MBC/PR会社創業物語 #01 「何だこれ?DM広告?」

MBC/PR会社創業物語 01

MBC代表の吉池理(よしいけ・まさし)が生まれて初めてPRというものの本当の意味やプレスリリースという書面存在を知ったのは、某テレビ局制作現場でフリーディレクターとして働いている時でした。日本大学芸術学部映画学科卒という、ちょっぴり変わった学歴を持つ私は、学生時代からNHK、民間衛星放送局を中心とするテレビ制作現場にアルバイトADとして入り浸っており、学業とADのどちらが本業かわからなくなってしまうような生活を送っていました。


 ADを初めて間もないころ、番組制作現場に一般の会社様から妙なFAXや封書が届くのに気が付きました。最初のうちは普通に業務に関する文書だと思っていたのですが、それほどスタッフ皆がそれら文書の存在を気にしない(というか、スルー状態)であるのが何となく気がかりにはなっていました。


AD吉池:「何だこれ?DM広告かな・・・すみませえん、Zさん(チーフD)!なんか企業さんからDM広告みたいのがFAXでたくさん流されてきているんですけれど」


Zさん:「バカ、それはプレスリリースっていうの。民間企業なんかがFAXや封書なんかで、自社の情報をメディアに発信すんだよ。それをネタに番組作って欲しいんだよ」


AD吉池:「へー、じゃあこうやってマスメディアにFAXすれば必ず記事になるんですね」


Zさん:「大バカだな。実際はほとんど使い物にならないよ。だって、ほとんどがクズみたいな情報なんだぞ!バカの一つ覚えみたいなつまらないリリース送ってくるところも結構あるからさ。ほとんどDMに近いものだってあるしな。」


AD吉池:「ああ~~~~~~~~~。確かに広告っぽいコピーのが結構ありますね 笑」


 大学生兼ADだった19歳の頃、こんなやり取りをしたのを今でもはっきりと覚えています。当時、スポーツ情報番組の制作現場につめていた僕が初めて手にしたそのプレスリリースは、あまり聞いたことの無いメーカーさんが作ったサッカー練習に使うための新商品のお知らせだったと思います(詳しくは忘れてしまいましたが)。


 かなり派手派手しいコピーと手書きのプレスリリースで妙に記憶に残っています。当時、PCもそれほど普及していませんでしたが(それでもNHKの制作現場にはモノクロディスプレイのMACが一台だけあったのを覚えています)、日本サッカー協会等のきちんとした組織から送られてくる報道用資料はキチンとタイプがされたもので見た目もきれいでした。そんな中半分手書きのような汚いプレスリリースは、10代の私の目には普通に「こ汚いFAXDM」にしか感じられませんでした。


 その商品以外にも相当数のプレスリリースがテレビの制作現場には送られてくることに気づきましたが、どれもこれも同じような文言で作ってあり、たいした情報でもないので区別が全くつきませんでした。



>>>>

   
   

Page01

→ MBC/PR会社創業物語1へ

Page02

→ MBC/PR会社創業物語2へ

Page03

Page04

Page05

Page06

Page07

Page08

Page09

Page10



PR会社MBCがご提供するテレビPRに強いクロスメディア型総合PR支援メニュー!「トータルPRサービス」

注目のサービス → 総合PR支援『トータルPRサービス』の詳細を見てみる

活動費が要らない!成果報酬ベースのお試しテレビPR!「お試しテレビパブリシティ3ヶ月集中支援サービス」

注目のサービス → 『お試しテレビパブリシティ3ヶ月集中支援サービス』の詳細を見てみる

-------------------------------------------------------------------------
-------------------------------------------------------------------------
このエントリーをはてなブックマークに追加
share on Tumblr Clip to Evernote Yahoo!ブックマークに登録 この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

PR by Google

◆【マスコミリスト付き!】ご自身でテレビPR技術を学ぶ方法があります


まずはお試しとして…御社のメディアPR戦略ノウハウを自身で学習してみませんか?



◆大手マスメディアサイトのディレクトリに直接登録が可能になりました


大手マスメディアサイトのディレクトリに直接登録が可能になりました



◆お電話又はFAXでのお問い合わせ


お電話・FAXによるPR会社MBCへのお問合せ/ご質問はこちら

早期対応が必要な緊急のご連絡は、出来るだけお電話をご利用していただけますようお願いいたします。



◆メールフォームでのお問い合わせ


PR会社MBCへのお問合せ/ご質問メールフォームはこちら

メールフォーム利用時は、こちら記載のプライバシーポリシー内容にご了承の上で送信お願いいたします。