ため息。「トリビアの泉」行き過ぎ演出か、フジは捏造否定

ため息だ。ため息なのは所謂「また捏造か」という事ではない。報道番組は別として、バラエティ等のエンターテイメントとしてのテレビ番組に真実性を求める事のナンセンスさに私はため息を付かざるを得ない。何が人々を潔癖症にかりたてるのだろうか。


CX「トリビアの泉」は完全なバラエティ番組である。この番組が放送する内容に対して、ノンフィクションである事を徹底して求める事にどのような意義があるのだろうかということだ。事実を事実のまま放送することは報道番組では重要な事だが、バラエティ番組ではさほど重要な事には思えない。


何度も何度も繰り返して私は言っていることだが、「やらせ」と「演出」の境界線がどこにあるのか、これらをもっと我々視聴者は学び取る術を得なければならないと思う。メディアリテラシーだ。全てが真実のまま放送する事が最も尊いのであれば、演出家(ディレクター)という商売は腕をふるう場所が無くなってしまう。


もっというならば、こうやってテレビ番組をひたすら糾弾している(せざるをえない)他のマスメディア媒体も、真実だけをそのまま書いているという状況には程遠い。そこにはペイドパブリシティもあればタイアップもある、スポンサー向け「マルゼ」の提灯記事もある。そういったものに対して全面容認とはいわずとも、その存在意義を理解しながら、マスメディアを取り巻く世の中は回ってきたはずだ。


これら一連の騒動でテレビ制作現場に【演出的なリミッター】がギチギチにかけられてしまうようになるならば、「最近テレビがつまらない」等という無責任な放言も、より一層勢いを増してしまうのだろうか・・・。国民への影響力故に、自縄自縛になっていく・・・私が好きだったテレビ業界が様変わりしていくのを見るのはなんとなしに寂しい限りだ。



◆◆ニュースソース◆◆


「トリビアの泉」行き過ぎ演出か、フジは捏造否定




このエントリーをはてなブックマークに追加
share on Tumblr Clip to Evernote Yahoo!ブックマークに登録 この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

PR by Google

◆【マスコミリスト付き!】ご自身でテレビPR技術を学ぶ方法があります


まずはお試しとして…御社のメディアPR戦略ノウハウを自身で学習してみませんか?



◆大手マスメディアサイトのディレクトリに直接登録が可能になりました


大手マスメディアサイトのディレクトリに直接登録が可能になりました



◆お電話又はFAXでのお問い合わせ


お電話・FAXによるPR会社MBCへのお問合せ/ご質問はこちら

早期対応が必要な緊急のご連絡は、出来るだけお電話をご利用していただけますようお願いいたします。



◆メールフォームでのお問い合わせ


PR会社MBCへのお問合せ/ご質問メールフォームはこちら

メールフォーム利用時は、こちら記載のプライバシーポリシー内容にご了承の上で送信お願いいたします。