MBC/PR会社創業物語 #03 「つまらないリリースはどんどん捨てちゃっていいから」

MBC/PR会社創業物語 03

大学時代をずっとTV制作現場をウロウロしながら過ごした僕は、卒業後にフリーディレクターという立場であちらこちらのTV制作現場で働いていました。流石に学生時代ずっとADで過ごした僕は、割と要領と人当たりが良いため、かなり年配のディレクターさん、プロデューサーさんに好かれるようになっていました(よく親父キラーといわれました。変な意味ではありません)。


 制作現場で番組企画にアイデアを多少なりとも取り上げてもらえるようにもなると、企業から制作現場に送られてくるプレスリリースの大部分を、(一応アシスタントの女性が分別した後に)僕の判断で「採用」「ゴミ箱直行」の選択をすることも多くありました。


上司:「ああ、吉池ちゃんさあ、つまらないプレスリリースはどんどん君が捨てちゃっていいから。本当に良さそうなのだけ企画会議にあげてね」


D吉池:「了解です(しかし・・・どのプレスリリースもつまらない。そもそもリリースの文面はどうしてこんなに工夫がなくってワンパターンなんだろう?俺がADを始めた頃からどの会社も全然変わってないよなあ。たとえ同じネタでも、俺ならもっと業界人が飛びつきそうなリリース文面にするのにねえ)」


 毎日200通近くものプレスリリースに目を通すようになると、益々ほとんどの企業のリリース文章の工夫の無さに辟易するようになってしまい、挙句の果てにはリリースのタイトルも全部読まずにゴミ箱に捨ててしまうようなこともありました。


 いや、今だから正直にいいますが、「忙しくて面倒くさい」という理由でロクに目など通していなかった事のほうが多かったのが事実かもしれません・・・(これは私に限ってのことではありませんでしたが)。


 また、制作現場が非常に忙しい時間帯、記者会見や取材にスタッフが出計らっている時間帯、挙句の果てには番組ロケが終了してから「今回の企画に弊社をどうか!」といったような、タイミングのずれた間抜けなコンタクトを行ってくる会社も数多く見ました。それどころかメディアのルールや慣習を知らないばかりに、制作サイドの怒りを買ってしまうようなプレスコンタクトやプレスリリースまでありました。そんな企業はあっという間に「ブラックリスト(絶対取材しないぞリスト)」にリストインでした。



>>>>

   
   

Page01

→ MBC/PR会社創業物語1へ

Page02

→ MBC/PR会社創業物語2へ

Page03

→ MBC/PR会社創業物語3へ

Page04

Page05

Page06

Page07

Page08

Page09

Page10



PR会社MBCがご提供するテレビPRに強いクロスメディア型総合PR支援メニュー!「トータルPRサービス」

注目のサービス → 総合PR支援『トータルPRサービス』の詳細を見てみる

活動費が要らない!成果報酬ベースのお試しテレビPR!「お試しテレビパブリシティ3ヶ月集中支援サービス」

注目のサービス → 『お試しテレビパブリシティ3ヶ月集中支援サービス』の詳細を見てみる

-------------------------------------------------------------------------
-------------------------------------------------------------------------
このエントリーをはてなブックマークに追加
share on Tumblr Clip to Evernote Yahoo!ブックマークに登録 この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

PR by Google

◆【マスコミリスト付き!】ご自身でテレビPR技術を学ぶ方法があります


まずはお試しとして…御社のメディアPR戦略ノウハウを自身で学習してみませんか?



◆大手マスメディアサイトのディレクトリに直接登録が可能になりました


大手マスメディアサイトのディレクトリに直接登録が可能になりました



◆お電話又はFAXでのお問い合わせ


お電話・FAXによるPR会社MBCへのお問合せ/ご質問はこちら

早期対応が必要な緊急のご連絡は、出来るだけお電話をご利用していただけますようお願いいたします。



◆メールフォームでのお問い合わせ


PR会社MBCへのお問合せ/ご質問メールフォームはこちら

メールフォーム利用時は、こちら記載のプライバシーポリシー内容にご了承の上で送信お願いいたします。