バトン

[テレビ用語]

バトンの続きを読む

弁護士・税理士・公認会計士向けPR




PR力の有無が弁護士・税理士・公認会計士ビジネスの生き残りキーワード

一昔前は「机と電話があれば直ぐに開業できる」と言われた資格業(士業)。安定した職業の代表でもあった業界ですが、今ではすっかり過当競争と値引き競争の荒波に襲われた代表業種となってしまいました。放っておいてもお客が勝手に増えていく時代はすっかりなりを潜め、士業自らがマーケティング戦略を立案し、営業戦術まで落とし込んでいかなければならない時代になってしましました。こうなると、傍目にもわかりやすく「勝ち組士業」と「負け組士業」とに分岐が発生し、事業戦略のなかでプロモーションの善し悪しがその分岐点の大きな要因になってしまうことは明らかです。


これほどまでにプロモーションの重要さが注目を浴びているにも関わらず、多くの士業の方は自社プロモーションがどうしても下手なケースが多いようです。それは元来、専門職としてそれぞれのスペシャリストになるための訓練は積んできたものの、マーケティングそのものには全く触れた経験がないという事に原因がある場合や、はたまた、規制緩和が進んできたとはいえ、広告宣伝における表現が難しい業種であることは言うまでもありません。つまり、元来のプロモーション力不足に加えて、規制が厳しい広告出稿環境が追い打ちをかけることにより、大変に集客が難しくなってきているのが、士業を取り巻く現状であるといえそうです。廃業に追い込まれる弁護士事務所、税理士事務所等が増えているのもうなずける次第です。


では、こういった厳しい環境の中で上手くビジネスを行っている士業に共通することは何でしょうか。様々な要因がある事は事実ですが、大きな士業ビジネス成功要因の1つに「マスメディアへの有効露出(効果的PR戦略)」という事があげられます。例えば、近年では法律をテーマにしたテレビ番組の影響から、ほんの少し前まではごくごく普通の法律家だった方が、突然全国区の人気法律家になってしまうだけでなく、選挙に出馬して当選して政治家になってしまう方まで現れてしまう始末です。ここまで大成功している例は少ないにしても、多かれ少なかれ成功している士業はテレビ、新聞、雑誌、ラジオ、ウェブを含めたマスメディアへのPR露出を貪欲に活用することで、広告出稿では得られなかった(むしろ、広告よりも何十倍もの効果を得られるケースの方が多数出ております)集客プロモーション効果を得ることが出来ます。このように先行した成功者が多数出ているため、士業マーケティングにおいてのマスメディアPR戦略の重要度は年々増しているという状況にあります。


「効果的なマスメディア媒体に純粋な記事・番組コンテンツとして出演すれば最大限の集客効果が得られる」


これは士業マーケティング及び宣伝担当者様ならば十分承知していることでしょうが、士業の商品は「人」そのものです。となると、人間のブランディングを地道に行っていかなければならなくなります。マスメディア、特にテレビという媒体は、常に「人間」を題材にして映像を作成していきますので、上手く士業側がマスメディアを活用をするPR施策を打つことで、効率効果的なプロモーションを実行に移しやすくなると言う側面をもっております。ただ残念ながら、効率的なメディアPRの手法を、一般の士業が熟知しているというケースはあまり多く無くありません。また、テレビPRに関しては、通常の広告代理店様に依頼をしても、なかなか結果が出ずらい面があります。そのことを当の広告代理店様も知っているために、(一番消費者に効果がある)テレビPRの案件相談をしてみても、思わず「しかめ面」をされてしまいやすい業種でもあります。しかし、メディアブリッジコンサルティングならば、1流雑誌・新聞の記事はもとより、一般ではなかなか露出をすることが難しいテレビ番組への純粋な露出の最大化を図ることも企画次第では可能になりうるので、PR活動が難しい御社業界での多面的なメディアリーチ戦略において成功を収める道筋をご提案させて頂く事が可能です。


