広報誌の存在

皆様も一度は広報誌を手に取ったことがあるのではないのでしょうか?これはとても多岐に渡るジャンルがあるといっても過言ではなく、市町村が発行しているものをはじめとして、学校や団体なども発行していることが多くなっています。その他にもビジネスといったジャンルでみれば、企業をはじめとして、至るところで発行されていることがわかります。今回はこの広報誌について詳しく解説していきたいと思います。是非参考にしてみてください…


広報誌とはいっても、一体どういった定義があるのか疑問に思っている人も多いことだと思います。一体何を持って広報と位置づけできるかといえば、それは伝えたい情報というものは、少しでも多くの人々に知らせることで、理解と協力を求めるといったコンセプトの元にあるというべきかもしれません。つまり配信をテレビやインターネットという手段を活用するのではなく、あえて誌という形で配信して、情報を知ってもらうというものということです。


ただし誤解してはならないことがあります。広報紙は待ちに溢れている一般的なフリーペーパーであったり、情報誌などではないということです。ここにしっかりとした意義というものがなければ、それは発行者の単なる伝達手段を用いた紙といってしまっても過言ではないのです。つまり発行者だけに留まらずに読者や編集者が共同で発行するものなのです。だからこそ、自己中心的な内容であっては、まったくもって広報紙とは呼べるものではなく、意義というものが薄れてしまうのです。


とはいえ、最近ビジネスの世界で言えば、企業であったり団体などが不特定多数を対象に発行するといったケースが多く見られます。これも広報紙に属するといっても過言ではないのですが、どちらかといえば、PR紙という捉え方のほうが適切といってもいいのかもしれません。とはいえ、広報というジャンルは常に進化している状態であり、非常に位置づけというものが難しくなっているのは事実といっていいでしょう。


広報誌を製作して、何か伝えたいと思っている人も少なくはないはずです。そういった場合は、まずは製作サービスを利用する事をお勧めしたいと思います。一から全てを作り上げる事は非常に困難となるので、まずはプロの完成形というものを確認して、ポイントを掴む事からはじめた方がいいかと思います。内容においても同じことで、不明確な点がないかなどをしっかりチェックしなければなりません。



このエントリーをはてなブックマークに追加
share on Tumblr Clip to Evernote Yahoo!ブックマークに登録 この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

PR by Google

◆【マスコミリスト付き!】ご自身でテレビPR技術を学ぶ方法があります


まずはお試しとして…御社のメディアPR戦略ノウハウを自身で学習してみませんか?



◆大手マスメディアサイトのディレクトリに直接登録が可能になりました


大手マスメディアサイトのディレクトリに直接登録が可能になりました



◆お電話又はFAXでのお問い合わせ


お電話・FAXによるPR会社MBCへのお問合せ/ご質問はこちら

早期対応が必要な緊急のご連絡は、出来るだけお電話をご利用していただけますようお願いいたします。



◆メールフォームでのお問い合わせ


PR会社MBCへのお問合せ/ご質問メールフォームはこちら

メールフォーム利用時は、こちら記載のプライバシーポリシー内容にご了承の上で送信お願いいたします。