやって東京のマスメディアを地方(外国)に振り向かせることができるのか?」という問題です。東京のメディアは主に東京のトピックを取り扱うのは極々当たり前の事ですから、地方や外国の話題に目を向けてもらうのは、(PR戦略の素人には)大変難しい課題になってきてしまいます。


自治体や外国政府観光局でも実際のPR活動を成功させきれていない


一般的にメディアリレーションを築く方法はプレスリリースなどにより、マスメディア媒体の制作現場へリーチをする方法があります。直接プレスリリースなどを利用してマスメディアに取材をしてもらうことは、ブランディングにも販売促進(観光客誘致)にも役立つPR手法といえるでしょう。MBCでもプレスリリース等を利用した通常のPR手法(パブリシティ活動)に関してはコンサルティングを含めて多数のサポートを用意しておりますが、テレビ等の影響力の強いマスメディア媒体に取材をしてもらうことが難しい案件も存在します。特徴的な観光の目玉などを有していない自治体・外国はその中の1つであるといえるでしょう。その理由として、 1.番組記事製作に絡む製作予算問題 2.非常に数多い競合 3.マスメディアが探しているトレンドをつかむことの難しさ(情報収集)といったようなものがあげられます。


1.番組記事製作に絡む製作予算問題

東京のマスメディア媒体が地方の話題、ましてや外国の話題を取り上げる場合にはそれらの土地に取材担当記者やロケ隊を派遣しなければなりません。特にテレビ番組などになると、地方ロケのコストは大変高いものに跳ね上がってしまい、昨今の制作費減少に悩む番組(製作会社)を大きく悩ますことになります。媒体製作サイドにとって、コストをできるだけ安く収めるのならば東京都内で取材を終わらせてしまうことが一番簡単ですので、当然、地方や外国の取材になると、相当なよい映像・取材内容を得ることができないと取材陣を送り込むことはできなくなっています。


2.非常に数多い競合

観光分野の取材先占有率を分解してみると、(東国原知事のいる宮崎県のような特殊事情のある例は除き)一部の自治体や国だけが大幅な大規模に寡占しているというようなことはありません。どんなに大きなブランドを有する地域であっても、観光関連取材の数十%を握っているということはなく、多数の地域が取材候補先に存在して、パイを細かく分け合っているという構造になっています。こういった競合数が多い業界では、当然、マスメディア媒体1つに対してアプローチをかけてくる競合数も大変多くなります。当然、マスメディアサイドとしては、毎日受け取るプレスリリースの数からして違います。1日100-200通のプレスリリースは当たり前、人気のある媒体だと400通ということもあるでしょう(私が以前お世話になっていたTV番組のスタッフルームには、1日リリース400通は別に普通でした)。多数の競合の中から自地域の報道用資料だけを目立たせるには、それなりの(PR会社が得意とするような)ノウハウが必要になります。普通の地域観光担当者においそれと出来るものではありません。


3.マスメディアが探しているトレンドをつかむことの難しさ(情報収集)

これは地方自治体や外国政府観光局のPR事情だけに限ったことではありませんが、マスメディアがオンゴーイングで追い求めている情報をタイミングよく入手することはかなり難しいタスクになります。マスメディアが探している企画情報を常に収集するには、MBCのようなPR会社などが、メディアプロモーション専属の人間を雇い、常にマスメディア媒体に営業回りをしないと情報が入ってきません。ただでさえ人手が少ない地域観光の広報部で、こういった活動を100%行うことは無理に近い話だと思います。


こういった諸所の問題をクリアするために、MBCのようなPR会社的な存在を上手く活用することが、これからの自治体・外国政府観光局におけるメディアプロモーションには重要なファクターになってくることは間違いないでしょう。


広告予算全体の中から、適切な割合をPRに振り分ける事が重要


こういった問題点をプロフェッショナルの力を借りたり、自ら広報戦略戦術立案能力を高めたりする方法でクリアしながら、プロモーションの核としてPR戦略を選択する自治体・外国政府観光局が増えつつありますが、1つ注意しておかなければならないことに「広告全体予算のPRへの割り振り方」があります。つまり、PRは非常に大きな強みを多数抱えているのは事実ですが、逆にいくつかの弱点(媒体側都合等により、必ずしもRP露出が出来るかどうか確約ができない等)もあるからです。ですから、広告予算全体を全てPRだけに投げ込んでしまうことはあまりお勧めいたしません。純広告は純広告で、やはり存在価値と効力はあるのですから、如何にプロモーションツールのポートフォリオを作り、広告予算全体を適切に割り振りしていくのかが重要になってきます。そのためには、マーケティング戦略のパートナーとなるべく良質な広告代理店様とお付き合いをしながら、同時に、当方のようなPR系代理店を補完的に利用していくという手段も、時によっては大変重要な選択になってくると思います。


メディアブリッジコンサルティングはテレビ媒体に強いPR会社として、各種PR企画をはじめ、プレスパーティー、記者会見、啓蒙イベント等の経験も豊富です。テレビ、新聞、雑誌、ラジオ、インターネット媒体への積極的露出を図って収益を上げたいとお考えの自治体、外国政府観光局関連の皆様は、是非1度お問い合わせを頂ければ幸いです。