PR上手な士業とPR下手な士業が生死を分ける時代に

実際の所、、従来ではPR会社やPRコンサルタントを活用する士業事務所はそれほど多くありませんでした。しかし近年では、大変多くの士業の方々がPRプロフェッショナルと契約を結ぶケースが増えております。もちろん、潤沢な広告宣伝費をと規制をくぐり抜ける広告クリエイティブ作成技術をお持ちの士業の場合は、PRに頼ることなく、プロモーションタイムスケジュールのピーク時に合わせて、純広告を段階的且つ大量に投入することで十分な集客が可能になるでしょう。しかし(これをお読みのあなた様がマーケティング・宣伝ご担当者ならば肌で感じていることでしょうが)、近年、純広告の効果そのものがどんどん下降線を辿っており、代替的で効果的なプロモーションとして、ここでもやはりPRが非常に大きな注目を浴びているため、「プロモート力のあるPR会社」を士業同士が奪い合うといったような現象まで起こっています。


通常、純広告のみで顧客の信用を得ることは難しいため(現代人は誰もが広告コピーを「まずは疑ってかかる」はずです。いくら広告で丹念に商品・企業の説明をしたところで、どうしても耳を傾けてもらえないのが実際でしょう。ましてや、一般の方にとっては仕組みそのものが複雑(に思える)で、サービスクオリティが属人的要素で測られる士業サービスはなおさらでしょう。ですから、純粋な記事・番組という形をとるPRは、「士業マーケティングにおいて、広告に見えない広告」として、今後は更に有力なプロモーション手法としてシェアを伸ばしていくことは明らかです。また、有力メディアに対するPR活動は、単純に短期的集客効果を上げるだけではなく、士業ブランディング(個人ブランディング)にも大きく寄与いたします。


時流に合わせた企画で商品セミナーを情報番組へ出すと言う手もある

各士業界特有の最新情報を(見込)顧客に説明するためにセミナー等を行っている方も数多くあると思いますが、そういったセミナーを少々「メディア向き」に演出しながら、各媒体への出演を勝ち取っていくという方法はPR業界ではよく行われております。例えば、法律改正などの情報については、各マスメディア記者もプロフェッショナルである士業の方々から直接話しを伺えるチャンスを重要視したりするケースが多数あります。

その際には当然のようにプレスリリースキットを用意してマスメディアに配布するのですが、(特にテレビ媒体などは)演出的に画力(えぢから)が求められる場合があるので、それに対応した取材素材の用意をあらかじめしておくことで、より一層PRの可能性と効果を高めることが可能になります。法律関連のセミナーの場合で例を取ると、単に弁護士の方が講演を行うだけでなく、法律改正によって実際に影響を受ける人々をゲストに呼ぶであるとか、具体的な法改正に対する対応策をビジュアルで表現する演出を盛り込む等の工夫が必要になります。これがマスメディアに報道されることになると、「テレビに出演されていた人だから話をもっと聞いてみたい」と視聴者や読者(=御社のターゲット顧客)に直感的に感じていただく事が可能になります。そのためには、単純なセミナーだけで終わらせてしまうのではなく、多少の演出のための汗はかかねばならないでしょう。




基本は「カリスマ・プロフェッショナル」として資格所有者をメディア露出させていく

士業におけるマスメディア媒体を利用したPR企画は、資格所有者その人を、カリスマもしくは業界屈指のプロフェッショナルとしてメディアの前面に出す手法(所謂、広告塔戦略です)こそがマッチしたPR戦術であると言えるでしょう。逆に言うと、人そのもの以外の商品があまり存在しない士業という世界では、これが唯一と言って良いほどのPR基本戦術といえるでしょう。弊社ではこれまでも、多数の「人」をコメンテーター等の役割でメディアへ送り込んできました。ただし、媒体露出する人には、専門知識はもちろん、メディアにて「映える魅力」を兼ね備えていることが必要な場合もあります(特にテレビ媒体ではその傾向が強い)ので、見え方そのものをかなり意識した形で、弊社と具体的な協議をしながらPRの戦略を練る必要がベストでしょう。


メディアブリッジコンサルティングはテレビ媒体に強いPR会社として、各種PR企画をはじめ、プレスパーティー、記者会見、啓蒙イベント等の経験も豊富です。テレビ、新聞、雑誌、ラジオ、インターネット媒体への積極的露出を図って収益を上げたいとお考えの企業様は、是非1度お問い合わせを頂ければ幸いです。



