5分番組製作

5分番組製作(ミニ番組)


確実なブランドイメージと強力な集客活動を両立させる5分番組(ミニ番組)

番組そのものに自社/商品/人物を露出させていくPR業界は元気であるのに対して、広告業界は以前ほど元気がありません。そんな中でも民法キー局の5分番組(所謂、ミニ番組)だけには大変注目が集まっています。その理由として、「1.従来の番組に比べて圧倒的に低予算」「2.キー局大型番組の前後で放送され、同様の視聴率・視聴質が獲得できる」「3.キー局番組なので当然大きなブランド力、集客力が期待できる」というものがあげられます。


実際、5分番組の世界には長寿、且つ、有名番組が多数存在しています。「松岡修造のくいしん坊!万才(フジテレビ系列)」、「世界の車窓から(テレビ朝日系列)」、「キューピー3分間クッキング(日本テレビ系列)」、「全力坂(テレビ朝日系列)」、「元気の源泉(TBS系列)」、「ご存知ですか(日本テレビ系列)」、「子育てパラダイス(テレビ東京系列)」、「企業最前線(フジテレビ系列)」など、貴方様もどこかで目にしたことがある番組が多数含まれていると思います。近年では特に需要が増えているため、テレビ番組テーブルの中に5分番組が年々増加している傾向になっております。尚、Wikipediaによると5分番組(ミニ番組)の定義は下記のようになっております。



出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ミニ番組(みにばんぐみ)とは、テレビ局やラジオ局などで放送される放送時間15分未満(通常3~10分程度)の番組の事を指す。毎時54分ないしは55分からの時間帯に数分間放送される番組がこれに該当する。天気予報やスポットニュース、暮らしの情報などをテーマに制作される事が多い。2つのワイド番組の間に挿入されるケースが多い事から、隙間番組(すきまばんぐみ)とも呼ばれる。在京キー局制作の番組も、大半は関東ローカルの場合が多い。

この様な番組は、視聴率調査の対象外となる。また、民間放送では一社提供となる番組が多く、タイムCMが適用されるため放送局側は貴重な収入源として、スポンサーは1時間の番組に提供するよりも割安で、番組が企業のイメージに直接結び付けやすいことから最近では番組数が増加傾向となっている

但し、大きな事件や災害などが発生した場合は、番組を休止しニュース速報に切り替える事がある。また、普段の編成と異なり長時間の特番が放送される場合は、基本的に放送時間を数時間単位で変更するか、放送枠が確保できずに休止となるかのどちらかとなる。しかし、中には特番の数分間を削り飛び乗りや飛び降りなどで強引に放送した例もある(『美味彩菜』など)。

上記のような、一般的なテレビ番組とは異なる性格・料金等を把握しておくことで、大きなプロモーション効果を期待する企業/団体としては、穴場的な広告出稿先候補をして活用を図ることが可能になっております。



5分番組製作成功の要素は「有力な枠取り」と「優良コンテンツ」

ミニ番組はたった5分という短い時間の中で、クライアント企業/団体が発したいメッセージをすべて詰め込むことが必要になる、ある意味非常に高度な映像作成テクニック/マーケティングクリエイティブロジックを必要とする作業になります。とはいえ、通常は15秒間や30秒間で上記すべてを表現しなければならない「CM」に比較すれば、まだその作業は極端な難易度が高いとは言えないでしょう。そういった中で、5分番組製作にとって、成功のための重要な要素は2つあります。「1.有力な枠取り」「2.優良コンテンツ」です。



1.有力な枠取り…高視聴率番組の前後にオンエア

貴方様もふと「ある特定の5分番組だけをやたら頻繁に目にしている」という事実に気づいたことがあるかもしれません。5分番組の特徴の1つに、高視聴率を取ることができる大型番組2つの間に、挟まれるようにオンエアされているということがあげられます。ですから、貴方様がいつも見ているテレビ番組があるとしたら、その前後にオンエアしているような5分番組も、特に意識せずに「惰性と流れで」視聴してしまっている確率が高いわけです。


こういった視聴者の動向を考えると、5分番組成功の鍵は、高視聴率番組の前後にオンエアをすること。つまり、有力な放送時間帯(枠)を入手できるかどうかにかかってきます。MBCでは、大手広告代理店および放送局との強固な事業連携をバックボーンに、5分番組のご提供を御所望しているクライアント企業様に対し、通常ではなかなか抑えることができない有力な放送時間帯枠を確保することが可能になっております。



2.優良コンテンツ…5分間に企業メッセージを凝縮させる

これは特に高視聴率番組の「前」に枠を取ったケースに当てはまるのですが、5分間の短い番組であるとはいえ、やはり、視聴者の耳目を一定時間集中して集めるだけの優良な番組コンテンツが必須になります。いくら放送枠が良質だとしても、肝心の番組そのものに視聴者が注目してもらえなければ、プロモーション実施側の企業目論見は水泡に帰してしまいます。そうならないためには、番組作りを担当してもらうプロダクション(製作会社)の選択も非常に大切な成功ポイントになってくるのはいうまでもありません。


MBCでは長年のテレビPR活動の中で、信頼でき且つクリエイティブ能力の高い、多数のテレビ製作会社とのリレーションを構築しておりますので、5分番組の製作を希望しておられる企業/団体の皆様に対し、大変満足のいく結果をご提案させていただいております。



5分番組製作のお問い合わせはこちkら

このエントリーをはてなブックマークに追加
share on Tumblr Clip to Evernote Yahoo!ブックマークに登録 この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

PR by Google

◆【マスコミリスト付き!】ご自身でテレビPR技術を学ぶ方法があります


まずはお試しとして…御社のメディアPR戦略ノウハウを自身で学習してみませんか?



◆大手マスメディアサイトのディレクトリに直接登録が可能になりました


大手マスメディアサイトのディレクトリに直接登録が可能になりました



◆お電話又はFAXでのお問い合わせ


お電話・FAXによるPR会社MBCへのお問合せ/ご質問はこちら

早期対応が必要な緊急のご連絡は、出来るだけお電話をご利用していただけますようお願いいたします。



◆メールフォームでのお問い合わせ


PR会社MBCへのお問合せ/ご質問メールフォームはこちら

メールフォーム利用時は、こちら記載のプライバシーポリシー内容にご了承の上で送信お願いいたします。