大学・専門学校・教育関連事業向けPR




大学・専門学校・教育関連事業におけるPR

いよいよ大学全入学時代が平成21年に訪れ(文部科学省の計算だと平成19年に前倒しされました)、数年前からはついに広島県・山形県の某大学を例とするように、大学を運営する学校法人の経営が行き詰まり、本格的な倒産劇も始まってしまいました。世の中はようやく長かった不況のトンネルを抜けて好景気に沸き始めている時勢ですが、少子化問題に対する国のソリューションはなかなか示されず、ただ子供が減っていく現象だけには歯止めをかけることは出来そうもありません。子供だけが唯一のカスタマーたりえる大学・専門学校・教育関連事業は完全な大競争時代に入りました。一部の超ブランド学校法人等を除き、生き残る企業は生徒を集める力(広告宣伝広報力を有する集客力)を持つ組織のみであるのは、どうやら自明の理であるようです。そんな厳しい経営環境の中でも、埼玉県に学園を構えるA学園女子大学のように、PR会社と広告代理店とパートナーシップを結び、テレビ番組を中心に積極的なマスメディア媒体へのPR露出を図ることで、学校のブランディングと生徒(及びその家族)へのプロモーションに成功している学校も増えてきました。マスメディアを使った勝ち組学校法人の登場といったところでしょう。


これまでも学校法人や教育企業のブランディングに熱心な一部の組織は、広告戦略を積極的に推進してきました。しかし、そういった学校や企業の広告宣伝担当者、マーケティング担当者から頻繁に聞かされる台詞があります。「最近、広告の反応率が昔に比べてぐっと落ちてしまった」ということです。反響型広告よりはイメージ重視型広告の施策を行うことが多い学校法人でさえも、こういった昔から変わらない広告手法だけに頼ったプロモーション方法に様々な疑問を持ち始めていることは同じ状況のようです。もちろんこれは貴方様の学校・企業のみが抱えている問題ではなく、業界全体が同じ悩みを持っているのは間違いありません。だからこそ、競合学校・企業に先駆けて、いち早く効果的なプロモーション手法を「決め球」としてマーケティング戦略に取り入れることに成功しさえすれば、あっさり競合を出し抜くことも可能であるといえるでしょう。そのための有効な手段がPRです。何故、学校経営・教育ビジネスにおいてPRが有効なのかをここで解説していきましょう。


[理由1] 「広告」と異なり自然に視認されていく「PR」の手法


PR戦略は常に「記事・番組」の形をとりながら、媒体そのもののコンテンツの中にクライアント企業を登場させるところにポイントがあります。厳密にはPRの中には「記事風広告」というものも含まれているのですが、MBCが扱うものは「記事風広告」を基本的には除きます。あくまで、PR協力費を対価として頂く代わりに、本当の記事・番組として取材をしていただいて、本当の記事・番組としてマスメディア媒体のコンテンツにクライアントを登場させることが、MBCの扱うPRの大きな強みです。

媒体への露出方法が、全く通常の記事・番組という形であるならば、読者や視聴者がそれらコンテンツを「広告なのではないか?」と認識することはありません。現代のマスメディア媒体を見る時の消費者の行動パターンとして、広告を意識的・無意識的に避けてしまうのは誰もが体感的に知っていることです。それら消費者の「広告回避レーダー」をかいくぐるステルス的なプロモーション方法のひとつが、PR戦略です。ですから、露出する媒体そのものの信用力が、クライアントの学校・企業の信用力に転化されることになるため、通常の広告では考えられない反応率を獲得することが可能になるのです。


ブランディング目的のプロモーションは、商品に対する付加価値及びイメージを大幅に高めることを可能にし、小売店が商品を販売する際に競合商品と比較して、価格戦略上有利(値引きなしもしくは値引き少での販売を可能にする)になったり、販売数量を大幅に増やすことができるということになります。故に、多数の小売店舗それぞれの売上が上がることで、それら小売店全てに商品を流している川上のメーカーが、一番の利益を集めることになるわけです。


[理由2] 競合学校・企業には露出不可能な媒体選択とプロモーション方法


弊社が知る限り、通常の純広告を出稿している学校法人・教育関連企業はそれこそ山ほどありますが、PR活動を最大限に生かしている学校法人・教育関連企業はまだまだそれほど多くありません。ですから、競合に先駆けてマーケティングオリエンテッドなPRを戦略的に仕掛けていくことは、競合にとっては露出すること事態が難しい媒体に、普通の広告ではありえない形(記事・番組として)で掲載・放送されるわけですから、競合には同じ真似をしたくとも、PRやペイドパブリシティの仕組みが分っていない限り、実行そのものが難しいという結果となるわけです。


マーケティングの基本の1つに3C(顧客(Customer)、自社(Company)、競合(Competitor) )という概念がありますが、この中の競合企業対策の中の1つとして、敵が全く気づかないうちに戦略的にプロモーションアクションを起こす考え方(コンペティティブインテリジェンスのひとつ)があります。これからは学校法人や教育関連企業も、競合を出し抜いていち早くマーケットを攻略するためのプロモーション施策として、PR戦略は欠かせなくなってくるでしょう。


[理由3] 大幅なコスト削減で期待以上のブランディング・集客効果


メディアPRによるプロモーションを選択されるクライアント様に伺うと、PRを選択した最も決定的な理由は、純広告に比べて相対的に少ない費用で大きな成果を上げることが出来るからと言われることが多いようです。特にテレビ媒体などの場合を考えると、通常CMを打つ場合は500万、1000万の予算ではまともなCMが出来ないという現状の中、大幅な低予算のみで、番組からの取材獲得をプロモートしていくことになります。しかも、広告としての出稿ではなく、あくまでも媒体コンテンツのなかでの露出なので視聴者・読者からの信頼度が高く、通常の広告では期待できないほどのブランディング効果や集客力を得ることになるわけです。