フジテレビ午後7時はクイズ!4月改編で木、金に番組新設

◆◆PR News 本日のPick Up◆◆


フジテレビは27日、東京・台場の同局で4月の改編を発表。午後7時台に“ベルトクイズF&F”と題し、クイズ番組を中心とした編成を行うことを明らかにした。


フジテレビ午後7時はクイズ!4月改編で木、金に番組新設の続きを読む

レント・シーキング活動

[経営マネジメント用語]

レント・シーキング活動の続きを読む

連帯購買

[マーケティング戦略用語]

連帯購買の続きを読む

ブランドロイヤリティ

[マーケティング戦略用語]

ブランドロイヤリティの続きを読む

バストショット(BS)

[テレビ用語]

バストショット(BS)の続きを読む

箱馬

[テレビ用語]

箱馬の続きを読む

ハイポジ

[テレビ用語]

ハイポジの続きを読む

通話基本料0円…イー・モバイル、料金プラン発表

◆◆PR News 本日のPick Up◆◆


携帯電話事業のイー・モバイルは25日、3月28日に開始する音声通話サービスの料金プランを発表した。


通話基本料0円…イー・モバイル、料金プラン発表の続きを読む

マネジメントサイクル

[経営マネジメント用語]

マネジメントサイクルの続きを読む

老齢厚生年金

[人材戦略用語]

老齢厚生年金の続きを読む

ロワー・マネジメント

[経営マネジメント用語]

ロワー・マネジメントの続きを読む

なめる

[テレビ用語]

なめるの続きを読む

なぐり

[テレビ用語]

なぐりの続きを読む

金融・不動産関連業向けPR




金融・不動産関連業マーケティングにおけるPR戦略

業界事情から商品の差別化及び商品ベネフィットをターゲット顧客へ的確に説明することが難しいためか、金融・不動産関連事業を営んでいる企業様にとっては事業戦略のなかでプロモーションは大きな悩みの1つであると言えるでしょう。特に、複雑な金融商品などにおいては、商品知識が豊富でないターゲット顧客に対して、広告上で全てを説明することは非常に難しい(もしくは法的制限等があるので禁じられている)ため、「まずはカテゴリーそのものに興味を持ってもらう」というステップを踏み、直接来店(もしくは訪問営業)等を促しながら口頭で商品セールスを行わなければならないシーンも多々あるでしょう。


金融機関では上記のような理由に加えて、世間からの「反発」によってプロモーションそのものが非常に難しくなっており、単純な大量広告出稿だけではなかなか適切な顧客を獲得することは難しくなってきております。それでもコングロマリット型の巨大金融機関ならば、「まずは商品カテゴリーそのもの興味を持ってもらう」というステップを踏むためだけに、イメージ広告等を大量に打つことが可能でしょうが、中堅企業及びベンチャー企業等においては、短期的な直接収益に結びつづらいそのような物量広告作戦は難しいかもしれません。


そこで有効に活用してもらいたいのがマスメディア媒体へのPRです。しかしながら、業界紙を初めとする専門誌だけならともかく、金融商品及び不動産関連業サービス等を、一般の新聞・テレビ等に露出させていくことには非常な困難が伴います。また、一昔前なら、極々限られた投資家だけにリーチをすれば十分商売が成り立っていたため、大規模な広告などはそれほど多方面で利用されてきたとはいえませんでした。しかし、最近は人口が非常に増加している個人投資家層などを幅広く取り込むこと等が、業界生き残りの条件ともなりつつあり、それら一般的な個人投資家層などにリーチをするためには、彼らが普段目にしているマスメディア記事に金融機関や不動産事業者そのものが露出することが必要です。ところが一つ問題があり、こういった新進顧客層は、えてしてこれまでの既存顧客とは違うメディアからのリーチが必要になってしまうと言う点です。こういった理由からも、これまで一般的なマスメディアへの露出を行ってこなかった金融・不動産関連業の方こそが、今後はマスメディアPRより重視しなければ行けなくなってきております。


