新聞雑誌専門PR

新聞雑誌 成果報酬型PRサービス

新聞雑誌 成果報酬型PRサービス


「新聞雑誌 成果報酬型PRサービス」とは?


「実際にメディア掲載された分だけ課金」のリスクフリーPRサービスです


【新聞雑誌 成果報酬型PRサービス】とは、MBCのメインサービスである【トータルPRサービス】をご契約されていないクライアント様でも、新聞媒体、雑誌媒体(紙媒体)及び、インターネットニュースサイトなどのWEB媒体へのPRアプローチを完全成果報酬にて行わせていただくサービスです。当サービスは弊社PRマンによる媒体記者との直接交渉にて記事化を狙っていくため、プレスリリースの配信は一切伴わないません(※紙媒体向のプレスリリース配信が必要な方は、こちらの成果報酬式プレスリリースサービス(単発プレスリリースサービス)をご利用下さい)。また、活動期間は3ヶ月~6ヶ月の間でクライアント様との協議の上で決定します。


PR会社MBC:新聞雑誌 成果報酬型PRサービスフロー図



紙媒体PR成功事例(一部)

PR会社MBC:紙媒体PR成功事例(一部)

PR会社MBC:紙媒体PR成功事例(一部)

PR会社MBC:紙媒体PR成功事例(一部)


ウェブサイト媒体PR成功事例(一部)

PR会社:ウェブサイト媒体PR成功事例(一部)

PR会社:ウェブサイト媒体PR成功事例(一部)



実際のPR活動 ~記者との密な個別交渉がMBCの強み


【新聞雑誌 成果報酬型PRサービス】の基本業務フローは、1.PR戦略の企画 → 2.アプローチ媒体を選定 → 3.プレスリリース原稿作成 → 4.プレスリリース配信(記者クラブ含む) → 5.プレスリリース配信後のフォロー → 6.メディア媒体現場への人的PR営業(メディアキャラバン…メディア担当者へリリースコンテンツを正確に伝え、プッシュします) → 8.最終フォロー という流れを定期的に行います。


新聞雑誌 成果報酬型PRサービスの業務フロー



トータルPRサービス(リテーナー契約)等他のMBCサービスとの違い


PR会社MBC:トータルPRサービス(リテーナー契約)等他のMBCサービスとの違い


紙・WEB媒体PRリーチオプションでは、下記のようなPR活動サービスを中心にご提供をすることで、徹底的にクライアント企業のマスメディア露出を実現化させていきます。




紙媒体/WEB媒体の露出を高めればテレビ露出可能性も比例して高まります

紙媒体/WEB媒体の露出を高めればテレビ露出可能性も比例して高まります


MBCの「新聞雑誌 成果報酬型PRサービス」は、クライアント企業様のテレビPR露出の可能性を大変な確立まで高めることができるオプションとなっております。テレビ制作マンの特徴として、過去に全くマスメディアに取材されていない企業は取材先として取り上げたがらない(前例踏襲主義・他媒体掲載履歴重視主義)というものがあります。これを逆に言うなら、新聞雑誌等の紙媒体や、ウェブ上のニュースサイト等のPR露出を高める事ができれば、テレビ媒体からの取材も容易になりやすくなると言う事がいえます。


当サービスでは、大手新聞や有名雑誌を中心とする紙媒体、報道機関が所有するニュースサイトへのアプローチを強める事で、テレビ制作マンに安心してクライアント企業様のPR案件を受諾して頂く活動を行います。また、もちろん同時に大手新聞・著名雑誌などからは直接の大きなPR集客効果を期待できます。しかし、あくまでクロスメディアとして有機的に異なる媒体間の情報を結びつけながら、テレビ露出を見据えたPR活動を紙媒体/ウェブ媒体でプランニングしていくことになります。



このエントリーをはてなブックマークに追加
share on Tumblr Clip to Evernote Yahoo!ブックマークに登録 この記事をクリップ! BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク

PR by Google

◆【マスコミリスト付き!】ご自身でテレビPR技術を学ぶ方法があります


まずはお試しとして…御社のメディアPR戦略ノウハウを自身で学習してみませんか?



◆大手マスメディアサイトのディレクトリに直接登録が可能になりました


大手マスメディアサイトのディレクトリに直接登録が可能になりました



◆お電話又はFAXでのお問い合わせ


お電話・FAXによるPR会社MBCへのお問合せ/ご質問はこちら

早期対応が必要な緊急のご連絡は、出来るだけお電話をご利用していただけますようお願いいたします。



◆メールフォームでのお問い合わせ


PR会社MBCへのお問合せ/ご質問メールフォームはこちら

メールフォーム利用時は、こちら記載のプライバシーポリシー内容にご了承の上で送信お願いいたします。