広告予算全体の中から、適切な割合をやPRに振り分ける事が重要


これらの理由でメディアPRによるプロモーション思索を選択する学校・教育関連企業が増えつつありますが、1つ注意しておかなければならないことに「広告全体予算のPRへの割り振り方」があります。つまり、PR戦略は非常に大きな強みを多数抱えているのは事実ですが、逆にいくつかの弱点(媒体側都合等により、必ずしもPR露出が出来るかどうか確約ができない等)もあるからです。ですから、広告予算全体を全てPRだけに投げ込んでしまうことはあまりお勧めいたしません。純広告は純広告で、やはり存在価値と効力はあるのですから、如何にプロモーションツールのポートフォリオを作り、広告予算全体を適切に割り振りしていくのかが重要になってきます。そのためには、マーケティング戦略のパートナーとなるべく良質な広告代理店様とお付き合いをしながら、同時に、優秀なPR系代理店を補完的に利用していくという手段も、時によっては大変重要な選択になってくると思います。


メディアブリッジコンサルティングはテレビ媒体に強いPR会社として、各種PR企画をはじめ、プレスパーティー、記者会見、啓蒙イベント等の経験も豊富です。テレビ、新聞、雑誌、ラジオ、インターネット媒体への積極的露出を図って収益を上げたいとお考えの関係者様は、是非1度お問い合わせを頂ければ幸いです。



コスメ・ビューティー関連企業向けPR




コスメ、ビューティー、ファッションビジネス関連企業におけるPR

コスメ、ビューティー、ファッションビジネスでは、マスメディアからトレンドが常に生まれることは言うまでも無いでしょう。最近では「インターネットから火がついた」というような表現も良く見かけますが、よくよくその情報ソースを調べてみると、テレビ・雑誌を中心とするマスメディア記事・番組を閲覧した人が作成したウェブサイトが火付け役だったりするケースも多くなっています。実際、マスコミで紹介されたファッション、メーク、ヘアスタイル、アイテム等があっという間に需要過多になってしまう現象は、毎日のように見られます。ですから、コスメ、ビューティー、ファッション業界にとって、マスコミに出るかで無いかというのは売上を大きく左右する重要なプロモーションKFSといえるでしょう。


当業界におけるメディアプロモーションの目的を大きく分けると、1.ブランディング目的 2.直接販売促進目的 の二つに分類されると思います。ブランディング目的のプロモーションは、主にメーカーなど商流における川上に属する企業が行うプロモーションで、直接販売目的のプロモーションは、川下に属してエンドユーザーと直接接する機会の多い小売店などが中心となって行います。


ここで言う「メーカーが行うブランディング目的のプロモーション」とは、直接にそのメーカーが商品を販売するわけではないので、現金をその場で生み出すことはありません。では、なぜ欧米のブランド商品メーカーなどは、直接現金を生み出さない「イメージ重視」のブランディング広告に固執するのでしょうか。結果的に、小売店をはるかにしのぐ巨額な利益をメーカーにもたらすブランディング目的プロモーションの仕組みはこうなっています。


ブランディング目的のプロモーションは、商品に対する付加価値及びイメージを大幅に高めることを可能にし、小売店が商品を販売する際に競合商品と比較して、価格戦略上有利(値引きなしもしくは値引き少での販売を可能にする)になったり、販売数量を大幅に増やすことができるということになります。故に、多数の小売店舗それぞれの売上が上がることで、それら小売店全てに商品を流している川上のメーカーが、一番の利益を集めることになるわけです。


つまり、メーカーにとって商品のブランディングに成功しさえすれば、商品1個当たりの販売価格も高いままで流通チャネルに流すことが出来、しかも、ノーブランド商品のように、小売店自身が直接販売促進目的のプロモーションをそれほど行わずとも、商品販売数が増えるわけです。ですから、同じプロモーションといっても、オリジナル商品を持っている(製造している)企業はブランディング戦略が成功のための非常に大きな鍵になってくるのに対し、仕入れ商品を販売している小売店は、ブランディングプロモーションよりも直接販売プロモーションを重視すべきといえます。コスメ、ビューティー、ファッション業界においても、商流の中の自社ポジショニングを明確化させて、必要なのがブランド目的プロモーションなのか、それとも、販売促進目的のプロモーションなのかを明確化しておく必要があるでしょう。


冠スポンサーになれるジャイアントカンパニー以外にはプレスリリースによる通常PRは困難

一般的にメディアリレーションを築く方法はプレスリリースなどにより、マスメディア媒体の制作現場へリーチをする方法があります。直接プレスリリースなどを利用してマスメディアに取材をしてもらうことは、ブランディングにも販売促進にも役立つPR手法といえるでしょう。MBCでもプレスリリース等を利用した通常のPR手法(パブリシティ活動)に関してはコンサルティングを含めて多数のサポートを用意しておりますが、テレビ等の影響力の強いマスメディア媒体に取材をしてもらうことが難しい業種も存在します。コスメ、ビューティーはその中の1つの業界であるといえるでしょう。その理由として、 1.超大手スポンサーによるメディアへの縛りや考査問題 2.非常に数多い競合他社 3.マスメディアが探しているトレンドをつかむことの難しさ(情報収集)といったようなものがあげられます。