「効果的なマスメディア媒体に純粋な記事・番組コンテンツとして出演すれば最大限の集客効果が得られる」


これは金融・不動産関連業のマーケティング及び宣伝担当者様ならば十分承知していることでしょう。しかし、金融・不動産関連業はメーカーや飲食店等と異なり、パブリシティ活動(広報活動)の結果がなかなか出にくい業種のひとつと言えるでしょう。よって、通常の広告代理店様等に依頼をしても、なかなか結果が出ずらい事を、代理店様関係者自身も知っているために、思わず「しかめ面」をされてしまいやすい業種でもあります。しかし、メディアブリッジコンサルティングならば、1流雑誌・新聞の記事はもとより、一般ではなかなか露出をすることが難しいテレビ番組への純粋な露出の最大化を図ることも企画次第では可能になりうるので、PR活動が難しい金融・不動産業界での多面的なメディアリーチ戦略において成功を収める道筋をご提案させて頂く事が可能です。


広告は「耳を傾けてもらえない」時代に

もちろん、潤沢な広告宣伝費をお持ちの企業の場合は、PRに頼ることなく、プロモーションタイムスケジュールのピーク時に合わせて、純広告を段階的且つ大量に投入することで十分な集客が可能になるでしょう。しかし(これをお読みのあなた様がマーケティング・宣伝ご担当者ならば肌で感じていることかもしれませんが)、近年、純広告の効果がどんどん下降線を辿っており、代替的で効果的なプロモーションとしてPRが非常に大きな注目を浴びております。


通常、純広告はオーディエンスの信用を得ることは難しいため(現代人は誰もが広告コピーを「まずは疑ってかかる」はずです。もちろん、これをお読みの貴方様も例外ではありませんが)。いくら広告で丹念に商品・企業の説明をしたところで、どうしても耳を傾けてもらえないのが実際でしょう。ましてや、一般の方にとっては仕組みそのものが複雑(に思える)金融商品や不動産関連商品・サービスはなおさらです。ですから、純粋な記事・番組という形をとるPRは、「広告に見えない広告」として、今後は更に有力なプロモーション手法としてシェアを伸ばしていくことは明らかです。また、有力メディアに対するPR活動は、単純に短期的集客効果を上げるだけではなく、ブランディング戦略にも大きく寄与いたします。


時流に合わせた企画で商品セミナーを情報番組へ出すと言う手もある

金融商品や投資投資物件の説明のためにセミナー等を行っている企業様も数多くあると思いますが、そういったセミナーを少々「メディア向き」に演出しながら、各媒体への出演を買い取っていくという方法はよく行われております。当然、具体的な金融・不動産商品そのもののプレスリリースキットも用意しておきますが、(特にテレビ媒体などは)演出的に画力(えぢから)が求められる場合があるので、それに対応した用意をあらかじめしておくことで、より一層PRの可能性と効果を高めることが可能になります。「テレビでやっていた投資セミナーだから僕(私)も参加してみたい」とターゲット顧客に思わせなければならないのですから、多少の演出のための汗はかかねばならないでしょう。


投資のカリスマとして「人」を広告塔としてメディア露出させる

マスメディア媒体を利用したPR企画には、何も商品や企業そのものを前面に出すだけが唯一の方法ではありません。名物経営者、カリスマ講師、著名評論家として、企業の代表や研究員、スタッフ等をメディアの前面に出す手法(所謂、広告塔戦略です)も、金融・不動産関連事業にはかなりマッチしたPR戦術であると言えるでしょう。当方でもこれまで、多数の「人」をコメンテーター等の役割でメディアへ送り込んできました。ただし、媒体露出する人には、専門知識はもちろん、メディアにて「映える魅力」を兼ね備えていることが必要な場合もあります(特にテレビ媒体ではその傾向が強い)ので、当方と具体的な協議の上でPRの戦略を練る必要がございます。


メディアブリッジコンサルティングはテレビ媒体に強いPR会社として、各種PR企画をはじめ、プレスパーティー、記者会見、啓蒙イベント等の経験も豊富です。テレビ、新聞、雑誌、ラジオ、インターネット媒体への積極的露出を図って収益を上げたいとお考えの企業様は、是非1度お問い合わせを頂ければ幸いです。



