テレ朝がMBSに「酷似番組」謝罪

またもや厄介な問題でニュースが流れてしまった。他局(毎日放送)のコンテンツと酷似してりう番組をテレビ朝日が作成してしまったというのだ。聞けば、毎日放送のウェブサイトを参考にして企画書を仕上げてしまったと言う。これだけテレビ業界がナーバスになっている時期に、これはいくらなんでも失態であると言わざるを得ない。これまで、雑誌媒体等のテレビ叩きを(業界構造等からの視点で)擁護してきたのだが・・・今回の話はとても残念だった。ただ、番組として「ネタ」がない状況というのは必ず陥るわけで、思わず参考にしてしまったんだろうなあ・・・と思うのだが。どうせならウチにネタ募集を振ってくれればいいのにね(しかし実際は色々と振って頂いているが、全てにお答えできていないのがウチの力不足でもあるのだが・・・)。


ところで今週の週刊朝日が手元にあるのだが、まだ一生懸命テレビネタを追いかけている(あるある大辞典Ⅱの不祥事は週刊朝日の記事が発端だった)。今度は日本テレビ系列の「おもいッきりテレビ」だそうだ。内容を見る限り、正直、大騒ぎする必要もない大した記事ではなかった。週刊朝日自体がネタ切れだなと感じた。



それにしても、雑誌媒体は健康系テレビ番組を全滅させるつもりなのだろうか。年々下がっていく発行部数に歯止めを掛けることが出来ない雑誌業界は、「これは美味しい!」と思うネタをつかむと、何度も何度も噛み千切る。今回もこれだけ大きなネタで部数を(恐らく)増やす事ができたのだろう、いつまでも同じ切り口でひっぱろうとしているのが見え見えで、記事内容レベルが下がっている。正直見苦しい。


別に僕は雑誌媒体を攻撃したいわけではない。正直、雑誌媒体にはテレビ媒体以上に「探られると痛い腹」がたくさんあることも、自分が所属する業界関係上、良く知っている。それにも拘らずテレビ業界が特に雑誌業界をつつくような事をしないのは、雑誌をいじくってもロクに視聴率が取れるようなネタにならないということと、情報収集のロジックと実務が異なるメディアだからだ(これらの違いはしばしば、雑誌媒体は釣り師に、テレビ媒体は魚屋の客に例えられる。詳しくはここでは言わないでおく。


そういった媒体制作過程の違いから、テレビは雑誌媒体にいちいちかまっていられない。しかし、雑誌媒体にとってはテレビはいい「ネタもと」だ。雑誌記者はテレビ制作のワイドショー関係者などと仲良くして、美味しい情報(例えば女子アナウンサーネタ等)を引き出そうとしてくる。一方、テレビはテレビで雑誌が第一報したネタなどを活用した番組を作ることは常套だ。要は持ちつ持たれつの関係だ。だからこそ、今の雑誌媒体によるテレビたたきは「もう潮時だろう、そろそろいい加減にしたほうがいいな」と個人的に感じてしまうのだが・・・。



◆◆ニュースソース◆◆


テレ朝がMBSに「酷似番組」謝罪




◆その他のテレビ関連PRニュース [2007/04/14]



バイ・デザイン、DVDプレーヤー内蔵の10.2型液晶テレビ新発売
nikkeibp.jp
DC-1000AWシリーズは、DVDビデオ、DVD±R/RW、CD-R/RWの再生に 加え、デジタル放送を記録したVRモード(CPRM対応)のDVD ±R/RWも再生できるDVDプレーヤーを内蔵する10.2型液晶 テレビ。内蔵バッテリーにより約3時間の連続再生も 可能で、車載専用製品ではないが、AC電源 ...
このトピックに関する記事をすべて表示する

バイ・デザイン、地デジ対応20型ハイビジョン液晶テレビが直販限定で69800円
RBB Today
バイ・デザインは13日、地上デジタルチューナー内蔵の2 0型デジタルハイビジョン液晶テレビ「LW-2000DHY」を 発売。同社直販サイト専用モデルで、価格は69800円。 LW-2000DHYはパーソナルユースを想定したモデル。ハイビ ジョン対応液晶パネルを搭載し、D4/PC入力/光音声出力 ...
このトピックに関する記事をすべて表示する

ケミプロがストップ高、有機ELテレビの本格始動で思惑買い
株式新聞
ソニー <6758> が12日、年内に有機ELテレビを発売すると表 明したことで、有機ELを展開する同社に買い注文が集 まった。大引けで買い物を残している。有機ELテレ ビは東芝 <6502> なども09年度をメドに発売する予定で、注目度が高い 。 ...
このトピックに関する記事をすべて表示する

有機ELテレビの2007年内発売を宣言、ソニー・井原副社長
nikkeibp.jp
ソニーが年内に発売するのは,11型の有機ELテレビ である。同社はこの試作機を,2007年1月に米国で開催さ れた「2007 International CES」で披露している。「その反響に背中を押された」と 井原氏は語った。この試作機は,自発光ディスプレイな らではの映像のきれいさと, ...
このトピックに関する記事をすべて表示する

第2日本テレビ、投稿参加型コンテンツや東京六大学野球の試合など配信
BroadBand Watch
日本テレビが運営する動画配信サービス「第2日本< b>テレビ」は、投稿システムを利用したオリジナルコ ンテンツ「COROLLA Presents 新しい尺度。」の配信を4月12日より開始する。また、4 月14日からは東京六大学野球の試合映像の配信も開始す る。いずれも、視聴は無料。 ...
このトピックに関する記事をすべて表示する