1.超大手スポンサーによるメディアへの縛り

特にコスメ分野に顕著なのですが、年間広告宣伝費数十億を支払っている、ほんの数社のジャイアント企業がマスメディアコンテンツを間接的にコントロールするため、中堅以下の同分野企業に対する取材などは行われにくいという現実があります。所謂、「スポンサーの縛り」です。マスメディアの表現が常に主力スポンサーの意向に左右されることは、それぞれのマスメディア媒体を提供する母体が株式会社等の一般企業である以上、極々当たり前のことと言えるでしょう。例えば、某コスメ業界のジャイアントカンパニーがレギュラースポンサーになっている情報番組では、たとえ中小企業であろうとも、決して他の企業のコスメ及び関連商品が露出することはありません。これは、JT(日本たばこ産業)がスポンサードについている番組において、禁煙ネタがタブーであることと同義です。


また、しばしば同時に指摘されるのが「考査」の問題です。最も考査が厳しい媒体はテレビなどの電波媒体ですが、つまり考査とは、マスメディア媒体自身による取材対象・広告出稿企業(商品)への審査業務であって、社会的の問題のある商品や企業を媒体に露出さえることが無いようにするための、自浄作用機関といえます(考査は専門のスタッフをおいているところが多いので「機関」と言えると思います)。社会的に問題が無い場合でも、先の大手スポンサーとの関係上の縛りから「考査によると御社の広告は出来ません」という回答が突きつけられることもあるわけです。考査の内容自体は外部からは一切伺いすることが出来ません。


2.非常に数多い競合他社

ファッション分野の市場占有率を分解してみると、一部の事業だけが大幅な大規模に寡占しているというようなことはありません。どんなに大きなブランドメーカーであっても、ファッション市場の数十%を握っているということはなく、多数の企業が市場に存在して、市場を細かく分け合っているという構造になっています。こういった事業者数が多い業界では、当然、マスメディア媒体1つに対してアプローチをかけてくる企業も大変多くなります(似たような市場構造を持つ業界に、飲食・レストラン業界があるでしょう)。当然、マスメディアサイドとしては、毎日受け取るプレスリリースの数からして違います。1日100-200通のプレスリリースは当たり前、人気のある媒体だと400通ということもあるでしょう(私が以前お世話になっていたTV番組のスタッフルームには、1日リリース400通は別に普通でした)。多数の競合の中から自社の報道用資料だけを目立たせるには、それなりの(PR会社が得意とするような)ノウハウが必要になります。普通の企業においそれと出来るものではありません。


3.マスメディアが探しているトレンドをつかむことの難しさ(情報収集)

これはコスメ、ビューティー、ファッション業界だけに限ったことではありませんが、マスメディアがオンゴーイングで追い求めている情報をタイミングよく入手することはかなり難しいタスクになります。マスメディアが探している企画情報を常に収集するには、MBCのようなPR会社などが、メディアプロモーション専属の人間を雇い、常にマスメディア媒体に営業回りをしないと情報が入ってきません。ただでさえ人手が少ない一般企業の広報部で、こういった活動を100%行うことは無理に近い話だと思います。


こういった諸所の問題をクリアするために、MBCのようなPR会社的な存在を上手く活用することが、これからの企業におけるメディアプロモーションには重要なファクターになってくることは間違いないでしょう。


新規の広告出稿媒体を見つけることが難しい「男性向けお悩み解消ビジネス」

MBC提供するコスメ・ビューティー・ファッション関連のPR企画は、必ずしも女性だけをターゲティングしたビジネスのみが対象というわけではありません。例えば、カツラメーカーなどの男性薄毛関連ビジネス、精力剤等を扱うビジネスなどの男性の身体的お悩み解消系ビジネスも、メディア環境における広告の難しさという観点では、女性向けコスメ・ビューティー業界と非常に近しい立場にあります。これまでは広告出稿したくても考査などの関係で出しどころが見つからず、結局は男性紙やスポーツ新聞などのお決まりの枠でしか広告を行えなかったビジネスは多数あります。こういった企業様にとっても、工夫を凝らしたPRが突破口になるケースは多々あります。実際、「これはちょっと考査で難しいだろう」といわれていた商品なども、MBCではこれまで何度も独自のPR手法にて、記事・番組という形でのマスメディア露出を実現化させてきました。


媒体の選定と露出方法の切り口次第で突破口あり

それでは具体的に、コスメ・ビューティーや男性お悩み系商品などのマスメディア露出難易度が高い商品をどうやって記事・番組化させてきたかというと、やはり企画ありきのPRが基本となります。いくらコストを積んでも出ることが出来ない媒体も多いですが、逆に言うと、テレビ媒体でもコスト次第では何とかなるケースが(レア情報ではありますが)それなりに情報通には集まってくるという現状があります。鍵としてはやはり媒体選定作業と、そのための業界への深い知識・人脈が必要となり、更に、露出するための切り口を当方が考えた上で案件を打診しているということがあげられるでしょう。いずれにせよ、コスメ・ビューティービジネスでの広告宣伝の鍵は、やはり企画ありきのマーケティングPRを如何に上手く利用するかという点に集約するでしょう。


メディアブリッジコンサルティングはテレビ媒体に強いPR会社として、各種PR企画をはじめ、プレスパーティー、記者会見、啓蒙イベント等の経験も豊富です。テレビ、新聞、雑誌、ラジオ、インターネット媒体への積極的露出を図って収益を上げたいとお考えのコスメ・ビューティー・ファッション関連の企業様は、是非1度お問い合わせを頂ければ幸いです。