兼六園 茶屋街 金箔工芸… 台湾のテレビ 金沢特集

◆◆PR News 本日のPick Up◆◆


台湾のテレビ局「民視テレビ」が二十七日から四日間、日本を紹介する旅行番組「ゴーゴージャパン」の石川県特集第三弾となる取材で金沢市を訪れる。同テレビは、ダム建設など台湾の治水に尽くした金沢出身の八田與一技師(一八八六-一九四二年)の生涯を描いたアニメ映画「パーテンライ」(虫プロダクション制作)の制作にかかわるなど縁が深い。市は「これを機に台湾の観光客が増えることを期待したい」と話している。


兼六園 茶屋街 金箔工芸… 台湾のテレビ 金沢特集の続きを読む

飲食店・ホテル旅館業向けPR




飲食店・ホテル旅館業マーケティングにおけるPR戦略

飲食店・ホテル旅館業を経営されている方は常々お考えのことと思いますが、ご同業者の中にやたらとマスメディアに取り上げられて強烈な集客を行っている「マスメディア記事の常連」という店舗が存在いたします。マスメディアに出れば出るほど集客の具合がよくなるので、非常に早いスピードで多店舗展開を成功させたりするケースが多々みられます。いったいどうしてマスメディアは同じお店に集中して取材を行おうとするのでしょうか?また、そのような店舗はいったいどうやってメディアに取り上げられるきっかけを作ったのでしょうか?もちろん「たまたまマスメディア側から声をかけてきた」というケースもありますが、多くの場合は「企業(店舗)自らがマスメディアに声をかけたことから取材が始まり、1度露出した記事を他のメディアが発見して、どんどん取材が雪だるま式に増えていった」というケースです。


「マスメディアに自らが声をかける」とは多くの場合、プレスリリースの配信や記者クラブへの投げ込み、記者会見、メディアキャラバン、プレスイベント等をさします。所謂、パブリシティアクションです。リリースの切り口がユニークだったり、店舗そのものが新奇性溢れるものであったりする場合は、プレスリリース1通の配信でマスメディアの注目を大きく集めることも可能です。しかし反面、様々な諸事情により、プレスリリース等のメディアコンタクトが一切効果を出さないパターンも存在いたします。もしも、あなたの店舗や企業がこれらのパターンに陥ってしまっている場合は、どんなに秀逸なプレスリリースを配信しても、決してマスメディアから取材をされることはありません。ここではそのパターンについて少しご説明をいたします。


[マスメディアに無視される理由1] 媒体メインスポンサーの縛り

プレスリリースを送る企業が見落としがちなこととして、媒体内容と正規スポンサー企業との関係性です。マスメディアの多くは読者や視聴者を「真の顧客」と考えていません。マスメディアにとっての「真の顧客」は高額の広告料金を支払ってくれるスポンサー企業に他なりません。一部の雑誌媒体は書店で一冊もうれなくても、広告収入があれば全然収益的には問題ないといわれます。また、テレビ媒体に関しては、(NHK、衛星放送、ケーブルテレビ等の有料放送を除いて)視聴そのものが無料で行われているので、メディア媒体は常に広告主の意向のみに沿う形でコンテンツを制作するのは当たり前のことです。


つまり、スポンサーに大手飲食チェーンが入っている媒体に対して、競合に位置づけられる飲食店がプレスリリースを送っても記事・番組として採用されないのは当たり前と言えます。スポンサーの縛りによっては、どんなに優れたプレスリリースも採用されることが無いというケースが存在するというわけです。


[マスメディアに無視される理由2] 東京都心に店舗がない

少々厳しい結論から申し上げますが、旅行雑誌や紀行番組等を除き、地方の飲食店、ホテル、旅館等が大きな取材を受ける可能性は非常に少ないと言えます。理由は非常にシンプルで、東京のみに集中している報道関係者が地方までロケに出かけるのは、コストが非常に高くつきすぎるからです(テレビクルーの場合は、3人のロケで1日20万円以上は軽くコストがかかります)。その点東京都心(特に渋谷区、港区、中央区、世田谷区等のマスコミが集中している地域)にある飲食店舗等には取材が多く訪れやすい環境にあります。取材をするに当たって、全く同じ条件の店舗が2つあるとするならば、絶対に東京都心に居を構える店舗のほうが、地方に展開する店舗よりもPR戦略的には非常に有利な立場にいるわけです。


