ベンチャー企業向PR特別支援

ベンチャー企業向特別支援


ベンチャー企業のみ対象の『特別低予算枠PR活動支援』。


テレビ、新聞、雑誌、ウェブメディア・・・と全ての媒体にマーケティングPRリーチを達成させていく弊社のPRサービスシリーズは、クライアントニーズに基づいて様々なコースに分かれています。それらのPRコースは、中堅企業及び大企業等を基本に価格設定がされています。


PRコース設定比較01


しかしながら、どうしても上記の価格形態だと、ベンチャー企業や中小企業の場合はPRサービスの基本コストを支払うことが出来ないケースが多くなってしまうようです。非常に面白い商品やサービスを展開しているにもかかわらず、予算環境にて満足なPR活動が出来ないというのは、大変に口惜しく、勿体ない状況であると言わざるを得ないでしょう。


そこでMBCでは、ベンチャー企業や中小企業にとって、予算環境が十分ではなくとも各マスメディアに対するPR活動を展開できるようなPR支援サービスの提供を廉価で行っております。こちらはあくまでも「プレミアPRサービス」「トータルPRサービス」といった正規PR支援コースから、弊社担当者の人数簡素化、「PR戦略コンサルティング+実務代行」から「PR戦略コンサルティング」を中心に据える、等の工夫によって、大幅なコストダウンを図ったサービスになっております。


PRコース設定比較02


PRコース設定比較03


サービス内容を限定してコストダウンを図ってはおりますが、あくまでも支援内容のベースメントとしては、大企業向けサービスの「プレミアPRサービス」「トータルPRサービス」をベンチャー企業向けにアレンジしたものになりますので、その支援内容にも充実化が図られており、且つ、気軽にお申込みを頂くことが可能になっております。


しかし、実際のコンサルティング内容は1.テレビを頂点とするがベンチャー企業としてまずは新聞雑誌ラジオ等も含んだ全媒体上にて総括的にPR活動を実施、2.ベンチャー特有のPR戦略立ち上げ時の困難時を上手く乗り越え、知名度の向上を第一に掲げる、3.早期に売上げ規模を10億円レベルまで引き上げていく事、を目標として活動をしていく点が特徴となっております。


PRコース設定比較04



年商5億円以下のベンチャー企業/中小企業が対象


当サービスは弊社本来のメインサービスである「プレミアPRサービス」「トータルPRサービス」とは扱いが異なる、ある意味特別なディスカウントコースとして位置づけられております。ですので、上記2サービスの定期クライアント様に対する区別化を行うためにも、全ての企業の方にも同サービスを無分別でご提供をする訳にはいきません。そこで当サービスのご提供先企業様は、下記の要件にある企業様に限定をさせていただいております。


1.年商5億円以下のベンチャー企業/中小企業

当サービスは年商5億円以下のベンチャー企業・中小企業に最適化されております。弊社から現場に送り込むPRコンサルタントは1名のみとなりますが、その分、弊社内にてバックアップメンバーがクライアント企業様のPR業務に対して支援補助をさせていただくことになります。ご契約にあたっては、クライアント企業様業績(財務諸表等、売上規模を証明できる帳票)のご開示をお願いしております。


2.戦略的PRを導入することで早期に売上10億円を目指していく気概がある企業

年商が5億円でも、業界トップクラスである弊社のPRコンサルティングサービスを導入することで、是非とも、早期の売上10億円達成を目指していただける企業様に限定させて頂きます。せっかくのPR戦略ですから、是非とも、これを機会に弊社と一緒に大きな業績向上を目指す企業様と、パートナーシップを結ばさせていただきたいと、私どもスタッフ一同考えております。