ママ待望の3人乗り自転車開発 ふらつき克服へ業者全力

◆◆PR News 本日のPick Up◆◆


法律で禁止されてきた自転車に子どもを2人乗せる「3人乗り」について、安全な自転車を開発するよう警察庁が自転車業界に依頼した。子育てママ(パパ)が子ども2人を乗せても安全な自転車は、いつごろ発売されるのか。日ごろ3人乗りで走っている親たちは何を望んでいるのか


ママ待望の3人乗り自転車開発 ふらつき克服へ業者全力の続きを読む

ディズニー、国内独自のテレビアニメーション製作を開始

◆◆PR News 本日のPick Up◆◆


ウォルト・ディズニー・ジャパンは6日、日本市場にあったコンテンツを提供することを目的に、国内にて独自にテレビアニメーションシリーズの製作を行うと発表した。番組製作は、ディズニーの日本におけるテレビ事業を管轄するウォルト・ディズニー・テレビジョン・インターナショナル ジャパンが主導する。


ディズニー、国内独自のテレビアニメーション製作を開始の続きを読む

プロモーション・ミックス

[マーケティング戦略用語]

プロモーション・ミックスの続きを読む

IT関連企業向けPR




IT関連事業におけるPR

IT関連企業において、マスメディアとの関係は通常のPRとは少々異なるスタンスがあるようです。特にインターネットを中心とするIT関連企業の多くは、自らもメディアとしての機能を持っている企業が少なくなく、場合によってはマスメディアと競合関係にあるケースが散見します。こういったことを既存マスメディアの関係者も十分把握しているため、IT系企業の話を喜んで記事・番組にするのは、専門媒体以外ではあまり見られません。一部のビジネス系書籍などではそのままタイトルになっていたりもするのですが、「マスメディアはIT企業を嫌っている」というのはあながち嘘でもありません。しかし、それでも1企業としてメディアを使ったPRは行っていかなければ、売上向上やブランド構築の達成が難しいわけですし、、、IT関連企業のPR戦略はどのような方針で進めていく必要があるのでしょうか。


一般的にベンチャー企業が多いIT系業種企業ですので、その多くが莫大な広告予算をかけることを良しとしないようです(既に上場している企業等、1部例外もあります)。インターネット上の広告は既存媒体に比べて安いと言われていた時代が確かに存在しましたが、今ではすっかりそれも昔の物語になってしまい、インターネット上の広告市場が膨れあがると同時に、有力なネット媒体における広告単価もどんどん上がっていってしまっている状況なのは明らかです。例えば、Google AdwordsやOvertureをはじめとするリスティング広告なども、低予算から出稿が出来る、未だ有力な広告媒体であることは明らかですが、IT企業のマーケティング的に重要視されるキーワードの単価は非常に高価格帯に上り詰めてしまい、各企業が大金を投じて奪い合っている状況がうまれてしまいました。


また更に言うと、いくらインターネットがメディア上の広告市場で大きな存在感を出し始めたからと言っても、結局インターネット上で話題になることや、商品が売れるきっかけとなる萌芽を観察してみると、リアルワールドにその情報ソースがあることがほとんどです。例えば、インターネット上では主要検索エンジンの検索対象キーワードトレンドを調べるサイトや、ブログ等にかかれたタグやキーワードを調べるサイトが多数存在していますが、そのほとんどが、テレビや雑誌を中心とした、既存のメディアから発信された情報であることに御社もお気づきになっているのではないでしょうか。情報の発信元の多くが既存メディアであることが明らかならば、結局のところ、既存メディアへの情報発信を巧緻に実施し、ネット上でその情報の拡大をあおり立てる作業が必要になってくるわけです。ただしかし、既存メディア、特にテレビ媒体への広告出稿は大変なコストのかかるものであるので、全てのIT関連企業が既存マスメディアへの大々的な広告露出を図ることができるわけではありません。


そこでまず、一部の頭の回転が速いIT系企業様は「広告に見えない広告」を出稿することをはじめました。企画広告と呼ばれる記事風広告や特集広告がその主なパターンです。また、「コラム」に似せてつくられたような広告も短期的に増えていきました。これらの企画広告はある期間成功を収めていましたが、段々、マスメディア媒体を見ている人々に「これは記事ではなくて単なる広告だ」とたやすく喝破されるようになってしまいました。結局はエンドユーザーからの反響もそれほどない形で終了してしまうことが珍しくありません。


そして現在、「広告に見えない広告」は最終形とも言える「PR(マスメディア媒体に広告ではなく純粋な記事番組として取材をして頂く)」が主流になってきました。完全な記事・番組としてマスメディア媒体に露出するためのプロモート活動では、メッセージに対するマーケティングターゲットの信頼度が高いだけでなく、「公共性を持ち最新IT事情を持ったニュースであるから、マスメディアは情報を紹介をしている」というイメージングを一般顧客に行うことが可能になります。現在では、企画広告を大きく上回り、多数のPRが各マスメディア上を飛び交っていますし、この傾向は既存マスメディア内だけでなく、インターネット上の各種有力サイトコンテンツの中にも飛び火しています。この傾向は今後より激しくなっていくことが予想されます。こういった理由からも、これまで(IT業界紙や技術系機関誌等を除いて)一般的なマスメディアへの露出を行ってこなかったIT関連業の方でも、今後はマスメディアPRを軽視するわけにはいかなくなっていくでしょう。