[マスメディアに無視される理由3] マスメディアサイドの企画リサーチ内容・タイミングを入手できない

最も決定的な理由は、マスメディア側の探しているリサーチ素材の内容を知ることが出来ないこと(ちなみに広告出稿主や大手広告代理店には、きちんと媒体の企画情報が定期的に届きます)、仮に媒体の記事・番組傾向を研究したとしても、どういったタイミングで御社店舗にマッチした企画を探しているかの調査がほぼ不可能ということです。どんなに良質なプレスリリースの切り口と店舗そのもののニュース性を提供してみても、企画タイミングとずれている場合は絶対に取材はされません。ですから、某大手ポータルサイトなどは億単位の費用をPR会社にかけて、民放キー局人気番組の放送予定内容をリサーチしたりして、マスメディアに出やすい状況を事前に調査することに必死となっているのです(それすら飛び越えて、多くのIT企業はマスメディアそのものを手中に収めてしまおうとの動きが過去何度もあったのは皆様もご存じのことと思います)。


上記3つのデメリットが合っても緻密なPR戦略の立案で媒体露出可能性が非常に高まる

上記3つのような「マスコミに取材されない(されにくい)理由」を御社が有していたとしても、緻密で計画的なPR戦略を上手にしかけることで、マスメディア媒体への露出可能性が出てきます。


PR企画による手法は、純粋な記事・番組という形でマスメディア媒体コンテンツに出演する方法です。プロモート作業の課程で、媒体制作サイドから「現在リサーチ中の企画情報」を常に受け取ることがもでてくるため、そういったニーズから逆算してプレスリリースを作成することも可能です。また、地方でのロケに関しても、アゴ・アシ・マクラ等のコスト協力をすることで、きちんと取材対象として選出してもらうこと可能になるケースも出てきます。媒体の主力スポンサーの意向だけはどうにもなりませんが、PR企画の実施をする中で、事前に「取材を受けることが出来る媒体」と「決して取材を受けることが出来ない媒体」を業界関係者からダイレクトに教えていただくことが可能です。


ですから、マスメディア媒体へ露出する第一歩のきっかけ作りや、戦略的にプロモーション、イベント、新店舗展開等のタイミングに合わせてPR企画の実施を行うことも十分可能になってくるというわけです。マスメディアに取材を行ってもらうことに不利な条件を持っている店舗ほど、企画力によってPRを試みてみる価値があると言えるでしょう。もちろん、コストのかかるペイドパブリシティも中にはありますが、それも基本的なフリーパブリシティを取得するためのメディアPR戦略をきちんと立案実行した上での補完施策となります。


季節感を考えたプレスパーティーや試食会、勉強会等のイベントは効果大

飲食店・ホテル旅館業で大きなPR効果を発揮するのが、季節感を考えたプレスパーティー、試食会、勉強会等のイベントです。これらの業種では「ハコ」を持っていることが大きな利点といえる(特に東京都内の場合は!)ので、そのハコを使ったPRイベントを実施してその場で取材をさせてしまう手法が多数取られております。マスメディア、特にテレビ媒体は1年の中でその時々の季節感を大切にした番組を企画するため、そういった季節感を考え且つ視聴率のとれる可能性があるイベントには目がありません。春夏秋冬その時々の恒例イベンを実施して、注目度の芸能人をブッキングすることで多数の番組・紙媒体から取材が入り、あっという間に3ヶ月、4ヶ月先までの予約が埋まってしまったと言うことも特に珍しくはありません。


メディアブリッジコンサルティングはテレビ媒体に強いPR会社として、各種PR企画をはじめ、プレスパーティー、記者会見、啓蒙イベント等の経験も豊富です。テレビ、新聞、雑誌、ラジオ、インターネット媒体への積極的露出を図って収益を上げたいとお考えの企業様は、是非1度お問い合わせを頂ければ幸いです。



