広報の定義

広報と聞くといきなり聞かれた場合、皆様はしっかりと応えることができるしょうか?普段の日常生活では普通に聞いている広報ですが、実はとても重大な意義と役割を持っているのです。それはビジネスを初めとして、多くの環境で活用されている日常茶飯事的なツールと化しているといっても過言ではありません。一体どういったものとなっているのか、今回はその内容にについて詳しく迫っていきたいと思います…


政府との関連性、そして行政機関などでは広報と結びつける人も多いといっていいかもしれません。メディアでもよくこのキーワードが出てきます。そのほかでも企業をはじめとして、労働組合であったり、学校、PTAなども広報を活用して、それを伝えなければならない対象に伝えるのです。その対象に該当するのが、国民や消費者、住民などが一般的となっているわけですが、大きなジャンルで括るのであれば、社会に属した全ての人々といっていいでしょう。


広報の意義としては、自らの考え方をはじめとして、計画や諸活動を知らせることが前提となっています。例えば政府であれば、重大な取り決めであったり、新たな法律の誕生、もしくは改正などは国民全てに伝えなければなりません。これこそが成すべき意義となっているのです。また以前と比べて、メディアが発達したことによって、様々なツールを活用しての広報が可能となりました。だからこそ、より情報を知り易い世の中になったとも言う事ができるのです。


別の呼び方で広報はPR(public relations)ともいわれています。このキーワードは最も私たちに身近で、何かを伝える為の手段として定着しているといってもいいかもしれません。誕生したのは、第二次世界大戦直後にまで遡り、GHQが民主化政策の一環として、情報伝達をPRで伝える事を位置づけたことから始まっているのです。それから長い歴史を経て、必要性などが肉付けされて現状のスタイルがあると判断されています。


最も広報で重要な事を挙げるのであれば、それは偽りを伝えてはならないということです。全ては真実に基づいた内容のみを発信することからはじまるということです。考えても見ればわかることですが、偽りだらけの情報が流れてしまっては、国民、もしくは対象者は大きな混乱の渦の中に位置することとなります。つまり、そこには常に責任というものが存在しているということなのです。これはメディアにおける報道などにもいえることなのです。



このエントリーをはてなブックマークに追加
share on Tumblr Clip to Evernote Yahoo!ブックマークに登録 この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

PR by Google

◆【マスコミリスト付き!】ご自身でテレビPR技術を学ぶ方法があります


まずはお試しとして…御社のメディアPR戦略ノウハウを自身で学習してみませんか?



◆大手マスメディアサイトのディレクトリに直接登録が可能になりました


大手マスメディアサイトのディレクトリに直接登録が可能になりました



◆お電話又はFAXでのお問い合わせ


お電話・FAXによるPR会社MBCへのお問合せ/ご質問はこちら

早期対応が必要な緊急のご連絡は、出来るだけお電話をご利用していただけますようお願いいたします。



◆メールフォームでのお問い合わせ


PR会社MBCへのお問合せ/ご質問メールフォームはこちら

メールフォーム利用時は、こちら記載のプライバシーポリシー内容にご了承の上で送信お願いいたします。