広告費用対効果を気にする業界は広報(PR)が勝敗の鍵になる

広告戦略に苦しんでいる業界はなにもIT関連業界だけではありません。弁護士・税理士などの士業なども法律による縛りで自由な内容の広告を打つことは出来ませんし、学校法人、自治体などのように業界慣習から派手な宣伝広告を打つことが出来ない(望ましくない)業種もあります。こういった業界を含めて、現在IT業界でも広告の代替手法として注目をされるのが広報(PR)によるメディア露出戦略です。マスコミ媒体の記事として露出する分には、宣伝臭もなく、非常に自然且つ影響力を大きく保ちながら、自社のアピールが可能になるからです。


特にこういった考え方を組織のトップから実践しようと考えるIT関連企業は、こぞってPR会社を雇い、積極的且つ戦略的にメディア媒体に記事・番組として露出する方向性を選択いたします。全く広告活動を行わないのに、やたらとサービス、商品、企業ブランド、経営者等が有名だったりする事例は多く見かけます。こういったIT関連企業は、非常に大きなプロモーション及び集客結果をあげていることが多いです。


ただし、手練手管に長けたPR会社でもかなり苦労をするのIT業界であることは、最初にお話をしたように既存メディアとの反目関係を見ても明らかです。そうなると、IT系企業を取り扱う場合は、マスコミ側も大変な注意を取り計らう必要があります(特に署名記事を原則としているような媒体はその傾向が強いです)。


よって、IT専門誌を除いた一般マスコミ媒体でIT関連企業の特集を組む場合には、IT関連知識のあるPRブレーンを含むかなりの人数を用意することでPRチームを結成し、緻密且つ徹底的な裏付けとなるデータを用意して、それらに基づいた記事・番組を作成するという形になるのです。こういった理由で、単純なプレスリリース1枚送ったくらいでなかなか記事になりにくい業界の代表格が、IT関連業界であるといえるでのです。


テレビ番組にもきちんと取材されるIT企業もある。その理由は?

「そうはいっても、テレビではIT関連企業にフォーカスをした番組が放送されているじゃないか。そこにプレスリリースを送れば取り上げてもらえる可能性は大きいのではないか?」という疑問をお持ちの方も多いことと思います。しかし、そういったIT関連企業にフォーカスにした番組に取り上げられている企業を調べてみれば、それら企業が番組のビッグスポンサーから大きな出資を受けていたり、単純にネット上だけで展開するサービスでなく、実際の人間を撮影することで「絵取りができる動き」を追うことができるサービスだったり(つまり、メディア媒体向きのITサービス)することは珍しくありません。このように、マスメディア媒体のスポンサー事業内容をよく調査しておいたり、ITサービスそのものにマスメディア取材への親和性を盛り込んでおかないと、単純にプレスリリースを送ったからと言って、番組素材として採用されるなどとは限らないのです(かえって確率は低いでしょう)。


プレスリリース爆撃より、プロフェッショナルによるメディア直接交渉型PRの方が確実

このように、実際のPR活動実行ステージにおいてIT関連企業は「どんな案件でも簡単に差し込むことが出来る」というわけにはいきません。しかし、媒体・タイミング・案件内容を慎重に調査した上で、プロフェッショナルの手によってPRの可能性を探ってみると、御社が思っている事の隙間をついたような形で、マスメディア露出機会が存在していることに気づきます。コスト的に実現可能性がゼロに近い広告戦略や取り上げられる可能性のない、面白みが少ないプレスリリースを乱発するよりは何十倍もコスト・時間を抑えることができるでしょう。


米国IT企業のマーケティングPR戦略を調査してみると良い

PR企画立案時には米国IT企業のPR戦略がかなり参考になります。企業経営者を全面に押し出す形のPR戦術は、米国IT企業の得意とする戦術の1つに数えられます。パブリックになっている統計調査によると、日本のCEOと米国のCEOのマスメディア露出量を比較してみると、圧倒的に米国のCEO方が積極的なマスメディア取材を受けているという現状があります。そしてその多くがIT企業です。例をあげるならば、アップルのスティーブ・ジョブズ氏、マイクロソフトのビル・ゲイツ氏、アマゾンドットコムのジェフ・ベソス氏らです。彼らは日本のトップリーディングIT企業のトップ(例 楽天の三木谷氏、サイバーエージェントの藤田氏等)と比較しても、圧倒的なマスメディア露出量を誇り、そして、マスメディアに登場する彼ら企業トップの姿こそが、一般消費者が抱くその企業そのもののイメージに大きくシンクロしていることがわかります。マイクロソフトのイメージとビル・ゲイツ氏の個人イメージシンクロ具合と、アップルのスティーブ・ジョブズ氏の個人イメージシンクロ具合を比較してみると、私がここで書いていることもなんとなく理解できるのではないでしょうか?このように、米国IT豪快では、企業のトップが会社の顔としてメディアに積極的に出て行くのは当たり前の戦術なのです。


大基本としてのウェブメディア露出も同時に積極化させる

当たり前のことですが、既存メディアほど大きな影響力を持たなくとも、インターネット上の各種媒体はIT関連企業にとっては基本的且つ恒常的なPRターゲットとなってきます。こういったネットメディアに対するPRリーチ手法を、多くのIT関連企業はメールによるプレスリリースのみに頼りがちになってしまいます。ところが、(PR会社がブレーンについているような)一部の抜け目のないIT企業は、積極的にウェブメディアの制作現場に訪問(所謂、メディアキャラバン)を仕掛けています。これによって、プレスリリースでは説明しづらいサービスや会社そのものの特徴を知ってもらうことが出来るので、通常のプレスリリースでは掲載されないような内容が記事になり、本来は小さなベタ記事で終わるはずだった記事が、非常に大きな面積を占めてエンドユーザーに影響力をもった記事へと発展していくことは珍しく無いわけです。