クライアント業種別のPR手法をご紹介致します。



飲食店やホテルをご経営の方は、トレンド情報系番組・記事へのPR露出を戦略的に図っていく事で大きなプロモーション効果を得る事が出来ます。 経済関連媒体に対して、ペイドパブリシティ同時戦略的にしかけることの重要性と有効性が非常にクローズアップされております。
広告活動が法的に制限される法務事務所や税務会計事務所は、自らがメディアに露出する必要があります。MPCのPR戦略はそのための最短最速手段です。 広告活動が難しい医療・医薬品関連業。そんな業種で最も実用的なプロモーション手法がPRです。特にテレビ媒体を活用したPRは大きな柱として重宝されます。
ハイペースな成長戦略が必要なIT企業様には、的確なPR活動が深刻な懸案事項です。しかし、PR戦略で露出が可能な媒体は一定数存在しています。 常にトレンドに敏感なターゲット顧客を狙うこの業界は、パブリシティを効果的に機能させるためのメディアPR戦略が必須となります。
完全に競争過多時代に入った日本の教育業界。今必要なのは「学生に入学対象として選んでもらう為の学校の魅力」を配信するPR力です。 観光客を集めるには、東京・大阪といった都市を中心にマスメディアの露出を図っていく必要性があります。
メディア露出による集客効果が瞬時に分かるのが小売業です。戦略的にある期間のみ集客をMAXまで持っていく事もメディアPR戦略を有効活用する事で可能です。 製造業に足りないのが「販売力」といわれますが、PRを苦手とする企業でもPR戦略企画立案実行力を使えば、メディア露出によるプロモーションが可能です。
物理的な「商品」を持たないサービス業にとっては、メディアPR戦略を機能させる事で、プロモーション成功の最短ルートが手に入ります。 開業医などの独立系医療関係者向けのPR戦略コースです。MBCでは独立医療機関、開業医向の豊富なPR戦略成功実績がございます。


ドリー

[テレビ用語]

ドリーの続きを読む

ドライ

[テレビ用語]

ドライの続きを読む

労働関係調整法

[人材戦略用語]

労働関係調整法の続きを読む

労働基準法

[人材戦略用語]

労働基準法の続きを読む

ダスキン、モスバーガーと資本業務提携 食材など協力

◆◆PR News 本日のPick Up◆◆


ミスタードーナツを展開するダスキンと、ハンバーガーチェーンのモスフードサービスは20日、資本・業務提携すると発表した。お互いに約20億円分の株式を持ち合うとともに、競争が激しいファストフード分野で、販売促進やオリジナル商品の開発に共同で取り組み、カフェなどの新業態を検討する。詳細な計画は5月末までにまとめる。


ダスキン、モスバーガーと資本業務提携 食材など協力の続きを読む

トークバック

[テレビ用語]

トークバックの続きを読む

同ポジ

[テレビ用語]

同ポジの続きを読む

テロップ

[テレビ用語]

テロップの続きを読む

労働協約

[人材戦略用語]

労働協約の続きを読む

労働組合

[人材戦略用語]

労働組合の続きを読む

労働契約理論

[人材戦略用語]

労働契約理論の続きを読む

労働組合法

[人材戦略用語]

労働組合法の続きを読む

労働時間

[人材戦略用語]

労働時間の続きを読む

労働者災害保険法

[人材戦略用語]

労働者災害保険法の続きを読む

てれこ

てれこの続きを読む

てっぱり

[テレビ用語]

てっぱりの続きを読む

デスク

[テレビ用語]

デスクの続きを読む

ディゾルブ

[テレビ用語]

ディゾルブの続きを読む

労働者派遣法

[人材戦略用語]

労働者派遣法の続きを読む

つまむ

[テレビ用語]

つまむの続きを読む

単発

[テレビ用語]

単発の続きを読む

富山化学を買収へ=TOBで子会社化、総額1000億円超―富士フイルム

◆◆PR News 本日のPick Up◆◆


*富士フイルムホールディングス <4901> が、中堅医薬品メーカーの富山化学工業 <4518> を子会社化する方向で検討していることが13日、分かった。近くTOB(株式公開買い付け)を実施する。買収総額は1000億円を超える見通し。富山化学が強みを持つ新薬開発能力を生かし、メディカル・ライフサイエンス事業の強化を図る。