市民がテレビ電話で市長と懇談/須賀川
福島放送
須賀川市長と市民がまちづくりについてテレビ電 話で顔を見ながら話し合う「テレビネット市民懇 談」が12日、本格的にスタートした。 今回は長沼町公民館と市長室をインターネット回線で結 び、よりよい市政のあり方について意見を交わした。 ...
このトピックに関する記事をすべて表示する

超薄型有機ELテレビ発売へ…ソニー07年、東芝09年
読売新聞
ソニーは11型テレビを今年中に発売する。11 日から東京ビッグサイトで始まった「国際フラットパネ ルディスプレイ展」に、パネルの厚さが約3ミリの11 型と約10ミリの27型の試作品を出品している。東芝 の発売は2009年となる見通しだ。 ...
このトピックに関する記事をすべて表示する

デジタルライフでテレビの楽しみ方は変わったか
CNET Japan Blogs
HDD/DVDレコーダー利用者に、録画して見るテレビ番 組と生で見るテレビ番組の割合を、ジャンル別に 尋ねたところ、映画、ドラマ、アニメといったジャンル では録画して見る割合が多く、ニュース、スポーツ、情 報番組などの速報性や、リアルタイムの臨場感を重視す るジャンル ...
このトピックに関する記事をすべて表示する

ニュースリリースポータル ニューズ・ツー・ユー・ネット
News2UNet (プレスリリース)
インターネットを介した企業広報支援「ネットPR」 を提唱・推奨する株式会社ニューズ・ツー・ユー (東京都千代田区、代表取締役:神原弥奈子、以下ニュ ーズ・ツー・ユー は、このたびネットエイジキャピタルパートナーズ株式 会社(東京都目黒区、代表取締役社長:小池聡、 ...
このトピックに関する記事をすべて表示する

グローバル・ハイアット・コーポレーション、Andaz (TM)を発表
Business Wire (press release) - San Francisco,CA,USA
グローバル・ハイアット・コーポレーションはこの他、 ハイアット・バケーション・クラブと区分所有住宅の運 営会社ハイアット・バケーション・オーナーシッ プと、ホーソン・スイーツとマイクロテル・インズ・ア ンド・スイーツをフランチャイズするUSフランチャイズ ・ ...
このトピックに関する記事をすべて表示する

広報担当者会同を開催
自衛隊ニュース
午前中は、平成18年度の各広報活動の現状を報告、 そのあと平成19年広報行事予定の確認や計画する訓 練報道公開について話し合った。また、開設するホーム ページや携帯サイトの活用状況や、計画している記念日 行事等における募集広報コーナーの設置、イベン トチラシへの募集 ...
このトピックに関する記事をすべて表示する

石原氏の勝利は、当然だった
オーマイニュースインターナショナル
他のテレビ関連マスコミがいたかどうか、撮った としても何かの「大人の決着」があったかどうかは不明 だが、その画面はどこにも流れていない(音声だけはネ ットで密かに流れている)。もし私が撮っていたら10 0%流すに決まっているのに。やはり運というのはある んだな ...
このトピックに関する記事をすべて表示する

今日のマスコミ 4月13日
JanJan
●衆院「憲法調査特別委員会」は、国民投票法案(与党 修正案)を自民・公明両党の賛成多数で可決した。憲法 改正への第一歩は野党の抗議のなか踏み出された。 【与党との修正協議を担当してきた民主党の枝野幸男筆 頭理事と園田康博理事は「円満な委員会運営ができなく ...
このトピックに関する記事をすべて表示する

ここから本文です
nikkeibp.jp
それは映画『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン(以下、東京タワー)』 のマスコミ試写を見た日の話だ。年に何百本も映 画を見る“映画マスコミ”と呼ばれる人たちが、 スクリーンの中で展開しているボクとオカンの物語に、 目を真っ赤にしているのだ。 ...
このトピックに関する記事をすべて表示する

チャ・スンウォン、リュ・ドクファン主演映画『息子』マスコミ試写会
innolife.net
マスコミ試写会で、無期懲役囚の父親と息子の短 い出会いを描いたヒューマンドラマ『息子』で父親役を 演じるチャ・スンウォンは、「息子を育てることに関し て多くを知っていると思っていたが、再び考えさせられ た」と感想を語った。さらに「シナリオに描かれた父親 の姿に ...
このトピックに関する記事をすべて表示する




-------------------------------------------------------------------------
-------------------------------------------------------------------------



このエントリーをはてなブックマークに追加
share on Tumblr Clip to Evernote Yahoo!ブックマークに登録 この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

PR by Google

◆【マスコミリスト付き!】ご自身でテレビPR技術を学ぶ方法があります


まずはお試しとして…御社のメディアPR戦略ノウハウを自身で学習してみませんか?



◆大手マスメディアサイトのディレクトリに直接登録が可能になりました


大手マスメディアサイトのディレクトリに直接登録が可能になりました



◆お電話又はFAXでのお問い合わせ


お電話・FAXによるPR会社MBCへのお問合せ/ご質問はこちら

早期対応が必要な緊急のご連絡は、出来るだけお電話をご利用していただけますようお願いいたします。



◆メールフォームでのお問い合わせ


PR会社MBCへのお問合せ/ご質問メールフォームはこちら

メールフォーム利用時は、こちら記載のプライバシーポリシー内容にご了承の上で送信お願いいたします。