メディアブリッジコンサルティングはテレビ媒体に強いPR会社として、各種PR企画をはじめ、プレスパーティー、記者会見、啓蒙イベント等の経験も豊富です。テレビ、新聞、雑誌、ラジオ、インターネット媒体への積極的露出を図って収益を上げたいとお考えの企業様は、是非1度お問い合わせを頂ければ幸いです。



平台

[テレビ用語]

平台の続きを読む

ビデオエンジニア

[テレビ用語]

ビデオエンジニアの続きを読む

パン

[テレビ用語]

パンの続きを読む

トヨタ、旅客機参入検討 三菱重の開発計画 出資、来月までに結論

◆◆PR News 本日のPick Up◆◆


三菱重工業が事業化を目指す国産初の小型ジェット旅客機の開発計画に、トヨタ自動車が出資を検討していることが分かった。三菱重工は製造などを担う事業会社の設立に向け、経済界に幅広く出資を募っており、トヨタに対しても資本参加を要請した。トヨタは四月までに結論を出す方向。


トヨタ、旅客機参入検討 三菱重の開発計画 出資、来月までに結論の続きを読む

病院・医療・医薬品関連業向けPR




病院・医療・医薬品関連業マーケティングにおけるPR

病院・医療・医薬品関連業のプロモーションにおいて、薬事法等の医療関連法規による広告表現の「縛り」は、マーケティング及び宣伝担当者にとって非常に難しいものがあります。また、広告表記そのものに問題が無くとも、医療及び医薬関連のプロモーションは、マスメディア媒体側の広告審査が非常に厳しいという事実もあります。更に言うと、それら諸問題をクリアしたとしても、一般的に医療・医薬品関連サービス、商品の広告費用は非常に甚大なものになるケースが多くなっております(それでもまだ広告活動が出来るだけましでしょう。多くのケースではそれすらままならない現状があります)。


ところが更に近年では、一般市民「医療業界」に対する不信がこの上も無く高まってしまっている状況にあります。しかし、他の業種・業態に比べて広告活動を自由に行うことができない医療・医薬品関連業界は、一般市民の信頼を取り戻すための広告を発信することすらできません。業界の信頼度を上げるための広告が出来ないくらいなのですから、個々の医院・企業の認知及び集患目的のプロモーションを自由に行うことなどは、ある意味夢のまた夢といったような状況でしょう。


そこでまず、一部の頭の回転が速い医院・企業様は「広告に見えない広告」を出稿することをはじめました。企画広告と呼ばれる記事風広告や特集広告がその主なパターンです。また、「コラム」に似せてつくられたような広告も短期的に増えていきました。これらの企画広告はある期間成功を収めていましたが、段々、マスメディア媒体を見ている人々に「これは記事ではなくて単なる広告だ」と喝破されるようになってしまいました。


そして現在、「広告に見えない広告」は最終形とも言える「PR(マスメディア媒体に広告ではなく純粋な記事番組として出る)」が主流になってきました。完全な記事・番組としてマスメディア媒体に露出することは、メッセージに対するマーケティングターゲットの信頼度が高いだけでなく、「公共性を持ち最新医療技術であるからメディアは情報を紹介をしている」というイメージングを一般顧客に行うことが可能になります。現在では、企画広告を大きく上回り、多数のPRが各マスメディア上を飛び交っています。この傾向は今後より激しくなっていくことが予想されます。こういった理由からも、これまで(医療業界紙や学会機関誌等を除いて)一般的なマスメディアへの露出を行ってこなかった医療・医薬品関連業の方でも、今後はマスメディアPRを軽視するわけにはいかなくなっていくでしょう。


広告が使えない業界は広報(PR)が勝敗の鍵になる

広告が自由に活用できない業界はなにも医療・医薬品関連業界だけではありません。弁護士・税理士などの士業なども法律による縛りで自由な内容の広告を打つことは出来ませんし、学校法人、自治体などのように業界慣習から派手な宣伝広告を打つことが出来ない(望ましくない)業種もあります。こういった業界で広告の変わりに注目をされるのが広報(PR)によるメディア露出戦略です。マスコミ媒体の記事として露出する分には、宣伝臭もなく、非常に自然且つ影響力を大きく保ちながら、自社のアピールが可能になるからです。


特にこういった考え方を組織のトップから実践しようと考える企業・団体は、こぞってPR会社を雇い、積極的且つ戦略的にメディア媒体に記事・番組として露出する方向性を選択いたします。全く広告活動を行わないのに、やたらと医院や治療法等が有名だったりする事例は多く見かけます。こういった医院や企業は、非常に大きなプロモーション及び集客(患)結果をあげていることが多いです。


ただし、手練手管に長けたPR会社でもかなり苦労をするのが医療・医薬品業界であることも一方で事実です。人間の命を預かるサービス・商品を取り扱う情報をパブリックな媒体に掲載させるには、マスコミ側も大変な注意を取り計らう必要があるからです(特に署名記事を原則としているような媒体はその傾向が強いです)。


よって、マスコミ媒体で医療薬品関連の特集を組む場合には、法律知識のあるブレーンを含むかなりの人数を用意したチームを結成し、緻密且つ徹底的な裏付けとなるデータを用意して、それらに基づいた記事・番組を作成するという形になるのです。こういった理由で、プレスリリース1枚送ったくらいでなかなか記事になりにくい業界の代表格が、医療・医薬品関連業界であるといえるでしょう。


テレビ媒体では健康・医療関連番組が盛んにもてはやされているがその理由は?