3.売上10億円を達成した段階で「「トータルPRサービス」に移行となります

当「ベンチャー向PRサービス」を導入していただきました後、売上規模が10億円を突破したクライアント企業様におきましては、速やかに「トータルPRサービス」にご契約内容を移行していただけますよう、よろしくご協力をお願いしております。売上規模が10億円を突破すると、さすがに、1名のみで担当をしている当サービスではPR業務そのものを消化することが難しくなってしまいます。売上10億円突破以降のフェーズでは、PRコンサルタント3名体制に増強することで、更なる業績向上に向けて支援をさせていただきます。



実際のマスメディア露出の一例


クライアント様とは契約情報の秘匿義務がありますので全ての事例・顧客をご紹介することは出来ませんが、ほんの一部ご紹介できる部分のみを掲示させていただきます。


テレビPR

テレビPRの成功例

テレビPRの成功例


雑誌PR

雑誌PRの成功例


新聞PR

新聞PRの成功例

新聞PRの成功例

新聞PRの成功例


ウェブサイトPR

ウェブサイトPRの成功例

ウェブサイトPRの成功例



【決算対策まとめ払い】適用について


期末に好決算を予想される企業様は納税額について非常に深刻な心配をされていることと思います。しかし、どうせ無駄使いされてしまう多額の税金を納めるくらいならば、納税するはずだった資金の何%かを将来を見据えたPR戦略に投入することで、今期以上の好成績をたたきだす布石を打ったほうがよっぽど「まとも」な事業リソースの使い方だと思いませんか?


MBC提供の「ベンチャー向PRサービス」サービスでは、契約期間分のコンサルティングフィーを決算対策用に事前まとめ払いをすることが可能です。節税対策として有効な経費使用をして頂いた上、将来的な売上アップに繋がるMBCのPR戦略サービスを最大限に受けることができる、非常に有効な資金配分施策であると言えます。


【決済対策まとめ払い適用のメリット】

・好決算が予測される期の節税対策となります。
・将来的な事業拡大に寄与するPR戦略への前向きな投資となります。

実際、PRそのもののサービス効果をMBCに期待するのは当然として、決算対策用にフィーをまとめ払いをして頂く事で節税対策に生かしているクライアント様は数多くいらっしゃいます。決算対策まとめ払いの適用に関しまして詳しいことはお問合せ頂けますよう、よろしくお願いいたします。





お問合せはこちらから =まず無料相談から=


「ベンチャー向PRサービス」にご興味を持っていただいた方は、こちらをクリックしてまずは無料でご相談・お見積もりのご請求をしてください。ご入力フォームに切り替わりますので、必要事項をご入力の上送信してください。出来るだけ早急にご返信させて頂きますが、お急ぎの方はお電話等にてご連絡頂けますよう宜しくお願い申し上げます。また、サービス特性上、具体的に弊社担当者との直接ミーティングの上、サービス展開のプランを立てさせていただいた方がより適切なPR施策の構築が可能になりますので、ご検討下さい。


ベンチャー向PRサービスへのお問合せはこちらをクリック。お電話は03-3572-0481




-------------------------------------------------------------------------
-------------------------------------------------------------------------

このエントリーをはてなブックマークに追加
share on Tumblr Clip to Evernote Yahoo!ブックマークに登録 この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

PR by Google

◆【マスコミリスト付き!】ご自身でテレビPR技術を学ぶ方法があります


まずはお試しとして…御社のメディアPR戦略ノウハウを自身で学習してみませんか?



◆大手マスメディアサイトのディレクトリに直接登録が可能になりました


大手マスメディアサイトのディレクトリに直接登録が可能になりました



◆お電話又はFAXでのお問い合わせ


お電話・FAXによるPR会社MBCへのお問合せ/ご質問はこちら

早期対応が必要な緊急のご連絡は、出来るだけお電話をご利用していただけますようお願いいたします。



◆メールフォームでのお問い合わせ


PR会社MBCへのお問合せ/ご質問メールフォームはこちら

メールフォーム利用時は、こちら記載のプライバシーポリシー内容にご了承の上で送信お願いいたします。