富山化学を買収へ=TOBで子会社化、総額1000億円超―富士フイルムの続きを読む

橋下知事が退職金50%カット、2月議会に提案へ

◆◆PR News 本日のPick Up◆◆


大阪府の橋下徹知事(38)は12日午前、府議会議長や各会派に対し、府独自の新規事業をゼロにした7月末までの新年度暫定当初予算案の説明を始めた。一方、3人のうち1人が空席の副知事人事は29日に開会予定の2月定例府議会に提案せず、当面空席とする方針を示した。また、知事退職金を50%カットする条例改正案も提出することを明らかにした。


橋下知事が退職金50%カット、2月議会に提案への続きを読む

労働生産性

[人材戦略用語]

労働生産性の続きを読む

橋下知事、NHK生放送でキレる 「遅刻はこちらの責任じゃない」

◆◆PR News 本日のPick Up◆◆


大阪府の橋下徹知事は8日、NHKの「かんさい特集」に生出演した。番組は大阪市の平松邦夫市長らと討論する形で進められたが、女性アナウンサーの進行のやり方にキレて、ほかの出演者からたしなめられる一幕があった。


橋下知事、NHK生放送でキレる 「遅刻はこちらの責任じゃない」の続きを読む

ローコストオペレーション

[商業施設管理用語]

ローコストオペレーションの続きを読む

ロードサイドショップ

[商業施設管理用語]

ロードサイドショップの続きを読む

ログ

[情報施策用語]

ログの続きを読む

ログイン

[情報施策用語]

ログインの続きを読む

ロジスティクス

[生産管理用語]

ロジスティクスの続きを読む

「赤福」4カ月ぶりに営業再開-「赤福餅」を求めて行列、エールも

◆◆PR News 本日のPick Up◆◆


創業300年の和菓子メーカー「赤福」(伊勢市宇治中之切町)が2月6日、朝5時に営業を再開した。再開は昨年10月12日以来約4カ月ぶり。


「赤福」4カ月ぶりに営業再開-「赤福餅」を求めて行列、エールもの続きを読む

タイムキーパー

[テレビ用語]

タイムキーパーの続きを読む

宅送

[テレビ用語]

宅送の続きを読む

ダメだし

[テレビ用語]

ダメだしの続きを読む

タリー

[テレビ用語]

タリーの続きを読む

段取り

[テレビ用語]

段取りの続きを読む

ぜひもの

[テレビ用語]

ぜひものの続きを読む

占拠率

[テレビ用語]

占拠率の続きを読む

ネット証券5社 初の売買代金減 07年 「株頼み」からの転換急務

◆◆PR News 本日のPick Up◆◆


インターネット証券大手5社の2007年の株式売買総額が、ネット取引が本格化して以来初めて前年を下回った。新興企業向け市場の長引く低迷に加え、米国のサブプライム(低所得者向け高金利型)ローンによる市場の混乱が直撃した。収益の柱だった売買代金の減少で、「株頼み」の収益構造からの転換を急ぐネット証券が増えそうだ。


ネット証券5社 初の売買代金減 07年 「株頼み」からの転換急務の続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
share on Tumblr Clip to Evernote Yahoo!ブックマークに登録 この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

PR by Google

◆【マスコミリスト付き!】ご自身でテレビPR技術を学ぶ方法があります


まずはお試しとして…御社のメディアPR戦略ノウハウを自身で学習してみませんか?



◆大手マスメディアサイトのディレクトリに直接登録が可能になりました


大手マスメディアサイトのディレクトリに直接登録が可能になりました



◆お電話又はFAXでのお問い合わせ


お電話・FAXによるPR会社MBCへのお問合せ/ご質問はこちら

早期対応が必要な緊急のご連絡は、出来るだけお電話をご利用していただけますようお願いいたします。



◆メールフォームでのお問い合わせ


PR会社MBCへのお問合せ/ご質問メールフォームはこちら

メールフォーム利用時は、こちら記載のプライバシーポリシー内容にご了承の上で送信お願いいたします。