「そうはいっても、テレビでは散々健康や医療をテーマした番組がレギュラーで放送されているじゃないか。そこにプレスリリースを送れば取り上げてもらえる可能性は大きいのではないか?」という疑問をお持ちの方も多いことと思います。しかし、そういった健康・医療をテーマにした番組のレギュラースポンサーになっている企業を調べてみれば、それら企業・団体のために番組の1から100まで(もちろん露骨でなく自然な形で)制作されていることがわかるでしょう。有名な某健康番組のスポンサーが、脂肪がつかない調理用油を販売している某大企業であるように。ですから、健康や医療を取り扱っている番組であるからといって、スポンサーの事業内容をよく調査しておかないと、単純にプレスリリースを送ったからと言って、番組素材として採用されるとは限らないのです(かえって確率は低いでしょう)。

スポンサー縛りはあるものの、プレスリリースよりはPRの方が確実

媒体への差込力があるPRですが、医療・医薬品に関しては「どんな案件でも簡単に差し込むことが出来る」というわけにはいきません。やはり困難はつきものであるのが当方のこれまでの経験からもはっきりとしています。しかし、媒体・タイミング・案件内容を慎重に調査した上でPRの可能性を探ってみると、御社が思っているより隙間をついたような形で、マスメディア露出機会が存在していることに気づきます。実現可能性がゼロに近い広告やプレスリリースを乱発するよりは何十倍もコスト・時間を抑えることができるでしょう。

自身はあえて一歩引いた視点で情報を発信する啓蒙型マーケティングPRが有効

PR企画を実行をする際にもひと工夫は必要です。例えば、医院や医薬品を前面に押し出した形の広報スタイルにせず、社会問題提起型の切り口で世論・データを収集しながら、同問題のソリューションの1つとして、対象の医院や医薬品を紹介するという啓蒙型マーケティングPRの形に納める方法などが代表例です。

コメンテーターとして「先生」を積極的にメディア露出させる

医院ならば自社の先生、医薬品等ならば同商品をプッシュしてくれる先生を選出し、コメンテーター等で人物PRを図っていく方法もあります。その先生をマスメディア媒体に効果的に露出することができれば、インターネット戦略等を効果的に組み合わせて、検索エンジン結果などから(最終目的の)医院・医薬品等へのサイトへアクセスを注入させると言う方法などが考えられます。このような点も踏まえて、総合的にメディアミックスプロモーションを緻密に考えておくのが成功の秘訣でしょう。


メディアブリッジコンサルティングはテレビ媒体に強いPR会社として、各種PR企画をはじめ、プレスパーティー、記者会見、啓蒙イベント等の経験も豊富です。テレビ、新聞、雑誌、ラジオ、インターネット媒体への積極的露出を図って収益を上げたいとお考えの病院・医療・医薬品関連業の皆様は、是非1度お問い合わせを頂ければ幸いです。



携帯下位メーカー岐路に・三菱電機が撤退を発表

◆◆PR News 本日のPick Up◆◆


三菱電機は3日、携帯電話機事業から撤退すると正式発表した。世界首位のノキアが年間3億台を販売するのに対し、三菱電機の販売台数はわずか200万台程度だ。日本の携帯電話機市場は世界全体の5%程度(台数ベース)にすぎないが、そこに10社がひしめき合っていた。三洋電機が京セラに事業を売却するのに続き、下位メーカーを中心に業界再編の動きが加速しそうだ。


携帯下位メーカー岐路に・三菱電機が撤退を発表の続きを読む

ライフサイクル・アセスメント

[経営マネジメント用語]

ライフサイクル・アセスメントの続きを読む

じっくり開発低カロリーパン 伊藤忠・ユニーが共同で

◆◆PR News 本日のPick Up◆◆


短期で開発され、素早く店頭に並べられるコンビニ商品。「スピード勝負」が常識のコンビニエンスストアに、1年かけてじっくり開発した食品が登場した。伊藤忠商事グループとライバルだったユニーグループが共同開発した低カロリーパンだ。


じっくり開発低カロリーパン 伊藤忠・ユニーが共同での続きを読む

リスク・マネジメント

[経営マネージメント戦略用語]

リスク・マネジメントの続きを読む

バレ飯

[テレビ用語]

バレ飯の続きを読む

バラす

[テレビ用語]

バラすの続きを読む

ばみる

[テレビ用語]

ばみるの続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
share on Tumblr Clip to Evernote Yahoo!ブックマークに登録 この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

PR by Google

◆【マスコミリスト付き!】ご自身でテレビPR技術を学ぶ方法があります


まずはお試しとして…御社のメディアPR戦略ノウハウを自身で学習してみませんか?



◆大手マスメディアサイトのディレクトリに直接登録が可能になりました


大手マスメディアサイトのディレクトリに直接登録が可能になりました



◆お電話又はFAXでのお問い合わせ


お電話・FAXによるPR会社MBCへのお問合せ/ご質問はこちら

早期対応が必要な緊急のご連絡は、出来るだけお電話をご利用していただけますようお願いいたします。



◆メールフォームでのお問い合わせ


PR会社MBCへのお問合せ/ご質問メールフォームはこちら

メールフォーム利用時は、こちら記載のプライバシーポリシー内容にご了承の上で送信お願いいたします。